Top > News

ルートの民族誌:アンデスと秩父をつなぐ旅と音@成蹊大学

2019.11.27

【CAPS CINEMA】(※)
映画上映、トークとミニライブ「ルートの民族誌:アンデスと秩父をつなぐ旅と音」


写真家ホンマタカシによる音楽ドキュメンタリー『アヤクーチョの唄と秩父の山』
映画上映、トークとミニライブ

アヤクーチョチラシ表面.jpg
日時:2019年12月11日(水曜日)13:10〜15:20(開場 12:55)

13:10  挨拶・上映 『アヤクーチョの唄と秩父の山』
 
14:20  トーク  
 ホンマタカシ(写真家) 
 イルマ・オスノ(ミュージシャン・成蹊大学非常勤講師)
 細谷広美(本イベント司会進行・成蹊大学教授・文化人類学者)

14:50 ミニライブ(15:20 終了)
 イルマ・オスノ(唄) 高岡大祐(チューバ) 
 池宮ユンタ(パーカッション) 森川拓哉(バイオリン)

会場:成蹊大学4号館ホール
  (JR線など吉祥寺駅 北口バス乗り場1、2番より約5分「成蹊学園前」下車)


申込み:不要
参加費:無料

『アヤクーチョの唄と秩父の山』(2019年/60分)
監督:ホンマタカシ
出演:イルマ・オスノ、笹久保伸、笹久保クシ、オトニエール・ハヤンチーラ、カルロス・ファルコニー 
内容:ペルー、アンデス地方アヤクーチョ出身の音楽家イルマ・オスノは、ギタリストの笹久保伸と結婚し秩父に暮らしている。アヤクーチョに7年ぶりに帰郷するなかで垣間見られる紛争の傷跡、情景と共に映し出される家族の絆。山と共に生きてきた秩父とアンデスを結び、音楽の宝庫アヤクーチョの音が人々の生とともに響き渡る。(イルマ・オスノは現在成蹊大学でケチュア語(インカ帝国の公用語。現在約600万人の話者がいる先住民言語)を教えている)

※【CAPS CINEMA】とは、成蹊大学アジア太平洋研究センター(Center for Asian and Pacific Studies、略称CAPS)が主催する、
アジア太平洋地域を中心とした社会の諸問題に対してテーマを定めみなさんと一緒に考えていくための上映会です。

アヤクーチョチラシ裏面.jpg
---プロフィール-----------------------------------------------------------------------------

ホンマタカシ

写真家。1999年、写真集「東京郊外 TOKYO SUBURBIA」(光琳社出版)で第24回木村伊兵衛写真賞受賞。2011年から2012年にかけて、個展「ニュー・ドキュメンタリー」を日本国内三ヵ所の美術館で開催。
著書に「たのしい写真 よい子のための写真教室」、近年の作品集に『THE NARCISSISTIC CITY』(MACK)、「TRAILS」(MACK)がある。
また2019年中に「Symphony その森の子供 mushrooms from the forest(仮)」「Looking through - Le Corbusier windows」を刊行予定。
現在、東京造形大学大学院 客員教授。


イルマ・オスノ

ミュージシャン、成蹊大学非常勤講師。ペルー、アヤクーチョ地方ウアルカス村生まれ。12 歳までケチュア語のみを話し、地元の伝統文化のなかで育つ。戦禍を避けて首都リマに移住後、中学・高校でスペイン語教員をつとめるとともに、アヤクーチョ民族舞踊団メンバーとして活躍。現在、早稲田大学、法政大学、成蹊大学等でスペイン語、ケチュア語を教える一方、歌手・ミュージシャンとして活動。笹久保伸との共作アルバム『アヤクーチョの雨』(2013)に続き、初ソロアルバム『タキアヤクーチョ』をリリース(2017)。


細谷 広美

成蹊大学文学部教授。文化人類学者。インカ帝国の中心クスコ、アヤクーチョで長年にわたって調査研究。ハーバード大学ロースクール元客員研究員。『アンデスの宗教的世界』(明石書店)『ペルーを知るための66章』(編著、明石書店)『カリブ ラテンアメリカ 音の地図』(共著、音楽之友社)『越境するモノ』(共著、京都大学出版会)『他者の帝国ーインカはいかにして「帝国」になったのか』(共著、世界思想社)『グローバル化する<正義>の人類学』(共編著・昭和堂)など、先住民文化、現代美術、紛争・平和構築をめぐる著書多数。
posted by eLPop at 23:52 | News

LIFE IS A CARNIVAL vol.03「アンデスからアマゾンまで、宗教色が強く残る祝祭をめぐる巡礼に旅立つ」

MAKOTO KUBOTA presents
* * LIFE IS A CARNIVAL * * vol.03
『アンデスからアマゾンまで、宗教色が強く残る祝祭をめぐる巡礼に旅立つ』

カーニバル03表ー縮小版.jpg

[出演] 白根 全 / 関野 吉晴(ゲスト) / 久保田 麻琴

 大航海時代に新大陸の先住民社会に移入されたヨーロッパ起源の祝祭は、征服され滅ぼされた民族の「魂の唄声」だろうか。ラテンアメリカのカーニバルは、おもにアフロ・ラテン系と先住民系に大別される。とくにアンデス地域のカーニバルは、インディオ社会に根付いた伝統的な自然信仰と、征服者がもたらしたカトリック信仰が合体した混合宗教的行事の性格が強い。
 アフリカ系のリズムが右・左・右・左の縦ノリ系に対して、先住民系のリズムは右・右・左・左のナンバ系。やはり、モンゴロイドの血がそうさせるのだろうか。探検家・関野吉晴が歩んできたグレートジャーニーの原点アンデスとアマゾンの旅から、いったい何が見えてくるのだろう。地球上に存在するあらゆる環境の大地を踏みしめ、大洋を漂ってきたその目には、何が写っているのだろう。

◆日時◆
2019/12/10(火) 開場18:30 / 開演19:30

◆料金◆
前売3,500円 / 当日4,000円
学生前売り2000円/学生当日 2,500円
(共に別途1ドリンク代600円)
整理番号順

◆場所◆
代官山 晴れたら空に豆まいて 
カーニバル03裏―縮小版.jpg
posted by eLPop at 23:43 | News

LIFE IS A CARNIVAL vol.02 「トリニダード、カリブ、ロンドン…」

2019.10.27

eLPopメンバーの友人、カーニバル評論家の白根全さんが豪華ゲストともにカーニバルを語り尽くす魅惑の全4回イベント、第2回が開催日決定!

カーニバル02表見本.jpg

「カーニバルの女神さまは旅人の踵にしかおりてこない」と語る冒険男爵白根全が、ゲストにピーター・バラカンを迎え、トリニダード・トバゴを中心とするカリブ海の島々、そしてロンドンのノッティングヒルなど先進国で今新たに盛り上がっているカーニバルについて、語り尽くします。

MAKOTO KUBOTA presents
* * LIFE IS A CARNIVAL * *
vol.02 トリニダード、カリブの島々、ロンドンのノッティングヒル

出演:白根全 ゲスト:ピーター・バラカン

アイランド・ホッピングで旅したカリブ海文化圏のダイナミックな音世界と、ラテン系移民がもたらした北半球の祝祭を語る。
Greatest show on the earth ! と呼ばれるトリニダード・トバゴのカーニバル。カリプソやソカ、スティールドラムの故郷から始まるアイランド・ホッピングは、ハイチやドミニカなど島ごとに異なるリズムの宝庫カリブ海を旅しながら、ロンドンやニューヨーク、トロントなど北半球の大都市へと続く、カリブ海文化圏のダイナミックな音世界と、ラテン系移民がもたらした祝祭を語る。

日時 11月20日(水) 開場 18:30 / 開演 19:30

場所 晴れたら空に豆まいて(代官山)

前売3,500円 / 当日4,000円 (共に別途1ドリンク代600円)

予約:晴れたら空に豆まいて
カーニバル02修正02.jpg
posted by eLPop at 21:19 | News

10/26 懐かしきプエルトリコ 1940-1960:発売記念トーク&ライヴ

2019.10.03

eLPop y Ahora Coeporation presentan
『懐かしきプエルトリコ 1940-1960』発売記念トーク&ライヴ
191026PR-flyer.jpg
サルサの故郷、プエルトリコのルーツ音楽に迫ったヴィンテージ音源復刻CD『懐かしきプエルトリコ1940−1960、プレーナ、グアラーチャ、ボレロ、ヒバロ』の発売を記念して開催するトーク&ライヴ。
http://www.ahora-tyo.com/detail/item.php?iid=17947

1部では、サルサ登場以前のプエルトリコ音楽を、CDの日本語解説を執筆した伊藤 嘉章 mofongo氏が、音源や映像などを使い、さらに深く広く解説。
2部では、その時代の名曲を生演奏でお楽しみいただきます。

★出演
第1部<トーク>
伊藤 嘉章 mofongo(eLPop)
聞き手:高橋 政資(eLPop/アオラ・コーポレーション)

第2部<ライヴ>
Azucena
 モーリミホ:ヴォーカル
 本多ゆき恵:ピアノ、キーボード
スペシャル・ゲスト
Diablo Marino:日本で唯一のBOMBAグループ

※当日のフードにスペシャルメニューの限定「プエルトリコ・プレート」予定!
さらに、プエルトリコを代表するラム"Ron del Barrilito"(日本では、なかなか入手困難)もご用意する予定!
※【特報】前日(10/25)に、Diablo Marinoのイベントが同会場ボデギータで行われます。そのイベントとの連動企画(プエルトリコ・ウィーク)として、2日連続で参加された方に、アオラ・コーポレーション提供のCDを1枚差し上げます。10/25に配布されるカードをお持ちください。

★日時:2019年10月26日(土)OPEN: 16:30 START: 17:00
★会場:キューバ料理とお酒の店 下北沢 Bodeguita ボデギータ
   世田谷区代沢5-6-14 前田ビルB1
★チャージ:2500円 ※ご飲食は別途ご注文ください。
★ご予約:
下北沢ボデギータ Tel. 03-5432-9785(18:00〜月曜定休)
アオラ・コーポレーション info@ahora-tyo.com
posted by eLPop at 14:25 | News

LIFE IS A CARNIVAL vol.01 「レシーフェ, ブラジル,ラテン系」

2019.09.19

eLPopメンバーの友人、カーニバル評論家の白根全さんが豪華ゲストともにカーニバルを語り尽くす魅惑の全4回イベント、第一回が開催日決定!
ゲストの久保田麻琴さんとともに、ラテンアメリカの、中でもブラジル、レシーフェを中心に熱く語ります。

MAKOTO KUBOTA presents
* * LIFE IS A CARNIVAL * * vol.01
レシーフェ, ブラジル,ラテン系


fly Tp red 19-0930 -3 carnival 縮小版.jpg
パリ・ダカール間を原チャリ制覇でギネスに載った冒険男爵、白根 全。
パタゴニアの氷壁にしがみついて登ってる途中、人生はカーニバルだと気付く。ヒッチハイクでそのまま真っ只中のリオデジャネイロへ、、、その後30余年にわたり尋ねた世界のカーニバルが数十ヶ所。撮った写真、数万枚!著書多数。遂に世界に二人しかいないカーニバル評論家となる。

レアな話と写真、そしてゲスト
 ■ピーター・バラカン■ナオト・インティライミ
 ■久保田 麻琴■関野 吉晴、他
との対話、音楽や動画を含む2時間を4回にわたってお届けいたします。
Hosted by 白根 全


【出演者からのコメント】
“カーニバルの女神さまは旅人の踵にしかおりてこない” 白根 全
“カーニバルよろず相談の白根さん、お世話になってます” 久保田 麻琴
”Lord, don’t stop the carnival! ♬” Peter Barakan
“世界一周の旅の途中、全さんとカーニバルのキューバへ。カストロ生演説は激アツな思い出だ!” ナオト・インティライミ
“グレートジャーニーの強力助っ人と、ラテンアメリカを語り尽くす!” 関野 吉晴(グレートジャーニー探検家)


■ vol.01 久保田 麻琴 :
 レシーフェ, ブラジル,ラテン系


9月30日(月) 開場 18:30 / 開演 19:30

晴れたら空に豆まいて(代官山)

前売3,500円 / 当日4,000円 (共に別途1ドリンク代600円)
整理番号順

予約:晴れたら空に豆まいて

カーニバル01-裏.jpg
以下今後の予定
vol.02 ピーター・バラカン :
 トリニダード, カリブの島々, ロンドンのノッティングヒル
vol.03 ナオト・インティライミ:
 ブラジル, キューバ, カボベルデ, アフリカ
vol.04 関野 吉晴:
 アンデス, アマゾン

乞うご期待!


posted by eLPop at 00:51 | News