Top > 高橋めぐみのSOY PECADORA

こういう人が日本にもいるんです(1) スペイン語と映画に生きるLa Doña Setsu 前編

2014.06.06

「なんだか、ボラーニョからどんどん離れている」とお思いの方、それは少し違います。いえ、半分は合っています。しかし、この方がいなければ、私とボラーニョの出会いはずっと遅くなっていたのです。おもろい姉さんの半生記にチャレンジさせてくださいませ。

 La Doña Setsuとは、私がかってに付けた呼び名なのであるが、彼女を前にすると思わず「ドニャ」と言いたくなるのである。一般的な通り名(?)は比嘉セツさんだ。
 その昔、あるスペイン人ミュージシャンのコンサートで、私はボランティアでアテンドをしていた。その時にやはりボランティアで通訳をしていたのが比嘉さんで、それまでは全く知らない人だったのだが、その豪快な飲みっぷりと素晴らしいスペイン語の通訳ぶりに平伏したのである。それで、なんとなく知り合いになって10年以上が経ったが、今も相変わらず平伏したままであることに変わりはない。後から知ったのだが、NHK BSのTVEのニュースの同時通訳や様々なスペイン語の語学学校でプロを相手に講座を持つぐらいなので、その力量は推して知るべし。
 よく、着物が似合って方言をしゃべったりする外国人を「生まれた国を間違えた」と言ったりするけれど、まさにこの人は日本に生まれつつも生粋の「latina(ラテン女)」。ただ単に陽気でノリが良くてとかそういう表面的なことではなく、ガツ〜ンと来るのに涙もろかったりと、芯からそうなのだ。
 こういう人が日本にもいるんです。
 
 神戸生まれの比嘉さんは、高校時代に米国にホームステイした。その時のホスト・ファミリーのイケメン男子がスペイン語を勉強していたのに影響されたのが、スペイン語との出会い。きわめて単純だ。関西外語大学に入学時に、ラテン・アメリカ諸国の資源の豊かさ、スペイン語の多様性と話者の多さ等々から「これからはラテン・アメリカだ!」と思い、卒業までの4年間は猛勉強。4年生の時に奨学金を受けてメキシコのケレタロの自治大学に留学。ケレタロはメキシコ・シティから200キロあまりの内陸部の古都で、先住民オトミー族の地である。
 その留学中に、なんと彼女は由緒あるケレタロ自治大学の「エストゥディアンティーナ」のメンバーになったのだ。「エストゥディアンティーナ」は男子学生を中心に独特な演奏と合唱を行う集団で、女子は入れなかった。何と言われようともそういう決まりだったのだが、そこはLa Doña Setsu、ゴリ押しに押して潜り込み、多くの歌を学び、ギターを弾いた。彼女いわく、「エストゥデアンティーナのレパートリーは、その頃流行っていたメキシコの甘ったるい歌謡曲とは違っていて新鮮だった」とのこと。なので、頼めば今でも歌ってくれる。元々、ジャクソン・ブラウンが好きで、その後にはキューバのヌエバ・カンシオンの両巨頭のひとり、シルビオ・ロドリゲスの歌詞を書き起こしたりするような人なのだから、まあ、想像に難くない。(余談だが、女人禁制だったケレタロ自治大学の「エストゥディアンティーナ」に25年前に遂に女子部が出来たということをネットで発見。写真を載せておきます。左が男子、右が女子)
queretaro.jpgfemenil.jpg
 そして、帰国して優秀な成績で大学を卒業を予定するも、一流企業の最終面接で不合格に。なぜなら「お茶くみも出来ますか」という偉い人の質問に「将来の見えないお茶くみは出来ません」と答えたらしいので(多分)。「言いたいことを黙っていると死にそうになる」というラテン気質(?)のせいか、その後も、神戸製鋼や日産に就職するも長続きせず、遂にJAICAの青年海外協力隊として、ケニアに行くことになったのでした。その時、なんとまだ20代半ば。
 《後半に続く。》
 
 さて、そんな比嘉さんは、2000年代に入り「映画の配給」を始めた。キューバ映画を皮切りに、アルゼンチン、スペイン、ブラジル、メキシコ、イタリアと隠れた名作を紹介してきたのだ。
 そして、もうすぐ公開されるのが、イタリア映画の「幸せのバランス」だ。ささやかな過ちから、安定していたはずの人生が壊れていく物語。今の日本社会にも充分に起こりうる切なく現実的な映画だ。
poster2.jpg
posted by eLPop at 12:24 | 高橋めぐみのSOY PECADORA

アルモドバルの映画と音楽(5)

2014.03.14

いよいよ最終日3/14の曲と映画です。
radiko.jpで全国どこからでも聞ける「RN2」の再放送22:20~には間に合いました。

今日は、アルモドバルの映画の中でも私が特に好きな2作が含まれています。
そして、日本でもヒットした「Todo sobre mi madre(邦題:オール・アバウト・マイ・マザー)」と「Hable con ella(邦題:トーク・トゥー・ハー)」は取り上げていません。私の身近でもスペイン映画やアルモドバルの映画にあまり興味がないが、この2作だけ、あるいは「トーク・トゥー・ハー」だけを見たという人が多いので、ぜひ他のもっとアルモドバルならでは映画を見てほしいという思いと、個人的な好みからそうしました。
映画の内容とは関係ありませんが、英語になったスペイン語のタイトルをそのままカタカナ表記で邦題というのはどうなのでしょうか。「オール・アバウト・マイ・マザー=私の母に関するすべて」と「トーク・トゥー・ハー=彼女に話して」という意味なのはわかりますが、なんだかしっくりきません。
英語ならいいの?

1.「Luz de luna」Chavela Vargas
映画「Kika (邦題:キカ)」(1993)から
「キカ」はそのアートっぽいポスターもかっこよく、見る前に「これは面白い映画だろう」という期待が高まる作品です。物語はメイクアップ・アーティストのキカ、その恋人のカメラマン、カメラマンの義父に当たる怪しい作家、殺人事件を扱うテレビのレポーター、さらには家政婦とその弟が織りなすドタバタ・ミステリー・コメディ。ゴルチェのデザインする衣装が鮮やかで奇天烈。さらにキカの部屋のインテリアもかっこいい。公開時の日本での評価はかなり低かったのですが、サイバーパンクっぽい衣装のレポーター役のビクトリア・アブリルが番組の自己紹介のシーンで「私は顔に疵のあるアンドレア」というところががすごくかっこよくてその台詞を覚えてしまったぐらいです。評価などはまったく意に介さず、私はこの作品が好きです。
そして、私の心の歌手、チャベーラ・バルガスが歌う「ルス・デ・ルナ」。夜のバルコニーで全裸の女性が歌うシーンで流れます。その女性のその後の運命が暗示されるような暗く美しいシーンです。チャベーラ・バルガスはメキシコを代表するランチェーラ歌手のひとり。出身はコスタリカですが、若い時にメキシコに移ったので多くの人にメキシコ人だと思われています。ゲイとして生き、2012年に93歳の天寿を全うしました。その波乱に満ちた一生を誰かに伝記にしてほしいです。彼女の歌は、圧倒的な迫力とガラガラとしか言いようのない声、上手さや美しさではなく「ただ、チャベーラが歌ってくれればいい」だけの「歌」であることに意味があるのです。

2.「Tonada de luna llena」Caetano Veloso
映画「La flor de mi secreto(邦題:私の秘密の花)」(1995)から
ペンネームで官能小説を書いている主婦が、留守がちの冷たい夫、親友、彼女に惚れる編集者等々と繰り広げるメロドラマ(?)。当時大人気だったフラメンコ・ダンサーのホアンキン・コルテスが主人公の妹(ロシー・デ・パルマ!)の息子役で出演しています。
曲は、先頃亡くなったベネズエラのシンガー・ソングライター、シモン・ディアスの大名曲「トナーダ・デ・ルナ・ジェナ(満月のトナーダ)」。歌うは日本でも超有名なブラジルのカエターノ・ヴェローゾです。彼は1994年に全編スペイン語で歌ったアルバム「Fina estampa」を発売し、翌年に同名のライブ盤を出していて、この曲はその中に収録されています。「Fina estampa(粋な男)」はペルーのチャブーカ・グランダの代表作でこのカエターノのアルバムの邦題も「粋な男」でした。

3.「El rosario de mi madre」Duquende con Manzanita
映画「Carne trémula(邦題:ライブ・フレッシュ)」(1997)から
アルモドバルには珍しく英のミステリー作家、ルース・レンデルの小説「引き攣る肉」を原作にした作品。二人の刑事、孤独な若者、ヤク中のお嬢様、刑事の妻、発砲事件、車椅子生活になった刑事、とサスペンスフルに展開する物語。ひとりの刑事の妻役のアンヘラ・モリーナが美しく哀しい女を好演して、とても印象に残りました。見終わった後にすぐに席が立てなかったほどです。
曲はペルーのムシカ・クリオーヤの名曲「エル・ロサリオ・デ・ミ・マードレ(母のロサリオ)」です。このバルス(ワルツ)はムシカ・クリオーヤの重要なシンガー・ソングライターのマリオ・カバニャーロがロス・トロベロス・クリオージョスのために書いた曲で、マリア・ドロレス・プラデーラが持ち歌にしてヒットしました。ここでは、カンタオール(フラメンコ歌手)のドュケンデがマンサニータのギターで原曲のイメージを大きく覆して、強烈なオリジナリティをたたきつけています。

4.「Quizás, quizás, quizás」Sara Montiel
映画「La mala educación(邦題:バッド・エデュケーション)」(2004)から
この映画はアルモドバルの半自伝的な作品と言われています。若くして成功を収めた映画監督の元にかつてに親友(で恋人)がいわくありげな脚本を手に現れます。監督役が(私は大好き)フェレ・マルティネスで、親友役は(みんな大好き)ガエル・ガルシア・ベルナルです。この二人が出ているのならあとはどうでもいい、というわけはなく、物語は彼等が過ごした神学校での暗い思い出、そして明かされる秘密。と、とても面白く良くできた映画です。フェレ・マルティネスはとてもいい俳優なのに日本ではあまり知られていないのが残念。アメナーバル監督の長編デビュー作「テシス」のオタク青年役など最高にかっこいいですが。
そして、曲は誰でも知っているキューバのオスバルド・ファレスの大名曲「キサス、キサス、キサス」。歌っているのはスペインの歌う女優、サラ・モンティエル。彼女は50年代にはハリウッドにも進出し、「ベラクルス」の中でゲイリー・クーパーの相手役を務めました。あまりにも有名な「キサス、キサス、キサス」ですが、サラ・モンティエルはかなり早くから歌っていたと思われます。このバージョンは、もう、まったりと濃厚に「いつ何を訊いても、あなたの答えは多分、多分、多分だけね」と歌っています。愛と裏切りの物語にぴったりです。

アルモドバルの映画音楽は、90年代半ばから、その多くをアカデミー賞にもノミネートしているアルベルト・イグレシアスが手がけています。この人は、「ナイロビの蜂」、「裏切りのサーカス」、「君のためなら千回でも」といったメジャーな映画の仕事もしている才人です。
しかし、今回聞いていただいた曲の多くはよい意味で「なぜこのバージョン?」という意外性がセンスの良さに繋がっているので、選曲には監督の意向が強く出ているのだろうと思います。最新作の「Los amantes pasajeros(邦題:アイム・ソー・エキサイテッド)」のタイトル通りのキラーチューンはポインター・シスターズですから。
posted by eLPop at 19:28 | 高橋めぐみのSOY PECADORA

アルモドバルの映画と音楽(4)

2014.03.13

第4日目の3/13の曲と映画です。
1.「Resistiré」Dúo Dinámico
映画「!Átame!  (邦題:アタメ/私を縛って!)」(1990)から
アルモドバルの映画の重要なミューズのひとり、ビクトリア・アブリルと今ではすっかりハリウッド・スターのアントニオ・バンデラスが限りなく変態な状況で展開する純愛物語。ポルノ女優を誘拐監禁する孤独な青年と次第に心が動かされていく女優。誘拐も監禁も立派な犯罪ですが、見終わった後には幸福感に包まれるのです。
曲は1960年代に大人気だったボーカル・デュオの、ドゥオ・ディナミコの「レシステレ」。ドゥオ・ディナミコは1958年にマヌエルとラモンの二人がバルセロナで結成しました。スペインのポップ・ロックの先駆者である彼等は曲作りも巧みで、録音されたのは300曲あまりですが、800曲は作ったと言われています。この映画で取り上げられたことによって、再び大注目されました。2011年には活動50周年を祝うアルバムが、フリオ・イグレシアス、ジョアン・マヌエル・セラートら豪華ゲストを招き制作されプラチナ・ディスクに輝きました。

2.「Puro teatro」La Lupe
映画「Mujeres al borde de un ataque de nervios(邦題:神経衰弱ぎりぎりの女たち)」(1988)から
ひとりの男を巡って入り乱れる人間関係。疑心暗鬼になってキレる寸前の女たちのブラック・コメディ。前作の「欲望の法則」から出演している、ロシー・デ・パルマの存在感が際立っています。一度見たら絶対に忘れない容貌の彼女はアルモドバル・ガールズの中でも特異な存在で、ジャン・ポール・ゴルチェのモデルを務めたこともあります。
曲は「ラテン・ソウルの女王」ことラ・ルーペのボレロ「プーロ・テアトロ」です。ラ・ルーペはキューバの古都サンティアゴ・デ・クーバの出身で革命前後にハバナのナイトクラブで人気者となり、その後米国に亡命。ニューヨークでモンゴ・サンタマリアに見いだされ歌手活動を再開し、ティト・プエンテとの共演等で成功を収め、マディソン・スクエア・ガーデンでコンサートをした最初のラテン・シンガーになりました。

3.「Soy infeliz」Lola Beltran
映画「Mujeres al borde de un ataque de nervios(邦題:神経衰弱ぎりぎりの女たち)」(1988)から
「ソイ・インフェリス(私は不幸)」を歌うのはLola la Grande(偉大なローラ)、メキシコのランチェーラ歌手で女優のローラ・ベルトランです。多くの映画に出演し歌う女優として大活躍し、テレビの音楽番組の司会も務めました。「もう愛されていないから不幸だわ」と歌っていますが、ランチェーラののんびりした雰囲気で、あまり深刻な状況ではないように聞こえます。

4.「Encadenados」Lucho Gatica
映画「Entre tinieblas(邦題:バチ当たり修道院の最後)」(1983)から
およそ敬虔なカトリック教徒とは思えない尼さんたちが出てくるはちゃめちゃな映画。尼さん達の名前が「堕落」や「毒蛇」などというところもふざけているが、単に変なブラック・コメディという感想では片付けられないものがあります。やはりアルモドバルはLa Movidaから出た人ですから、皮肉な比喩がふんだんに盛り込まれていエーエムス。
多くの歌手に歌われているボレロの名曲「エンカデナドス」を歌うのは、チリ出身でメキシコ、米国で活躍しているルーチョ・ガティカ。トリオ・ロス・ドゥエンデスなどのバージョンに比べてねっちりとこってりと歌います。
posted by eLPop at 18:40 | 高橋めぐみのSOY PECADORA

アルモドバルの映画と音楽(3)

2014.03.12

今週(3/10〜3/14)は、radiko.jpで全国どこからでも聞ける「RN2」の15:20〜(再放送は22:20〜)の20分間に出演します。
ボラーニョの方は少しお休みして連動した記事をアップします。

第3日目の3/12の曲と映画です。
1.「Un año de amor」Luz Casal
映画「Tacones lejanos(邦題:ハイヒール)」(1991)から
映画は、母娘の愛憎物語。あることがきっかけで娘を置いて出ていった歌手の母親。その母親の昔の彼氏と結婚している娘。そこへ15年ぶりに凱旋帰国する母。アルモドバル映画の中では暗めのお話ですが、挿入歌の良さは際立っています。そして、ここでもお馴染み(?)の「継父は殺される」パターンは踏襲されています。
曲はイタリアの人気歌手ミーナが1964年に歌って大ヒットした曲ですが、元はフランスのニーノ・フェレールのシャンソンです。オリジナルよりもミーナの方が断然売れてしまったために多くの人は彼女のバージョンをカバーしています。日本でも越路吹雪らが日本語に訳した歌詞で歌い、録音も残っています。映画の中で歌っているのはスペインの女性歌手のルス。彼女は70年代後半から世界的に活躍するロック歌手で、そのアルバムは累計で500万枚以上売れています。そんな彼女が歌う「Un año de amor(愛の1年)」は、私の心に深く刺さりました。映画の内容よりも曲のインパクトが強すぎて、忘れられなかったのです。歌われるのも怪しげなクラブで女装したミゲル・ボセーが口パク当てぶりで踊るいうシーンなので、よりいっそう印象に残りました。スモーキーで暖かみのあるルスの声と、去っていく恋人への恨み節という歌詞がぴったりで素晴らしいとしか言いようがありません。

2.「Piensa en mi」Luz Casal
映画「Tacones lejanos(邦題:ハイヒール)」(1991)から
この曲は「メキシコで成功した歌手」という設定の母親が歌うシーンで使われます。ご存じメキシコの大作曲家、歌手のアグスティン・ララの作品です。「あなたが辛い時には私のことを思って」という歌詞が、絞り出すようにエモーショナルに歌われます。ララが歌うオリジナル・バージョンはもう少しのどかな感じで悲壮感はありませんが、それはそれで違った切なさがあります。

3.「Un año de amor」岸のりこ
ルスが歌う「Un año de amor」が心の歌となった私は昨年(2013)ある女性歌手のアルバムをプロデュースする決心をしました。その名は岸のりこ。彼女はジャズやポップス歌っていたときにサルサと運命的に出会い、90年代にカリブ・中南米で歌手活動をしたのち、2000年に帰国、DIVA NORIKOとしてもサルサ、ラテンの歌手としてのキャリアを築きました。日本ラテン・ビッグ・バンドの父、故・見砂直照氏に見いだされた彼女は、東京キューバンボーイズのゲスト歌手としても活躍しています。
しかし、その実力は並大抵のものではないもかかわらず、アルバムは若き日にベネズエラのSONY MUSICから出した「NORIKO」が1枚あるきりでした。どうしてもこの人のアルバムが作りたい、それも所謂サルサではなく所謂ボレロでもなく、ラテンの名曲をオリジナルなテイストで、という妄執(まさにオブセシオン)にとりつかれた結果、11月に「恋の12の料理法」というアルバムが完成しました。もちろん、アルバム制作のきっかけとなった「Un año de amor」も入っています。とても特別なアレンジで。
ぜひ、ルスのバージョンと聞き比べてください。
posted by eLPop at 11:51 | 高橋めぐみのSOY PECADORA

ペドロ・アルモドバルの映画と音楽(2)

2014.03.11

今週(3/10〜3/14)は、radiko.jpで全国どこからでも聞ける「RN2」の15:20〜(再放送は22:20〜)の20分間に出演します。
ボラーニョの方は少しお休みして連動した記事をアップします。

すでに訂正しましたが、1日目の3曲目「Ne me quitte pas」の歌手をマイシャと発音しましたが、マイーザの間違いでした。「サンバ・カンソンの女王」「ブラジルのビリー・ホリディ」と讃えられるあのマイーザです。大変失礼いたしました。

さて、反省をしたところで、第2日目の3/11の曲と映画です。
1.「Volver」Estrella Morente
映画「Volver (邦題:ボルベール)」(2006)から
ハリウッドで大活躍し日本でもよく知られたスペイン人女優、ペネロペ・クルス主演の「ボルベール」は、アルモドバルお得意の喜悲劇。インモラルな状況から悲劇が起き、しかし、「女はたくましく生きる」という物語。6人の女のそれぞれの人生模様と、母娘という、実は父と息子よりもこじれると難しいかも知れない人間関係が描かれます。1日目に紹介した1984年の作品「¿Qué he hecho yo para merecer esto?」の中に出てくるエピソードがこの映画でもひとつの重要なポイントになっています。
曲はカルロス・ガルデルのタンゴ−カンシオンの名曲「ボルベール」。歌われるのは、主人公が母に思いを伝えるためにパーティで思い切って歌うという、まさに歌がメインのシーン。実際に歌っているのは現代フラメンコ界を代表するカンタオーラ(フラメンコの女性歌手)、エストレージャ・モレンテ。後述するエンリケ・モレンテを父に、バイラオーラ(フラメンコ・ダンサー)のアウロラ・カルボネルを母に持つ彼女は、20歳でCDデビューしました。そんな血筋の良さだけではない素晴らしい歌唱力の持ち主且つたいへんな美女。巧みな歌い回しで、力強さの中に繊細さを秘めた主人公の心情にぴったりの「Volver」を聞かせます。彼女の歌声は映画との相性も良く、1999年にヒットした映画「Sobreviviré(日本未公開)」やフェルナンド・トゥルエバ監督の「Chico y Rita(邦題:チコとリタ)」でも取り上げられています。
番組中でもしゃべりましたが、彼女がまだ19歳だった1999年、フランスからスペインに向かう飛行機が同じ便で、ゲートから機内に向かう通路でエストレージャが私の目の前を鼻歌を歌いながら歩いていました。そして、離陸して少しするとミュージシャンたちも全員揃っていた機内でささやかなライブが始まり、さらにエストレージャの歌を聞きました。迷惑に思った乗客もいたかもしれませんが、その前夜にエンリケ・モレンテの素晴らしいカンテ(フラメンコの歌)を聞いたばかり私にとっては嬉しいおまけでした。

2.「A good thing」Saint Etienne
映画「Volver (邦題:ボルベール)」(2006)から
打って変わってこの曲は90年代から活躍するイギリスのオルタナ・ダンス・バンド、セイント・エティエンヌの2005年のアルバムからの曲。軽快なテンポでメロディアス、ヴォーカルのサラ・クラックネルのちょっと甘ったるい声で明るく歌われますが、歌詞は切ないです。

3.「La noche」Estrella Morente
エストレージャ・モレンテのデビュー・アルバム、「Mi cante y un poema」から。若さの中に約束された将来を感じさせるソレアー。
この曲は映画には収録されていません。

4.「Tangos de la vida」Enrique Morente
現代フラメンコのカンテの最大の改革者が伝説のカンタオール、カマロン・デ・ラ・イスラだとしたら、エンリケ・モレンテはカンテを革新し続けた人物と言えるでしょう。この曲はライブ録音集からのスタイリッシュでスピード感溢れるタンゴスです。
彼が歴史的なフラメンコの王道を辿りながら、新たな可能性を探究したことは記憶にとどめられるべき多くの作品を生み出しました。そんなモレンテが2010年12月13日に67歳で急逝したことは、今でも残念でなりません。
この曲も映画には収録されていません。
posted by eLPop at 15:03 | 高橋めぐみのSOY PECADORA