Top > 水口良樹のペルー四方山がたり
  ♪ おしながき ♪ さあ、ペルーの四方山がたりを始めよう。 2014.02.23 私はいかにしてラテンにハマったのか?水口良樹の場合 2014.02.14 パノラマ★ペルー音楽:ペルー音楽いろはのい 2014.02.24 映画「SIGO SIENDO(カチカニラクミ)」を巡る徒然 @イントロダクションとアマゾン編 2015.11.23 Aチンチャ/エル・カルメン〜アヤクーチョ編 2015.11.30 Bリマ/ムシカ・クリオーヤ編 2016.12.05 アフロペルー音楽の打楽器 @カホン・ペルアノの歴史 2015.02.17 「エル・プレベジョ」をめぐる物語 2014.12.31 セントロ・コスコ・デ・アルテ・ナティーボの偉大な足跡 2014.11.25 ペルーのルチャ・レジェス 2014.10.31 路上の音楽:ペルーに生きる物売り歌プレゴン 2014.10.03 ペルーにエモリエンテを飲みに行け! 2014.08.14 複数形の「トロマタ」 2014.08.01 バリチャによせて 2014.06.02 知られざる「コンドルは飛んでいく」 2014.05.06 追悼:オスカル・アビレス「ラ・プリメラ・ギターラ・デル・ペルー」 2014.04.09 ペルーで活躍する日系人音楽家たちの肖像 (1)序章:遥かペルーの大地に生きた日本人たち 2014.03.15 (2)作曲家ルイス・アベラルド・タカハシ・ヌニェス 2014.03.16 (3)歌手プリンセシータ・デ・ユンガイ:アンヘリカ・ハラダ・バスケス 2014.04.14 (4)歌手セサル・イチカワとロス・ドルトンスの栄光 2014.07.08 さよなら、ペペ・バスケス 2014.03.30 独自の進化を突き進むマリネラ・ノルテーニャの舞踊 2014.03.17 ペルー・アンデス・フュージョンの可能性 (1)チチャ 2014.03.02 (2)アンデス・フュージョン・ロック 2014.03.06 (3)アンデス音楽からの応答 2014.03.10 ラテン音楽Webマガジン"eLPop" キックオフ・パーティ◆紹介曲 2014.02.23 水口良樹の「eL Pop Party in 静岡」でかけた曲 2015.07.05 ラテンアメリカ探訪「ペルーのロックを聴いてみよう」でかけた曲 2015.08.09 eL Pop Party 静岡vol.2で水口のかけた曲 2016.08.17 プトゥトゥ 2014.02.13

イルマ・オスノ「タキ −アヤクーチョ−」インタビュー その4

2017.08.28

IMG_5509.JPG
少し時間が空いてしまいましたが、いよいよインタビューの最終回になります。
この回では、アンデス世界でもっとも演奏されている音楽ワイノとはどのような音楽であるのかをイルマさんに語っていただき、アルバムにも収録されている孤児の歌をめぐるエピソードなどを聴きながら豊かなケチュア語歌謡が描き出す世界について、少しだけ分け入っております。
また、9月9日には下北沢の音倉にてアルバム発売記念ライブが開催されます!みなさんのお越しをお待ちしております! (詳細はこちら)

これまでのインタビューはこちら
(その1 その2 その3

続きを読む
posted by eLPop at 17:30 | 水口良樹のペルー四方山がたり

イルマ・オスノ「タキ −アヤクーチョ−」インタビュー その3

2017.08.22

irmaosno_bw.jpg
(チンリリを弾くイルマ・オスノ)

2017年6月に出たイルマ・オスノの「タキ −アヤクーチョ−」。
その3では、彼女がこのアルバムで使われている楽器について語ります。また楽器自身が持つ聖なる力についてや、それらをめぐる禁忌についても語られます。
(その1 その2 はこちら)
続きを読む
posted by eLPop at 14:30 | 水口良樹のペルー四方山がたり

イルマ・オスノ「タキ −アヤクーチョ−」インタビュー その2

2017.08.20

IMG_5511.JPG
2017年6月に発表されたイルマ・オスノのアルバム「タキ −アヤクーチョ−」。彼女の素晴らしい歌声とそこで歌われるアンデス的世界観は、日本で一般的にイメージされるアンデス音楽からは遠くかけ離れた音楽だ。それでいて、まさに「魔術的な」魅力をもってして聴く人を虜にする力を持っている。
そんなイルマさんに時間をとっていただいて行ったインタビュー、第二弾です。
(その1はこちら)

続きを読む
posted by eLPop at 01:46 | 水口良樹のペルー四方山がたり

イルマ・オスノ「タキ −アヤクーチョ−」インタビュー その1

2017.08.19

Irma TAKI.jpg
 これまでにも笹久保伸との共作「アヤクーチョの雨」で素晴らしい歌声を聴かせてくれた在日ペルー人歌手、イルマ・オスノが日本初のソロ・アルバムを制作した。その機会に改めて彼女にゆっくりインタビューをする機会を得たので、出来る限り編集しない形で紹介したいと思う。



 ペルーのアンデス南部、アヤクーチョ県の僻地ともいえる集落ウァルカスでケチュア語話者として育ったイルマは、いわゆる都市的なアンデス音楽とはまったく異なる農村部の先住民的アンデス音楽世界を自らの音楽として生きてきた。日本ではほとんど聴く機会さえないこの先住民的アンデス音楽は、ともすれば単なる民族音楽として一部のマニアの消費されて終わるものである。しかしイルマが日本に拠点を移し、日本で作ったこのアルバムは、こうした民族音楽の枠組みを軽々と踏み越え、大きな衝撃とともに日本のリスナーに受け止められたのではないだろうか。
 インタビューをさせていただいてからかなり遅くなってしまったが、彼女が語るアルバムへの思いやアヤクーチョの先住民音楽の音楽的背景や世界観などを紹介できればと思う。
(インタビュー:2017年6月13日)



続きを読む
posted by eLPop at 21:28 | 水口良樹のペルー四方山がたり

東京公演直前予習 マヌエル・ドナイレのプロフィールとコメント

2017.01.03

15873155_10209176665951927_5053229251914662762_n.jpg
 この年末年始にかけて、ムシカ・クリオーヤの大スターの一人であるマヌエル・ドナイレが来日している。来日が決まってすぐのツアー開始で、告知やツアー会場の決定も非常にばたばたと決まっていった感じであった。すでに12月30日の鈴鹿から日本ツアーは始まっており、中にはもう見に行かれた方もいることだろう。東京、下北沢で予定されている1月6日の日本人向けのコンサートを前に彼からコメントを頂いたので、彼のバイオグラフィーとともに紹介したいと思う。
(上記写真はビクトル・グスクマさん撮影:2017.01.01 Lima de Antaño)


続きを読む
posted by eLPop at 22:53 | 水口良樹のペルー四方山がたり