Top > News

写真展■写真家たちのクスコ ―マルティン・チャンビと20世紀前半のアンデス写真―

2018.12.02

add9a65146db66b07c82f47a20b1d4ba.jpg
コピーライトマークMartin Chambi / Archivo Fotografico Martin Chambi, CUSCO PERU

 ラテンアメリカはコロンブスによる「発見」以降、歴史や言語、文化的な背景を共有してきた広大な大陸です。共通する文化要素を分母としながら、それぞれの国が個性豊かな表情を見せる多様な世界で、いわば一つの巨大な国の中にメキシコ県やペルー州、アルゼンチン藩が存在するような構図といえるでしょう。そのラテンアメリカに写真が伝えられたのは、1840年までさかのぼるとされています。これは世界最初の写真技術ダゲレオタイプが発表されてから、わずか1年後のこと。以来、写真という新しいメディアは、ラテンアメリカ全域のあらゆる地平で多様な在り方を刻んできました。それはあり得ない現実、つまり「魔術的リアリズム」としか言いようない、生と死の間に存在する要素すべてを記録した壮大な物語であり、時空を越えた歴史の堆積でもあります。

 ラテンアメリカ写真の豊穣な世界の中でも、とりわけ卓越した表現で知られたのがインカ帝国の首都だった古都クスコを拠点に活躍したペルー先住民出身の巨匠マルティン・チャンビと、同時代の写真家たちでした。歴史家のパブロ・マセーラは、この写真家たちのグループを “Escuela Cusqueña de fotografia” (直訳すれば「クスコ写真学校」)と名付けました。これは写真技術を教える教室ではなく、写真家たちの集うサロンであり、またお互いが刺激しあい切磋琢磨する場となってきました。「光の詩人」と呼ばれたマルティン・チャンビを中心に、20名を超す写真家たちが個々に活動しながら、新しい撮影機材や感材、現像技術などの情報交換をして腕を磨き、自らの表現を追求しました。これらの作品を収蔵してきたのが、クスコの「フォトテカ・アンディーナ」という写真アーカイブです。クスコを訪れるたびに足を運び、少しずつ集めてきた写真をこのたび展示することになりました。

 アジェやブラッサイが愛するパリ市街を丁寧に記録したように、アンデスの写真家たちはクスコの街を彼らの視線でとらえ、外部の作家とは異なる表現に結実させてきました。本展は日系2世の写真家エウロヒオ・ニシヤマはじめ、日本では初めて紹介される20世紀前半のアンデス写真展となります。今まではインカ帝国とマチュピチュ、つまり考古学の分野でしか語られることのなかったペルーですが、その大地に開花したアートの存在は、見る側の想像力と視線を試されるような大きな刺激ではないでしょうか。 (白根 全)


会場:インスティテュート・セルバンテス(セルバンテス文化センター東京) 2Fギャラリー
    千代田区六番町2-9 セルバンテス・ビル  TEL:03-5210-1800
  東京メトロ有楽町線「麹町駅」5、6番出口より徒歩3分
  JR・東京メトロ・都営地下鉄「市ヶ谷駅」より徒歩6分
  JR・東京メトロ「四ツ谷駅」四ツ谷口、麹町口より徒歩7分
    日本テレビ麹町ビル斜め向かい、日テレ通り沿いのゼネラル石油ガソリンスタンド隣
期間:11月22日から12月12日まで(年中無休)
  月曜日〜土曜日:11:00〜20:00まで、日曜日:10:00〜12:30まで
  金曜日、土曜日の13時以降、随時ギャラリー・トークを行います。
  日曜日も在廊の予定。
入場無料 
ギャラリー内写真撮影可
posted by eLPop at 22:41 | News

eLPop イベント・ライブカレンダー

2018.11.08

posted by eLPop at 10:55 | News

10/8 トロピカル・スウィンギン! キューバ、楽園のギタリストたち〜発売記念!

2018.10.05

『トロピカル・スウィンギン! キューバ、楽園のギタリストたち』発売記念イヴェント
41250492_986824414842584_5139799569420255232_n.jpg
ギターマガジン9月号 “トロピカル・スウィンギン! キューバ発→ブラジル行き。”特集完全連動コンピレーションCD発売を記念した音楽&トーク・イヴェント。

前半は、ギタマガのキューバの項を担当したアオラ・コーポレーション代表、高橋政資とギタマガにキューバの写真を掲載、また音楽ドキュメンタリー映画『Cu-Bop across the border』の監督でもある高橋慎一、さらにペルー音楽研究といったらこの人!水口良樹によるトーク。キューバを中心にペルーも含んだエレクトリック・ギター事情、貴重な音源やヴィデオをご紹介。

後半は、キューバのギターといったらこの人、浅見出氏のエレキ・ギターを中心としたバンドのミニ・ライヴ!!コンピCDに収録された曲も演奏予定。

出演
<ライヴ>
浅見 出:エレクトリック・ギター
澁谷 和利:ベース
浅見 由加:パーカッション

<トーク>
高橋慎一、水口良樹、高橋政資

日時:10月8日(月・祝)OPEN: 16:30 START: 17:00
会場:キューバ料理とお酒の店 下北沢ボデギータ
   世田谷区代沢5-6-14 前田ビルB1
チャージ:2,000円 ※ご飲食は別途ご注文ください
ご予約:
下北沢ボデギータ tel.03-5432-9785(17:00~24:00)
アオラ・コーポレーション info@ahora-tyo.com tel.03-5336-6957(平日)

問い合わせ先:アオラ・コーポレーション
info@ahora-tyo.com tel.03-5336-6957
http://www.ahora-tyo.com/
posted by eLPop at 18:28 | News

9/29(土)ペリグロソス/ボンバ@下北沢

2018.09.25

eLPopメンバーの伊藤嘉章が参加するDJ ユニットThe Peligrosoz9/29(土)@Duke Capo・下北沢でイベント。
今回はゲストDJにあのMASAKI69さん、そしてライブは日本で唯一のプエルトリコのボンバを演奏するグループ「Diablo Marino」が参加します!めったに聴けないBombaを是非お楽しみください!

39080089_1889136658048737_5310064970820485120_n.jpg

------------
The Peligrosoz! vol.8

お久しぶりです! ペリグロソスです(´∀`=)
暑さもやわらいで行く中、9/29(土)またもオープン・エアのテラスでライブとDJでわいわいやりたいと思います!場所は久しぶりのDuke Capo@下北沢!

ゲストDJにはラテンからブラックからロックから中東まで、引っ張りだこの大好きなMASAK69さんが参加してくれます!めちゃ楽しみです!

そしてライブも!

Facebookで世界中から シェア2,900件、動画再生14万回を獲得した、日本で唯一のボンバ・ユニット"DIABLO MARINO"です。サルサのルーツの一つであるボンバを音とダンスで体感! 異分野ダンスからのチャレンジも大歓迎です!

それから、オープン・エアでBBQムードを楽しみたい方には、Duke Capoさんが「スペシャルBBQプレート(*料金別途¥1,000)」も用意してくれました!

踊って、飲んで、話して、食べて?? これぞまさにカリブスタイル!

遊び帰りの一杯も良し、おしゃべりも、鳴り物持ち込みも、もちろん踊っても良し?終電前までですから気軽に来てもらえるとうれしいです。去年と同じく、お子様連れもご両親連れも大歓迎!なんせブロックパーティーですから。

皆さまお誘い合せの上、是非お越しください?
まるっと一緒に楽しみましょう???

-The Peligrosoz! vol.8-
Date:2018.9.29 sat 18:00-23:00
Venue: 下北沢 Duke Capo

Add:世田谷区北沢2-5-10 第五マツヤビル 3F
(Club Que隣のビル)
Tel: 03-6450-9590

Chage: \2,000 w/1D incl. Live (BBQプレートは別途)
* お子様はEntrance Freeです。
* BBQプレートは¥1,000です。


Guest Band: Diablo Marino
Guest DJ: MASAKI69

with The peligrosoz: miya & mofo !

+++++++++++++++++++++++
Diablo Marino

ダンスレッスン LA BOMBA 主宰サルサダンスインストラクター MACOMO(紀平まこも)により、2014年に結成。
プエルトリコの民族音楽・ダンスである「BOMBA」を愛してやまなかったMACOMOが、満を持して世に送り出した BOMBA en Japon!

「BOMBA」は、樽からつくった太鼓 Barriles、1つのマラカス Maraca、木片や竹などをバチで叩くCua の3種のみで奏でられるリズムがあり、そこに歌と踊り手が加わることで構成される。特筆すべきは、踊り手の自由な即興の踊りを、Primoと呼ばれる特別な1台の太鼓が音で追いかけることによって生まれるインプロビゼーション・メロディ。
踊り手と叩き手の駆け引きから紡ぎ出されるリズムと音楽が、居るものすべてを興奮のるつぼへといざなう。

2014年〜2015年にかけて頻繁に行われた House dance イベント “MERCADO“ とのコラボレーションは、House にとどまらず、Be Bop、Break、New Style Hustle など、パッションに溢れるダンサー陣との共演が好評を博した。


-Diablo Marino
Yunta Ikemiya (primo), Yasuro Abe (buleador), Asako Yamaoka (buleador), Moro (cua), Ayako Kawagoe (canta, coro, baile), Amy Akaoka (canta, coro), Chiho Ishiwata (coro, baile)

+++++++++++++++++++++++++
https://www.facebook.com/events/309026552977908/
posted by eLPop at 15:10 | News

9/15(土)『キューバ男性歌手の本流』@下北沢 Bodeguita

2018.09.14

eLPopメンバーの高橋政資が参加する『とことんキューバ』シリーズ、第16回は『キューバ男性歌手の本流』です!

キューバ音楽愛好者の高橋研二氏が、半世紀をかけて集めた膨大なコレクションから 貴重な音源や映像、知られざる名演、名曲をピックアップ。とことん解説するトーク・ショー☆
Vol.16は、『キューバ男性歌手の本流』

レギュラーメンバーに加え、日本のレジェンド!パーカッショニス トの納見義徳さんが登壇します!

アベラルド・バローソとバルバリート・ディエス、そしてロベルト・ファスを経 て、エル・ネネ、マジート・リベラまで。今回は、キューバを代表するソネー ロたちの歌声を、改めてじっくりと聴いていきます。 ゲストには、1975年のキューバ留学時にバルバリート・ディエスやコンフ ント・ロベルト・ファスら多くのミュージシャンと交流した、パーカッショニス トの納見義徳氏。音楽評論家の田中勝則氏とアオラコーポレーション代表の高橋政資氏も招き、多面的にソネーロたちの魅力を掘り下げます。

0915 Takahashi.jpg

◆日時 2018年9月15日(土) Open 16:30 Start 17:00
◆料金 \1,000 ※飲み物、食事は別途ご注文ください
◆会場 キューバ料理とお酒の店 Bodeguita ボデギータ
世田谷区代沢5-6-14 前田ビルB1(営業17時〜, 月曜定休) 電話1(プッシュホン) 03-5432-9785
❖問合せ:ペーニャ・クバーナ 吉田雄三 080-5041-1698
posted by eLPop at 10:11 | News