Top > News

4/27(土)エルポップがガイドするラテン音楽最新地図 @代官山・晴れ豆

2019.04.22

「eLPop」メンバーによる、中南米〜USA発ラテン音楽最新情報をご紹介するトーク・イヴェント!今、起きていること、起きようとしていること・・・世界の音楽地図を書き換えてしまうかもしれないラテン音楽のパワーと魅力を現地情報を盛り込んでご紹介します。

『エルポップがガイドするラテン音楽最新地図』
page001.jpg

【西海岸チカーノ:宮田信】
メキシコ系を中心にラティーノ勢力が爆発する西海岸。多様化する音楽シーンのなかで今注目は、ローライダーをイメージするヴィンテージ・ソウルの再興と世代を超えて愛されるクンビア!

【ペルー:水口良樹】
今注目のミクスチャー系バンドに加えて個人的におすすめな現代の吟遊詩人も熱烈ご紹介。

【キューバ:高橋政資】
U.S.A.を中心とした世界情勢の激変の中で、翻弄され続けるキューバ。そんな状況下でも逞しく生き抜く庶民が愛する音楽とは?多様化するキューバ音楽と頑固に変わらないキューバ音楽をご紹介します。

【NYラテン:岡本郁夫】

ニューヨーク・ラテンのいま〜レゲトン、ヒップホップ、ラテンジャズ、そしてサルサ&moreをご紹介。

【カリブ:伊藤嘉章】
カリブに芽吹くビート感のいま:伝統から新世代までに流れるストリートの感覚はスパニッシュ・カリブ、フレンチ・カリブ、英語圏カリブそれぞれに「今」の空気を吸い込み、現場で、そして欧米を通した音へも影響しているところまでご紹介出来ればと思います。

日時:4/27(土)開場18:00 / 開演19:00
前売1,500円 / 当日2,000円(共に1ドリンク代600円別途)
場所:「晴れたら空に豆まいて」代官山
〒150-0034 東京都 渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2

詳細・予約⇒ http://haremame.com/schedule/66414/
電話予約:晴れたら空に豆まいて 03-5456-8880(15時-22時)

FBでのご案内
https://www.facebook.com/events/843528559327662/
posted by eLPop at 12:32 | News

3/30(土)『レゲトンのいま』@渋谷Li-Po

2019.03.28

今週末3/30(土)@Li-Po, 渋谷にてeLPOpメンバーの岡本郁生&伊藤嘉章が『レゲトンのいま』というトーク&DJのイベントを行います!

Flyer3.jpg

先日、「デスパシート」(ルイス・フォンシ&ダディ・ヤンキー)のYouTubeでの視聴が60億回を超え、世界一をまた更新したというニュースが飛び込んできました。
日本では一発ヒットぐらいにしかとらえられていないこの曲、世界では既にスタンダードとなっています。

1990年ごろにパナマで生まれたスパニッシュ・レゲエに起源を発するといわれ、その後プエルトリコを中心とするさまざまな試行錯誤の末に2000年代初頭ごろに確立したとされる「レゲトン」。ダディ・ヤンキーの「ガソリーナ」の大ヒットをきっかけに世界中に広まり、いまや全米チャートもレゲトン・ナンバーが席巻するような状況で、すっかりその地位を確立したといえるでしょう。

日本ではほとんど無視され続けていますが、いまやレゲトンは世界基準!
そのレゲトンの「いま」を語り・踊ろう!というトーク+DJイベントです!!!
ジャマイカからスタートしパナマ、そしてUSのヒップホップ事情も俯瞰しながら、プエルトリコの"UNDERGROUND"ムーヴメント、そしてレゲトン誕生へ。

そしてラテン世界のみならず世界へ広がり、近年はレゲトン・レントからラテン・トラップへと色々な動きがあります。

そんなレゲトン黎明期にプエルトリコに居住し、その誕生の場を見てきた伊藤が、歴史を追いながら岡本と共に、今のレゲトンまで丁寧に駆け抜けます。

終了後はレゲトン&ラテンで踊る時間も!

なかなかない企画ですので、ぜひ遊びに来て頂ければ嬉しいです!

TALK:伊藤嘉章×岡本郁生
DJ:Mofongo Ito, DJ Miya and el Caminante
日時:2019年3月30日(土)
17:30 OPEN / 18:00〜TALK / 20:00〜DJ(〜23:00頃まで)
場所:Li-Po(東京都渋谷区渋谷3−22−11 サンクスプライムビル 4F TEL:03-6661-2200)
料金:2000円(w1drink) 席数30 と限られていますので、予約をお願いします。
※ご予約・お問い合わせ:Li-Po 03-6661-2200 info@li-po.jp


https://www.facebook.com/events/310385063006189/?ti=icl
posted by eLPop at 12:35 | News

3/9(土) 『知らざれるNYサルサの裏側』@下北沢

2019.03.07

eLPopメンバーの伊藤嘉章がニューヨークから来日中のサルサのプロデューサー、アレンジャー、トランペット奏者(+ピアノからパーカッション、歌までこなすマルチ奏者)のウイリー・ルイスさんを迎えて『知らざれるNYサルサの裏側』と銘打ったトークショーを行います。

IMG_0010.JPG

ウイリーさんは、レイ・バレット、ラリー・ハーロウ、エクトル・ラボー、アダルベルトやティト・アジェンなどなどファニアの面々のバンドで共演し、今まで数十枚のアルバムのプロデュースや編曲を手がけてきました。またレコーディングエンジニアとしても活躍。同時にニューヨーク市立大学で修士を取得し音楽教育にも力を注いでいます。

ウイリーさんには:
「NYで録音に呼ばれるプレーヤーの条件は?」とか
「サルサの音作りの1番の大事や事は?」とか
「日本人が上手くなるためには」とか
「サルサのグルーヴとは?」などなどの質問を投げかける予定です。

現役バリバリトランペッター時代、70年代後半から90年代前半サルサ全盛期時代の表&裏話、アレンジャー&プロデューサー目線でのサルサ音楽の実際のレコーディングの話、どうやって1曲が出来上がるのか、曲の作り方、レコーディング呼ばれるミュージシャンとは?NYで活躍する日本人サルサ歌手Yoko La Japanesa Salseraのプロデューサーとしての彼女の育成話などが聞けるかと。

二度とないチャンス、ぜひお見逃しなく!!

■日時:3/9(土)
 open16:00 start16:30〜18:00 
■admission:¥1800(1drink付)
*ラテンアンサンブルセミナー受講の方、¥1500
■場所:メンフィス兄弟: 世田谷区代沢5-6-14 前田ビルB1 03-5486-3461
(Bodeguita横)
http://memphis-kyoudai.blogspot.com/
■トーク:ウィリー・ルイス(Willie Ruiz)、伊藤嘉章(mofongo)
Facebook page:
https://www.facebook.com/events/2035859609841369/
posted by eLPop at 15:35 | News

3/21『クール・クール・フィーリン2』発売記念トーク&ライヴ

2019.03.01

ラス・ノーチェス・デ・ラ・ムシカ・クバーナ 初回スペシャル
『クール・クール・フィーリン2』発売記念トーク&ライヴ
20190321-flyer小.jpg
キューバ音楽の色々な顔を、トークと生演奏でご紹介する新しいイベント・シリーズ『ラス・ノーチェス・デ・ラ・ムシカ・クバーナ(las noches de la música cubana)〜キューバ音楽の夜』が遂にスタート! ナビゲーターは、アオラ・コーポレーションの高橋政資が務めます。

初回から番外編と言うことで、昨年末15年ぶりに新作が発売された、クール・クール・フィーリンの『クール・クール・フィーリン2』の発売記念イヴェントを行います。

前半は、アルバムに参加したヴォーカリストのご紹介や、録音の模様を収録したヴィデオの上映などで、アルバムの魅力をお伝えします。
後半は、100%フィーリン・ライヴ。
出演は、『モーリミホの世界』など、最近積極的に活動する女性ヴォーカリスト、モーリミホと、以前彼女とフィーリン系グループ「Nueva Luna」を組んでいたギタリスト、浅見 出のデュオで、たっぷり現在進行形のフィーリンを聞いていただきます。
そして、ラテン・ヴォーカルといえばこの人=岸 のりこが、スペシャル・ゲストとして出演が決定しました!!

★出演
<ライヴ>
モーリミホ:ヴォーカル
浅見 出:アコースティック&エレクトリック・ギター
スペシャル・ゲスト
岸 のりこ:ヴォーカル

<トーク>
高橋 政資

★日時:2019年3月21日(木・祝)OPEN: 16:30 START: 17:00
★会場:キューバ料理とお酒の店 下北沢 Bodeguita ボデギータ
   世田谷区代沢5-6-14 前田ビルB1
★チャージ:2500円 ※ご飲食は別途ご注文ください。
★ご予約:下北沢ボデギータ Tel. 03-5432-9785(18:00〜月曜定休)
     アオラ・コーポレーション info@ahora-tyo.com
posted by eLPop at 18:06 | News

3/12 Waijazz: ANDEAN FEELINGライブ

50395049_2074296175983389_415611091742097408_n.jpg
Waijazz: ANDEAN FEELING FOR THE WORLD!

アメリカ・ペルー・そして新たに日本で活動の場を模索する若きジャズ・アンディーノ、アンディアン・フィーリンの旗手、フレディ・グスマン・"コンドル・フィーリン"の東京ライブが3月12日に神保町の「楽や」にて開催されます!
ペルーで活動しているWayjazzとは同じユニット名でもメンバーも全く違うことによって、地域によってまったく異なる表情を見せてくれるフレディ・グスマンの一期一会のステージ、ぜひお楽しみください。

eL Pop Fredy Guzmanインタビューはこちら

2019/ 3/ 12(Tue) 18:30 OPEN 19:30 START

神保町 【楽や】
    住所/東京都千代田区神田神保町1-42-7 ソマードビル1F
    TEL(FAX)/ 03-3518-9496
    Webサイト/http://rakuya.asia/model/jinboucho.shtml

Music Charge \3,000 (adv.) / \3,500 (door) (税・飲食代別途)
    予約はこちら

ペルー・リマに生まれ、幼少期にギターに触れバークリー音楽院へジャズを学ぶ。その後NYでの活動の傍ら自らのルーツミュージックを学ぶためアンデスの先住民から伝統的な祭りとその音楽を学ぶ。自らの経験を通じた音楽を表現する為、アンデスの民族音楽の演奏家やリオーネル・ルエケやテレオン・ガリーらコンテンポラリージャズミュージシャンが一同に介したアルバム「Waijazz」を制作。ジャズとアンデス音楽をミックスした音楽を確立しNY/ペルー国内で大きな話題となった。今公演では日本人ジャズミュージシャンを迎えアンデス音楽を基にした特別公演が行われる。フレディの歌・ギター、そして世界でもまだ見ない特別な音楽を体験して頂きたい。

Waijazz:
Fredy Guzman (voice & Guitar)
萩原優 (sax)
落合康介 (ba)
池澤龍作 (dr)

fguzman1029@gmail.com
www.fredyguzman.com
posted by eLPop at 15:59 | News