Top > 高橋めぐみのSOY PECADORA
INDEX - 目次
目次
【こういう人が日本にもいるんです〜スペイン語と映画に生きるLa Doña Setsu】
【ペドロ・アルモドバルの映画と音楽】
【世紀の大傑作小説「2666」の著者、ロベルト・ボラーニョと音楽】
【私はいかにしてラテンにハマったのか?】

美食の街を訪ねて スペイン&フランスバスク旅へ 最新版

2024.02.29

バスクに行くなら必携!
guiapaisbasco.jpg
お勧めガイドブック:『美食の街を訪ねて スペイン&フランスバスク旅へ 最新版(旅のヒントBOOK)』2024年2月21日発売
著者:金栗 里香
発売元:イカロス出版

 思わず「バスクに行くなら必携!」と書いてしまいましたが、おいしいものに興味のある方なら、どなたでも興味津々な内容の決定版ガイドブックが最新版として帰って来ました。2019年の第一弾も目を見張る内容でしたが、最新版はなんといっても最新ですから、しばらく彼の地を訪れていない身としては「ええ〜!行きたいよ〜」と絶叫してしまうことになりました。

 スペインとフランスにまたがり、あこがれの美食の地の名をほしいままにしているバスク地方。実際に訪れればその真価が文字通り味わえるのですが、まずはこの本で予習しましょう。
 バルの利用方法から外せないピンチョス&バスク料理、独自の微発砲白ワインのチャコリやリンゴ酒シドラなどの飲みものや伝統のスイーツを紹介してくれているので、初めての方も安心です。スペインバスクの美食の中心地でバル巡りが楽しいサン・セバスティアン、炭火焼きで有名なゲタリア、こぢんまりとしたグルメの町オンダリビア、美しい都市ビルバオの4つの町が取り上げられています。全部素晴らしいのは言うまでもありませんが、個人的にはのんびり散策できて、古城をリストアした国営ホテルのパラドールもあり、気の利いたお土産も手に入るオンダリビアがお勧めです。
 フランスバスクの方は、まさにオリジナルのエスパドリーユや伝統布のバスクリネン、マカロンの元祖など、素敵なお買い物が楽しめるショッピング・エリアやフランスバスクならではのおしゃれな雰囲気の町や村が紹介されています。トウガラシの村、エスプレットで買えるさまざまな調合の調味料は本当においしいですよ。
 ガイドブックに必要な地図や旅のヒント、そして実際に著者が撮影した写真が満載です。

 実は個人的な友人でもある著者の金栗さんは、すでに30年以上バスクに在住しています。彼女は確かな味覚と感覚の持ち主なので、その情報は全面的に信用できます!実はそこはとても大切な部分で、おいしいものに興味がなくても「名物」や「名店」だけを載せてガイドブックを書くことは可能ですが、本当に味わった人にしか書けない文章かどうかはわかってしまうものです。
 どの町に行くか悩みながら、この本を手にぜひバスクに行ってくださいね!
タグ:美食 バスク
posted by eLPop at 17:38 | 高橋めぐみのSOY PECADORA

映画『瞳をとじて』

2024.02.27

観た映画:
瞳をとじて(原題:Cerrar los ojos)2023 スペイン/アルゼンチン
監督:ビクトル・エリセ(Víctor Erice)
出演:マノロ・ソロ(Manolo Solo)、ホセ・コロナド(José Coronado)、アナ・トレント(Ana Torrent)
https://gaga.ne.jp/close-your-eyes/
2024年2月9日封切り

00ba3575fbc5cf55.jpg

 31年ぶりの長編作品ということで、話題にならないわけはありません。なんといってもあの『ミツバチのささやき El espíritu de la colmena (1973年)』と『エル・スール El sur (1982年)』のビクトル・エリセの新作なのですから。

 もう 先に言ってしまうと、深く心に残る何度でも観たくなる作品です。映画に対する愛情と文学に対する愛情が散りばめられていて、「あ、これは、もしかしたら」と気づけば鑑賞の喜びがいや増します。(わからなくても鑑賞に支障はありませんのでご安心を)

 監督は31年間何もしていなかったわけではなく、短編やいくつかのプロジェクトに参加しているので、自分の好きなように好きな作品を撮れるまで時間が必要だったのかもしれません。人が生きるということはどういうことなのかを教えてもらったような気がしました。

 物語はまず10分ぐらいの映画内映画『別れの眼差し La mirada del adiós』の冒頭と思われるシーンが紹介されて、その未完の映画の監督であったミゲル・ガライ(マノロ・ソロ)がテレビ番組の取材を受けているという流れになります。映画の主演の二枚目俳優フリオ・アレナス(ホセ・コロナド)は、撮影中に失跡して、その後22年間行方がわからず、生死も不明です。テレビ局の助けも借りてミゲルは必然的にフリオを探すことになります。

日本では「宣伝上重要」なせいかフリオの娘をアナ・トレントが演じていることが、盛んに宣伝されていますが、騒ぐほどのことではありません。(中年になった彼女のことを「老けたな〜」なんて言っている人がいますが、無礼きわまりない!)個人的には、ミゲルのかつての仕事仲間でフィルムの編集者で完璧な映画オタクのマックス(Mario Pardo)が最高です。私はこういう人が本当にに好きです。

 フリオの足跡を追ううちに様々な過去と出会い、やがてその彼の行方を知るミゲル。マノロ・ソロの自然な演技が本当に素晴らしいです。海辺の村でのんびり暮らすミゲルも決して平穏な人生を歩んできたわけではなく、今の暮らしも実は安泰ではありません。

 フリオはなぜ失跡したのでしょうか。彼は生きているのでしょうか。

 ラストで冒頭の『別れの眼差し』のラストシーンと思われる映像が流され、美しい余韻を残します。こちらの映画も観たい!と思った人は多いはずです。
 
※柳原孝敦氏がご自身のエリセ監督との関わりも含め、ブログ「CRIOLLÍSIMO」で優れた考察をアップされていますので、そちらもご参照ください。

スクリーンショット 2024-02-27 130717.png
http://criollisimo-cafecriollo.blogspot.com/2024/01/1.html


⇒目次に戻る

posted by eLPop at 22:38 | 高橋めぐみのSOY PECADORA

eLPop今年のお気に入り!2023年/静岡のおいしいお店紹介

2023.12.30

 今回は読んだものでも観たものでもなく、とびきりの飲食店をご紹介します。東京から新幹線で1時間ちょっとで着く静岡から3軒紹介いたします。

【GOXUA】何を食べても美味しいパティスリー。
お店の情報:http://goxua.info/



 先日、来日したスペイン、バスク地方の方々が「日本の人はバスクがどこにあるか知らなくても、バスクのチーズケーキのことは知っている」と驚いていたという話を聞きました。バスチーなどと省略されてすっかり定着した感のあるバスク・チーズケーキですが、本当においしいものにはなかなか出会えないのが正直なところ。その発祥と言われるサン・セバスティアンのLa Viña(ラ・ビーニャ)の店主は、とても気さくな人で門外不出どころか、わたしにもレシピ入りのDVDをくれました。だからチーズケーキは「秘伝のレシピ」などではありません。

goxua2.jpg

 しかし、おいしく作れるかどうかは別問題。まず、このGOXUA(ゴシュア)のチーズケーキを食べてみてください。わたしなんぞは思わず「La Viñaよりおいしいかも!」と言ってしまいました。パティシエールのYさんは、惜しまれつつ閉店してしまったバスク料理レストラン「ラス・タパス」で働いていた凄腕です。店頭のケーキや焼き菓子、キッシュは、すべて厳選された材料を用いて丁寧に作られています。ラス・タパス仕込みの総菜も並ぶことがあるので、もし見かけたら、絶対買うべし!

goxua_beret.jpg

※ケーキの写真はお店のHPから拝借しました。


【simples】静岡の豊かな食材を縦横無尽に使って生み出す料理の数々。
お店の情報: https://www.simples.world/

 今年、葵区の馬場町から、丸子に移転したシンプルズは、凡人には表現できない素晴らしいお料理を堪能させてくれます。特にお魚好きにはたまらないお店。様々なメディアで取り上げられている、最高の目利きサスエ前田魚店の厳選された魚介を、最高の技術で仕上げてくれます。

simples.jpeg

 イタリアンとフレンチをベースとしながらも、Iシェフの作り出すお料理は「何をどうしたらこうなるの?」と驚いてしまうものばかりです。かといって奇をてらうようなことはなく、美しくおいしいお料理です。ワインもソムリエがペアリングしてくれますし、オリジナルのソフト・ドリンクもお勧めです。以前のお店の時に、一緒に行った友人たちがみんな「これは〜」と、漫画の美味しんぼのような解説をしたくなってしまい爆笑したことがあります。

 現在のお店がある丸子の泉ヶ谷には、様々な工芸体験が出来る匠宿という施設や、シンプルズでの朝夕の食事がセットになっていて、プライベート・サウナのある和楽という贅沢なお宿もあります。
 メニューはコースのみなので、必ず予約をして挑んでください!


【おがわ】静岡おでんの名店中の名店。
お店の情報:https://j-gourmet.jp/ogawa/

 静岡おでんは、このお店から始まったと言っても過言ではないのが、おがわです。創業昭和23年(1948年)で今年75周年というこのお店では、静岡名物の黒はんぺんやなると(お雑煮に入れるのとは違います)、しのだまきなどの練り物、大根、じゃがいも、たまご、手巻きの糸こんにゃくなど様々な具が、創業以来継ぎ足されているスープで煮込まれています。鰹節粉をたっぷりかけて食べれば天国!

ogawa.jpg

 お店に入ったら、まず食べるおでんを選んでよそってもらいます。お皿を持って席に着いて食べます。串の数でお会計をしてもらいますが、たまごと糸こんにゃくは値段が違いますが、ビールを飲んだとしてもびっくりするほどお手頃!

 そして、おがわでは通年オリジナル・シロップのかき氷も食べられます。

※写真はお店のHPから拝借しました。

⇒特集「eLPop今年のお気に入り!2023年」メインに戻る

posted by eLPop at 19:34 | 高橋めぐみのSOY PECADORA

復刻版 ラフカディオ・ハーンのクレオール料理読本

2023.10.25

読んだ本:
復刻版 ラフカディオ・ハーンのクレオール料理読本(1998年に最初の翻訳書が阪急コミュニケーションズから出版され、2017に復刻された。 元の書籍の出版年は1885年)
著者:ラフカディオ・ハーン
訳者:鈴木あかね
監修:河島弘美
CCC Media House

71Bt9-IeTNL._SL1500_.jpg
http://books.cccmh.co.jp/list/detail/2028/

 ラフカディオ・ハーンが『怪談』などで有名な小泉八雲であることをご存じない方もいるかもしれません。ラフカディオ・ハーン(1850-1904)は、ギリシャのレフカダ島にアイルランド人の父とギリシャ人の母の間に生まれ、後にダブリン、ロンドンなどで教育を受け、米国に渡り新聞記者になります。その後は、最終的に日本に落ち着くまで様々な地を転々とします。その人生だけでも、充分に万華鏡のような華やかさと禍々しさに彩られていますが、紀行文作家、小説家、日本研究家としての業績には、目を見張るものがあります。その著作を偏愛する者としては、「日本に来てくれて本当にありがとう」と言いたいです。

 さて、本書はそんなハーンが、ルイジアナ州ニューオリンズに暮らした10年ほどの間に著した唯一の料理本です。料理好きでレストランをやったこともあるハーンですから、抄訳である本書にも400に及ぶレシピが載っています。さらにハーン自身の達者なイランスト付きです。

 今でも電子書籍なら購入できる、名著『アメリカの食卓』(1982)などで知られている随筆家の本間千枝子が、この本の原著を苦労して手に入れたというエピソードを語っているそうです。本間千枝子はアメリカの料理がハンバーガーとホットドッグだけでなく、それぞれのルーツの食文化を込めた個性的なものであることを知らしめた人です。そんな研究者とも言える人が探したのなら、この本は、100年以上前のニューオリンズのクレオール料理レシピが満載の料理好き必読の書のように思えますが、あにはからんや、ハーン自ら「新米主婦向け」と書いているのです。では、新米主婦でも簡単にできるような、且つ貴重な美味しいレシピを網羅した実践的な本なのでしょうか。

 先に種明かしをしてしまえば、全くそうではありません!確かに作れそうなものがないわけではありませんが、およそ「経済的であると同時に単純」ではないし、レシピの量がとんでもなく多いし、ものすごい数の牡蠣を用意したり、亀をさばくのはほぼ不可能(笑)。

 読み進めてみて、はたと気づいたのは「待てよ。これは真面目なレシピ本であると同時に、小説や説話集のようなものなのではないか?」ということでした。随所にブラックな笑いが潜んでいるし、ふざけていることが確信できる箇所もあります。

 つまり、めちゃくちゃ面白い読み物でなのです。料理が完成するかどうかの保証は出来ませんが(汗)。
posted by eLPop at 17:11 | 高橋めぐみのSOY PECADORA

欧米の隅々 市河晴子紀行文集、7ボックス

2023.08.03


読んだ本:
欧米の隅々 市河晴子紀行文集(2021 元の書籍の執筆は主に1930年代)
編者:高遠弘美
素粒社

81rNbcikHXL.jpg

https://soryusha.co.jp/books/009_obeinosumizumi_910413082/

 わたしはただただ圧倒されています。この市河晴子という人に。

 先に言ってしまうと晴子はかの渋沢栄一の孫(母が娘の歌子)で、1986年に生まれ1943年に亡くなっています。東京女子高等師範学校(現・お茶の水女子大学)卒業後、19歳で10歳年上の英語学者の市河三喜(日本人初の東京帝国大学英文科教授)と結婚します。

 個人的には、渋沢栄一にあまり興味はないものの、その孫の渋沢敬三が自宅に「アチック・ミューゼアム(屋根裏博物館)」を開設し、多くの民俗学者を育て、岡正雄、宮本常一、網野善彦らに援助を惜しまなかったこと、さらにそのコレクションは、現在吹田の国立民族学博物館の収蔵資料となっていることは知っていました。

 渋沢栄一は、ウィキペディアに曽孫から先の玄孫(やしゃご)、来孫(らいそん)まで記述があり、日本の中枢に大勢の子孫を送り込んでいるので、まさに渋沢一族恐るべしではありますが、とりあえず晴子と敬三が生まれてくれたことは喜ばしいです。

 この本の主な部分は、第二次世界大戦が勃発する10年前の1931年に、夫の欧米諸国視察の旅に同行した際の紀行文です。日本女性が見た欧米というその内容の新鮮さから、発表当時にも大きな反響があり、なんとイギリスとアメリカでも出版されたというのは驚きです。

 市河晴子のすごいところは、とにかく博覧強記、とてつもない教養の持ち主で且つ好奇心が強く、興味を持ったらどんどん入り込んで行くような行動力です。そして、今で言うところのフェミニズム的な考え方の人でもあり、物事を公平に見ています。その文章は時にユーモラスで、時に辛辣に船旅やヨーロッパの国々を縦横無尽に駆け巡ります。100年近くも前のことなのに、少しも古びたところがなく、読む者の旅心を刺激します。

 もちろん、当時の日本でこのような境遇にあるというのは、ごくごく一部の恵まれた人々だけであり、彼女もそのひとりであったことは言うまでもありません。しかし、彼女がその類い希なる資質とこの文章力を持たない、ただの富豪の令嬢であったら、この本を今読むことは出来ませんでした。そこが一番肝心なところです。

 引用したい文章が盛りだくさん過ぎて困るものの、やはりわたしはこの「スペインに入る」の冒頭を記しておきます。

「黒ビロードの上に、ルビーをばらまいてスペインを想え。鑢紙の上に鮑貝を伏せてスペインを想え。荒涼と絢爛との卍に入り乱れた国。光と影、寒暑、貧富、愛憎、全ての物が偏在してその極端から極端へと飛び移る国。ほどのよいとかほんのりとか中庸などという生温い味は、ただしめっぽい国に、黴と共にのみ存在を許させる」

 常に現実的で実際的な晴子の文章にしては、やや詩的なのですが、非情に的確にスペインという国を表しています。
 
 長生きしてくれたら、戦後も様々な物を見聞きして素晴らしい文章を遺してくれたであろう市河晴子は、たったの46歳でその生涯を閉じてしまいます。その経緯を知ったとき、わたしは唖然として悲しさと悔しさを押さえることが出来ず、ひとり大声で「ええええ〜〜〜」と絶叫しました。

 この本の元となったほぼ忘れられていた晴子の本を、編者でフランス文学者の高遠弘美氏が、2006年に神保町の古書店で偶然手に取るエピソードも、鳥肌が立つようなすごい話なので、「はじめに」と「解説」もお読みください。


観た映画:
7ボックス(原題:7 Cajas)2012 パラグアイ
監督:フアン・カルロス・マネグリア(Juan Carlos Maneglia)、タナ・シェンボリ(Tana Schémbori)
出演:セルソ・フランコ(Celso Franco)、ラリ・ゴンサーレス(Lali Gonzalez)

7cajas.jpg

https://www.imdb.com/title/tt2333598/

Amazon Prime Videoで視聴可能

 映画産業はあまり盛んではないといわれている南米パラグアイの映画です。本作は、スペインのサン・セバスティアン国際映画祭のコンペティション作品として出品され、Cine en Construcción賞を受賞しました。2012年に公開されるやいなや、それまで一位だった『タイタニック』を超えて、パラグアイの映画興行成績を塗り替え、批評家だけでなく一般の観客からも強い支持を得ました。

 物語はごくシンプルですが、侮れないスピード感と面白さに満ちていて最後まで一気に観てしまいます。

 時は2005年、首都アスシンオンの有名なメルカド4(市場4)で、粗末なネコ台車で運搬の仕事をしている17歳のビクトルは、ライバルのネストルがある理由で遅刻したために、7つの箱を運ぶ仕事を得ます。運び賃は破格の100米ドルですが、半分に裂いた100ドル札の片方を渡され、無事配達が終わったら残りを渡すと言われます。その時点で、めちゃくちゃうさんくさい。

 カメラ付きの携帯電話がほしくてたまらないビクトルは、とにかく箱を送り届けようとするのですが、仕事を取り戻そうとネストルが組織した荒くれ運び屋集団や、完全に犯罪者の依頼主周辺、そして少々ぼんくらな警察が要り乱れて大混乱となります。そもそも、箱には何が入っているのか?物は途中でわかりますが、理由は不明のまま追跡劇は続きます。

 果たしてビクトルは箱を届けて、携帯電話が買えるのか!?

 ビクトルを助けたり邪魔したりするリズ(演じるラリ・ゴンサーレスは今や大スター)、ビクトルの姉のタマラ、そのタマラに気があるので必然的に活躍してしまう韓国系青年のジム、最後の方にちょっとだけ出てくるトランス女性(演じるベト・アラヤはパラグアイを代表するダンサー)など魅力的な出演者と、超弩級の面構えの悪役の皆さんとの対比もすごくて飽きません。

posted by eLPop at 13:48 | 高橋めぐみのSOY PECADORA