Top > 高橋めぐみのSOY PECADORA
INDEX - 目次
目次
【こういう人が日本にもいるんです〜スペイン語と映画に生きるLa Doña Setsu】
【ペドロ・アルモドバルの映画と音楽】
【世紀の大傑作小説「2666」の著者、ロベルト・ボラーニョと音楽】
【私はいかにしてラテンにハマったのか?】

スペイン映画界の名匠カルロス・サウラ監督の遺作、2作品

2024.05.30

お勧め映画:
『情熱の王国(EL REY DE TODO EL MUNDO)』2021年 劇映画の遺作
監督:カルロス・サウラ(Carlos Saura)
撮影:ヴィットリオ・ストラーロ(Vittorio Straro)
配給元:Action Inc.
http://www.action-inc.co.jp/saura/#
公開:2024年6月1日 渋谷ユーロスペース 全国順次公開
http://www.eurospace.co.jp/
※同時上映『壁は語る(WALLS CAN TALK)』2022年 ドキュメンタリ映画の遺作
elreydel.jpeg
kabe.jpg
 名匠カルロス・サウラ監督が、2023年2月10日に91歳で亡くなりました。その遺作である劇映画『情熱の王国』とドキュメンタリ映画『壁は語る』が、配給元のAction Inc.のプロジェクト「VIVA SAURA!」で、2本一挙にという贅沢な形で公開されます。

 その生涯で多くの劇映画やドキュメンタリ作品を発表してきたサウラ監督ですが、日本で最初に公開された映画は『カルメン』(1983年)でした。メリメの原作小説とビゼーのオペラをベースに、主役も務めたバイラオール(フラメンコダンサー)のアントニオ・ガデスとタッグを組んだ傑作です。むせかえるような濃厚なフラメンコのダンスと音楽に彩られていて、パコ・デ・ルシアが音楽を担当し、自身もギタリストのパコ役で出演しています。続いて公開されたのは、『血の婚礼』(1981年、日本公開は1985年)で、フェデリコ・ガルシア・ロルカが実際に起きた事件を元に執筆したといわれている戯曲を、『カルメン』に先駆けて、アントニオ・ガデスが演目としていた作品を見事に映画化しました。その後、先頃新作の『瞳をとじて』が公開されたビクトル・エリセ監督の『ミツバチのささやき』(1972年)で注目されたアナ・トレントを主役に据えた『カラスの飼育』(1975年、日本公開は1987年)も公開されました。
 しかしながら、日本における最近の公開数は満足のいくものではなく、今回の2作の公開もAction Inc.代表の比嘉氏が「きっと、日本で公開されるに違いない!という思惑が外れ、ならば、せめて追悼のために公開せねば、と思った」ことがきっかけとなったのでした。

 『情熱の王国』は、ミュージカルを作り上げるためのミュージカルといった趣向の作品で、とにかくダンスシーンが圧倒的です。舞台はメキシコのグアダラハラで、演出家マヌエルが元妻の女優で振付師サラに協力を頼みます。舞台を作り上げるために若いダンサーのオーディションが始まり、才能あるイネスを核に、彼女を巡る甲乙付けがたい魅力的な若者ふたりなど、磨き上げられた美しい肉体が躍動する群舞シーンは圧巻です。さらに、イネスの父親のエピソードも絡み、物語はフィナーレに向かいます。撮影当時79歳だった、『暗殺の森』などのベルトリッチの諸作や『地獄の黙示録』を撮影しているヴィットリオ・ストラーロの見事なカメラワークも注目です。
 さらに、特筆すべきは音楽です。映画の原題の『EL REY DE TODO EL MUNDO』は、メキシコを代表するシンガー・ソングライターのクコ・サンチェスのランチェーラの名曲「Fallaste Carazón」の歌詞から取られています。メキシコの歌う映画スター、ペドロ・インファンテが映画『La Vida No Vale Nada』(1955)の中で、酔っ払い演技でこの曲を歌うシーンが有名です。さらには、リラ・ダウンズの「La cumbia del mole」、ペレス・プラードの「Mambo No.5」、チャベーラ・バルガスの「No volveré」などが効果的に使われています。
 サウンド・トラックは、若手のスペイン人音楽家アルフォンソ・ゴンサーレス・アギラールとメキシコのカルロス・リベラ・ゲーラが担当しています。オリジナル曲も素晴らしく、アルバムがほしくなりますよ。

 『壁は語る』はサウラ監督自ら出演し、アルタミラ洞窟から現代のグラフィティまで、芸術家のみならず、著名な思想家やグラフィティ・アーティストと交流し、旅し、壁と芸術の関係を探る作品です。
 
 いずれも映像美が決め手ですので、ぜひ劇場でご覧いただきたい作品です!
posted by eLPop at 18:23 | 高橋めぐみのSOY PECADORA

お勧め映画『革命する大地』4/27〜公開中

2024.04.29

お勧め映画:『革命する大地(La revolución y la tierra)』2019年
監督:ゴンサロ・ベナベンテ・セコ(Gonzalo Benavente Secco)
配給元:ブエナワイカ
https://www.buenawayka.info/re-tierra
公開:2024年4月27日 新宿K's cinema 他各地で順次公開
https://www.ks-cinema.com/movie/la-revolucion/
IMG_0585.jpeg
 カリブ中南米の「革命」といえば、まず思い浮かぶのはメキシコ革命(1910-1917)とキューバ革命(1959年)でしょうか。キューバ革命「成功」の衝撃はわたしたちの想像をはるかに超えたものだったのです。それは時代を超えて今も人々の間に根強く残っています。
 本作はペルーで起きた「革命」を既存の映画やニュースフィルムを元に、主要な関係者に取材したドキュメンタリです。ある程度、ペルーの歴史を知っている人でも驚きの連続は必至でしょう。多少なりともペルーに関わってきたわたしもまったく知らなかった歴史を改めて知ることが出来ました。
 1968年、フアン・ベラスコ・アルバラード将軍による軍部革命政府が樹立され、ペルー革命が推し進められることになります。その最大の政策は、翌1969年に公布される農地改革法です。アシエンダ制度に代表される植民者による大規模農園の経営は、労働力としての先住民や農民たちに過酷な条件での労役を強いるものでした。当然ながら土地と市民権を巡る闘争が起きました。そんな社会闘争のさなかの農地改革法は、その社会に大きな変革もたらします。ちなみにメキシコ革命もキューバ革命も政策の主軸のひとつは農地改革でした。
 先住民を半奴隷状態から解放したといえるベラスコ大統領は英雄にしか見えません。しかし、ベラスコが志し半ばで亡くなり、農地改革後のペルーはテロによる激しい暴力の時代を経ていきます。そのため、ベラスコは地主寡頭制の解体、崩壊に導いた独裁者という見方もあります。
 そして、その評価の結論は未だ出ていません。

 しばらく前にリマを訪問した際に、ピサロ(インカ帝国を征服した軍人)の副官の邸宅を訪問しました。16世紀から続くという大金持ちの大邸宅で一部が公開されているのですが、他の部分は現在も一族の住居として使われているそうです。中にはその一族の現在の集合写真が飾られていました。それは開いた口がふさがらないほどの、スペイン系にすら見えないヨーロッパ系の人のみの一族で、そのときの嫌な気持ちをこの映画を観て強く思い出しました。
 歴史を解説する形でモザイクのように散りばめられた映画の断片と農民指導者、社会学者、映画監督、元大統領、作家、起業家などの生の声が織りなす饒舌なドキュメンタリは、どちらかの立場ではなく多角的な視点で観てほしい傑作です。
 時代を捉えた音楽も素晴らしいということを付け加えておきます。
posted by eLPop at 16:08 | 高橋めぐみのSOY PECADORA

美食の街を訪ねて スペイン&フランスバスク旅へ 最新版

2024.02.29

バスクに行くなら必携!
guiapaisbasco.jpg
お勧めガイドブック:『美食の街を訪ねて スペイン&フランスバスク旅へ 最新版(旅のヒントBOOK)』2024年2月21日発売
著者:金栗 里香
発売元:イカロス出版

 思わず「バスクに行くなら必携!」と書いてしまいましたが、おいしいものに興味のある方なら、どなたでも興味津々な内容の決定版ガイドブックが最新版として帰って来ました。2019年の第一弾も目を見張る内容でしたが、最新版はなんといっても最新ですから、しばらく彼の地を訪れていない身としては「ええ〜!行きたいよ〜」と絶叫してしまうことになりました。

 スペインとフランスにまたがり、あこがれの美食の地の名をほしいままにしているバスク地方。実際に訪れればその真価が文字通り味わえるのですが、まずはこの本で予習しましょう。
 バルの利用方法から外せないピンチョス&バスク料理、独自の微発砲白ワインのチャコリやリンゴ酒シドラなどの飲みものや伝統のスイーツを紹介してくれているので、初めての方も安心です。スペインバスクの美食の中心地でバル巡りが楽しいサン・セバスティアン、炭火焼きで有名なゲタリア、こぢんまりとしたグルメの町オンダリビア、美しい都市ビルバオの4つの町が取り上げられています。全部素晴らしいのは言うまでもありませんが、個人的にはのんびり散策できて、古城をリストアした国営ホテルのパラドールもあり、気の利いたお土産も手に入るオンダリビアがお勧めです。
 フランスバスクの方は、まさにオリジナルのエスパドリーユや伝統布のバスクリネン、マカロンの元祖など、素敵なお買い物が楽しめるショッピング・エリアやフランスバスクならではのおしゃれな雰囲気の町や村が紹介されています。トウガラシの村、エスプレットで買えるさまざまな調合の調味料は本当においしいですよ。
 ガイドブックに必要な地図や旅のヒント、そして実際に著者が撮影した写真が満載です。

 実は個人的な友人でもある著者の金栗さんは、すでに30年以上バスクに在住しています。彼女は確かな味覚と感覚の持ち主なので、その情報は全面的に信用できます!実はそこはとても大切な部分で、おいしいものに興味がなくても「名物」や「名店」だけを載せてガイドブックを書くことは可能ですが、本当に味わった人にしか書けない文章かどうかはわかってしまうものです。
 どの町に行くか悩みながら、この本を手にぜひバスクに行ってくださいね!
タグ:美食 バスク
posted by eLPop at 17:38 | 高橋めぐみのSOY PECADORA

映画『瞳をとじて』

2024.02.27

観た映画:
瞳をとじて(原題:Cerrar los ojos)2023 スペイン/アルゼンチン
監督:ビクトル・エリセ(Víctor Erice)
出演:マノロ・ソロ(Manolo Solo)、ホセ・コロナド(José Coronado)、アナ・トレント(Ana Torrent)
https://gaga.ne.jp/close-your-eyes/
2024年2月9日封切り

00ba3575fbc5cf55.jpg

 31年ぶりの長編作品ということで、話題にならないわけはありません。なんといってもあの『ミツバチのささやき El espíritu de la colmena (1973年)』と『エル・スール El sur (1982年)』のビクトル・エリセの新作なのですから。

 もう 先に言ってしまうと、深く心に残る何度でも観たくなる作品です。映画に対する愛情と文学に対する愛情が散りばめられていて、「あ、これは、もしかしたら」と気づけば鑑賞の喜びがいや増します。(わからなくても鑑賞に支障はありませんのでご安心を)

 監督は31年間何もしていなかったわけではなく、短編やいくつかのプロジェクトに参加しているので、自分の好きなように好きな作品を撮れるまで時間が必要だったのかもしれません。人が生きるということはどういうことなのかを教えてもらったような気がしました。

 物語はまず10分ぐらいの映画内映画『別れの眼差し La mirada del adiós』の冒頭と思われるシーンが紹介されて、その未完の映画の監督であったミゲル・ガライ(マノロ・ソロ)がテレビ番組の取材を受けているという流れになります。映画の主演の二枚目俳優フリオ・アレナス(ホセ・コロナド)は、撮影中に失跡して、その後22年間行方がわからず、生死も不明です。テレビ局の助けも借りてミゲルは必然的にフリオを探すことになります。

日本では「宣伝上重要」なせいかフリオの娘をアナ・トレントが演じていることが、盛んに宣伝されていますが、騒ぐほどのことではありません。(中年になった彼女のことを「老けたな〜」なんて言っている人がいますが、無礼きわまりない!)個人的には、ミゲルのかつての仕事仲間でフィルムの編集者で完璧な映画オタクのマックス(Mario Pardo)が最高です。私はこういう人が本当にに好きです。

 フリオの足跡を追ううちに様々な過去と出会い、やがてその彼の行方を知るミゲル。マノロ・ソロの自然な演技が本当に素晴らしいです。海辺の村でのんびり暮らすミゲルも決して平穏な人生を歩んできたわけではなく、今の暮らしも実は安泰ではありません。

 フリオはなぜ失跡したのでしょうか。彼は生きているのでしょうか。

 ラストで冒頭の『別れの眼差し』のラストシーンと思われる映像が流され、美しい余韻を残します。こちらの映画も観たい!と思った人は多いはずです。
 
※柳原孝敦氏がご自身のエリセ監督との関わりも含め、ブログ「CRIOLLÍSIMO」で優れた考察をアップされていますので、そちらもご参照ください。

スクリーンショット 2024-02-27 130717.png
http://criollisimo-cafecriollo.blogspot.com/2024/01/1.html


⇒目次に戻る

posted by eLPop at 22:38 | 高橋めぐみのSOY PECADORA

eLPop今年のお気に入り!2023年/静岡のおいしいお店紹介

2023.12.30

 今回は読んだものでも観たものでもなく、とびきりの飲食店をご紹介します。東京から新幹線で1時間ちょっとで着く静岡から3軒紹介いたします。

【GOXUA】何を食べても美味しいパティスリー。
お店の情報:http://goxua.info/



 先日、来日したスペイン、バスク地方の方々が「日本の人はバスクがどこにあるか知らなくても、バスクのチーズケーキのことは知っている」と驚いていたという話を聞きました。バスチーなどと省略されてすっかり定着した感のあるバスク・チーズケーキですが、本当においしいものにはなかなか出会えないのが正直なところ。その発祥と言われるサン・セバスティアンのLa Viña(ラ・ビーニャ)の店主は、とても気さくな人で門外不出どころか、わたしにもレシピ入りのDVDをくれました。だからチーズケーキは「秘伝のレシピ」などではありません。

goxua2.jpg

 しかし、おいしく作れるかどうかは別問題。まず、このGOXUA(ゴシュア)のチーズケーキを食べてみてください。わたしなんぞは思わず「La Viñaよりおいしいかも!」と言ってしまいました。パティシエールのYさんは、惜しまれつつ閉店してしまったバスク料理レストラン「ラス・タパス」で働いていた凄腕です。店頭のケーキや焼き菓子、キッシュは、すべて厳選された材料を用いて丁寧に作られています。ラス・タパス仕込みの総菜も並ぶことがあるので、もし見かけたら、絶対買うべし!

goxua_beret.jpg

※ケーキの写真はお店のHPから拝借しました。


【simples】静岡の豊かな食材を縦横無尽に使って生み出す料理の数々。
お店の情報: https://www.simples.world/

 今年、葵区の馬場町から、丸子に移転したシンプルズは、凡人には表現できない素晴らしいお料理を堪能させてくれます。特にお魚好きにはたまらないお店。様々なメディアで取り上げられている、最高の目利きサスエ前田魚店の厳選された魚介を、最高の技術で仕上げてくれます。

simples.jpeg

 イタリアンとフレンチをベースとしながらも、Iシェフの作り出すお料理は「何をどうしたらこうなるの?」と驚いてしまうものばかりです。かといって奇をてらうようなことはなく、美しくおいしいお料理です。ワインもソムリエがペアリングしてくれますし、オリジナルのソフト・ドリンクもお勧めです。以前のお店の時に、一緒に行った友人たちがみんな「これは〜」と、漫画の美味しんぼのような解説をしたくなってしまい爆笑したことがあります。

 現在のお店がある丸子の泉ヶ谷には、様々な工芸体験が出来る匠宿という施設や、シンプルズでの朝夕の食事がセットになっていて、プライベート・サウナのある和楽という贅沢なお宿もあります。
 メニューはコースのみなので、必ず予約をして挑んでください!


【おがわ】静岡おでんの名店中の名店。
お店の情報:https://j-gourmet.jp/ogawa/

 静岡おでんは、このお店から始まったと言っても過言ではないのが、おがわです。創業昭和23年(1948年)で今年75周年というこのお店では、静岡名物の黒はんぺんやなると(お雑煮に入れるのとは違います)、しのだまきなどの練り物、大根、じゃがいも、たまご、手巻きの糸こんにゃくなど様々な具が、創業以来継ぎ足されているスープで煮込まれています。鰹節粉をたっぷりかけて食べれば天国!

ogawa.jpg

 お店に入ったら、まず食べるおでんを選んでよそってもらいます。お皿を持って席に着いて食べます。串の数でお会計をしてもらいますが、たまごと糸こんにゃくは値段が違いますが、ビールを飲んだとしてもびっくりするほどお手頃!

 そして、おがわでは通年オリジナル・シロップのかき氷も食べられます。

※写真はお店のHPから拝借しました。

⇒特集「eLPop今年のお気に入り!2023年」メインに戻る

posted by eLPop at 19:34 | 高橋めぐみのSOY PECADORA