Top > News

6/22 ラテン・アメリカ驚異の旅「美味しいご飯と奇天烈なカーニバル」

2019.05.21

eLPop y Adrenalina presentan
Los viajes extraordinarios en América latina(ラテン・アメリカ驚異の旅)
第一回「おいしいごはんと奇天烈なカーニバルのお話」
22062019losviajesextra.jpg
●日時:2019年6月22日(土)開場16:30 開演17:00〜20:00(ぐらい)
●会場:キューバ料理とお酒の店 Bodeguita ボデギータ
世田谷区代沢5-6-14 前田ビルB1(営業18時〜, 月曜定休) 電話1(プッシュホン) 03-5432-9785
●料金:2,000円(別途飲食オーダー)
●ご予約/お問い合せ:
アオラ・コーポレーション 電話1(プッシュホン) 03-5336-6957 info@ahora-tyo.com
ボデギータ 電話1(プッシュホン) 03-5432-9785
●内容:
一部 ペルーの美味しいごはんとびっくりグルメのお話
二部 面白く楽しく危険なカーニバルのお話(トーク、音楽、ムービー予定)
三部 イルマ・オスノによるアヤクーチョのカーニバル歌のミニ・ライブ
※当日のフードにスペシャルメニューの限定「ペループレート」予定!
●出演:
白根全(写真家、カーニバル評論家)一部と二部のトーク
イルマ・オスノ(歌手)三部のライブ
水口良樹(eLPop 二部聞き手)
高橋めぐみ(eLPop/Adrenalina 司会及び一部の聞き手)

まだ見ぬ世界への扉を開いて「ラテン・アメリカ驚異の旅」に出かけましょう。興味はあるけれどまだ行ったことのない国、あるいは一度行ったけれど観光地しか見なかった国について知るの最適なものは何でしょう?
それは「食」と「祭」と「音楽」です!
ペルー料理が今世界的に旋風を巻き起こしていることをご存じの方も多いかもしれませんが、音楽は未だに「コンドル〜」だと思われているような気がします。
ところがどっこいペルーは広いぞ大きいぞ!
ということで、旅のエキスパートでカーニバルを追い続けている素敵なお兄様、白根全さんと、アヤクーチョに生まれ独自の音楽文化を紹介している歌手のイルマ・オスノさんをお迎えし、eLPopの水口良樹と高橋めぐみが「絶対楽しいトークと音楽」をご紹介いたします。もちろん、美味しいご飯もご用意いたしますよ!
posted by eLPop at 14:59 | News

5/20 岡村淳監督のトークと共に見る映画『ブラジルのハラボジ』@秋葉原

2019.05.13

【イベント】eLPopメンバーの水口良樹がサポートする「ラテンアメリカ探訪」、今月は岡村淳監督のトークと共に見る映画『ブラジルのハラボジ』です。

ぜひおいで下さい。

------
第169回 ラテンアメリカ探訪
岡村淳監督のトークと共に見る映画『ブラジルのハラボジ』


今回の上映会に際し、岡村監督からメッセージを頂いております。

『ブラジルのハラボジ』鑑賞の集いに寄せて
ブラジルのサンパウロに暮らす記録映像作家の岡村淳です。
この度「ラテンアメリカ探訪」を探訪させていただくことになりました。上映作品に『ブラジルのハラボジ』を選んでもらい、うれしい驚きを感じています。この作品は、動きも場面の転換も乏しく、地味を極めています。

23年前にサンパウロで縁あって一期一会のインタビューをした「三田ハラボジ」と呼ばれる老人は、ブラジルの朝鮮人移民のパイオニアだったのです。当時、日本のテレビで映像を発表していた私には決して「売れる」映像とは思えず、お蔵入りにしていました。今や自宅でも動画の編集や字幕付けが可能な時代となり、撮影素材の劣化を心配して発掘した映像を、2年前に編集してハラボジの全発言に日本語字幕を加えました。

大韓帝国時代に生まれて、日本の植民地時代に日本内地に出稼ぎに訪れて第2次大戦前にブラジルに渡ったハラボジが言葉少なに語る歩みと思想に、私は何度も絶句しています。

日本人に期待されるラテンアメリカ像、ブラジル日本人移民像、そして韓国をめぐる言説に飽き足らない方々とこのハラボジの遺言を共有できれば幸甚です。

57258230_2165007263614526_8218274729526558720_n.jpg

◆上映作品◆
 イントロダクション『岡村淳自主制作作品紹介』(18分)
 ドキュメンタリー映画『ブラジルのハラボジ』(53分)

1996年 撮影
2017年 編集
製作 構成 撮影 編集 語り:岡村淳

日時=2019年5月20日(月)
    開場午後6時半
    開演午後7時(終了9時ごろ)
     ※座席は25席ほど、先着順。予約不可。
      それを超えると、お立ち見になる場合もあります。
 
会場=千代田区和泉橋区民館5階洋室D
 JR秋葉原駅昭和通り口下車徒歩3分、書泉ブックタワーの隣

発題者=岡村淳(映画監督)

【岡村淳 プロフィール】
1958年生まれ。東京都目黒区出身。1982年、早稲田大学第一文学部日本史学専攻卒業。同年、日本映像記録センター(映像記録)入社。牛山純一代表プロデュ―サーにテレビ・ドキュメンタリーの作法を叩き込まれる。
1987年、フリーランスとなりブラジルに移住。小型ビデオカメラを用いた単独取材によるドキュメンタリー制作に開眼。1997年より自主制作によるドキュメンタリーづくりを始める。おもにブラジルの日本人移民、そして社会・環境問題などをテーマとした作品の制作を継続中。

作品のDVD化やレンタルをせずに、上映には制作責任者である岡村の立会いを原則する「ライブ上映会」を行なっている。「ひとりでもご覧になりたい方がいればおうかがいする」という方針で、日本とブラジルをはじめ、台湾、アメリカ、チリ、アルゼンチン、オランダなどでライブ上映会を実施。2013年にはじめての著書『忘れられない日本人移民 ブラジルへ渡った記録映像作家の旅』(港の人)を刊行、日本図書館協会推薦図書となる。

会場費=400円+投げ銭
 ※今回は映画上映&トークの後、監督への上映カンパとして投げ銭を行います。ご協力をよろしくお願いいたします。

 ※予約不要・遅刻OK・懇親会アリ〼

ラテンアメリカ探訪(旧メキシコ学勉強会)HP
http://latinestudiar.web.fc2.com/
posted by eLPop at 12:55 | News

5/14-5/19 ラテンアメリカ探訪アート公募展@HKふれあいホール渋谷

【イベント】eLPopメンバーの水口良樹がサポートする「ラテンアメリカ探訪」が今年も『ラテンアメリカ探訪アート公募展』を5/14-5/19の期間、NHKふれあいホールにて開催します。

是非ご覧ください!

----
『第三回ラテンアメリカ探訪アート公募展 "Nosotros"』

ラテンアメリカ探訪が主催するアート展第三回になります。今年より公募展となりました。
またNHKふれあいホールギャラリーでの開催は本年で最後になります。お時間のある時にぜひ皆様いらしていただければと思います。

58377872_2164992626949323_8078848189744021504_n.jpg

期間:2019年5月14日(火)〜19日(日)
時間:10:00-17:30(最終入場17:00 最終日16:00迄)
会場:NHKみんなの広場ふれあいホールギャラリー
     東京都渋谷区神南2-2-1
     NHKみんなの広場ふれあいホール3階
     NHK放送センター内 NHKホール隣
入場無料

主催 ラテンアメリカ探訪
twitter @latinestudiar
http://latinestudiar.web.fc2.com/
タグ:アート
posted by eLPop at 12:50 | News

4/27(土)エルポップがガイドするラテン音楽最新地図 @代官山・晴れ豆

2019.04.22

「eLPop」メンバーによる、中南米〜USA発ラテン音楽最新情報をご紹介するトーク・イヴェント!今、起きていること、起きようとしていること・・・世界の音楽地図を書き換えてしまうかもしれないラテン音楽のパワーと魅力を現地情報を盛り込んでご紹介します。

『エルポップがガイドするラテン音楽最新地図』
page001.jpg

【西海岸チカーノ:宮田信】
メキシコ系を中心にラティーノ勢力が爆発する西海岸。多様化する音楽シーンのなかで今注目は、ローライダーをイメージするヴィンテージ・ソウルの再興と世代を超えて愛されるクンビア!

【ペルー:水口良樹】
今注目のミクスチャー系バンドに加えて個人的におすすめな現代の吟遊詩人も熱烈ご紹介。

【キューバ:高橋政資】
U.S.A.を中心とした世界情勢の激変の中で、翻弄され続けるキューバ。そんな状況下でも逞しく生き抜く庶民が愛する音楽とは?多様化するキューバ音楽と頑固に変わらないキューバ音楽をご紹介します。

【NYラテン:岡本郁夫】

ニューヨーク・ラテンのいま〜レゲトン、ヒップホップ、ラテンジャズ、そしてサルサ&moreをご紹介。

【カリブ:伊藤嘉章】
カリブに芽吹くビート感のいま:伝統から新世代までに流れるストリートの感覚はスパニッシュ・カリブ、フレンチ・カリブ、英語圏カリブそれぞれに「今」の空気を吸い込み、現場で、そして欧米を通した音へも影響しているところまでご紹介出来ればと思います。

日時:4/27(土)開場18:00 / 開演19:00
前売1,500円 / 当日2,000円(共に1ドリンク代600円別途)
場所:「晴れたら空に豆まいて」代官山
〒150-0034 東京都 渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2

詳細・予約⇒ http://haremame.com/schedule/66414/
電話予約:晴れたら空に豆まいて 03-5456-8880(15時-22時)

FBでのご案内
https://www.facebook.com/events/843528559327662/
posted by eLPop at 12:32 | News

3/30(土)『レゲトンのいま』@渋谷Li-Po

2019.03.28

今週末3/30(土)@Li-Po, 渋谷にてeLPOpメンバーの岡本郁生&伊藤嘉章が『レゲトンのいま』というトーク&DJのイベントを行います!

Flyer3.jpg

先日、「デスパシート」(ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー)のYouTubeでの視聴が60億回を超え、世界一をまた更新したというニュースが飛び込んできました。
日本では一発ヒットぐらいにしかとらえられていないこの曲、世界では既にスタンダードとなっています。

1990年ごろにパナマで生まれたスパニッシュ・レゲエに起源を発するといわれ、その後プエルトリコを中心とするさまざまな試行錯誤の末に2000年代初頭ごろに確立したとされる「レゲトン」。ダディ・ヤンキーの「ガソリーナ」の大ヒットをきっかけに世界中に広まり、いまや全米チャートもレゲトン・ナンバーが席巻するような状況で、すっかりその地位を確立したといえるでしょう。

日本ではほとんど無視され続けていますが、いまやレゲトンは世界基準!
そのレゲトンの「いま」を語り・踊ろう!というトーク+DJイベントです!!!
ジャマイカからスタートしパナマ、そしてUSのヒップホップ事情も俯瞰しながら、プエルトリコの"UNDERGROUND"ムーヴメント、そしてレゲトン誕生へ。

そしてラテン世界のみならず世界へ広がり、近年はレゲトン・レントからラテン・トラップへと色々な動きがあります。

そんなレゲトン黎明期にプエルトリコに居住し、その誕生の場を見てきた伊藤が、歴史を追いながら岡本と共に、今のレゲトンまで丁寧に駆け抜けます。

終了後はレゲトン&ラテンで踊る時間も!

なかなかない企画ですので、ぜひ遊びに来て頂ければ嬉しいです!

TALK:伊藤嘉章×岡本郁生
DJ:Mofongo Ito, DJ Miya and el Caminante
日時:2019年3月30日(土)
17:30 OPEN / 18:00〜TALK / 20:00〜DJ(〜23:00頃まで)
場所:Li-Po(東京都渋谷区渋谷3−22−11 サンクスプライムビル 4F TEL:03-6661-2200)
料金:2000円(w1drink) 席数30 と限られていますので、予約をお願いします。
※ご予約・お問い合わせ:Li-Po 03-6661-2200 info@li-po.jp


https://www.facebook.com/events/310385063006189/?ti=icl
posted by eLPop at 12:35 | News