Top > 宮田信のダンス・トゥ・マイ・マンボ

福生の片隅にあるリトル・ブラジル。

2014.06.16

東京周辺に南米料理店が開店し始めたのは80年代の後半から90年代前半。1990年入管法が改正されて、ブラジルやペルーからの日系移民のデカセギが急増。川崎や厚木にペルー・レストランがオープンし、徐々に関東平野全体にそんな店が点在していった。日系出稼ぎ社会への好奇心も手伝って月に一度ぐらいの割合でよく通った。確かインカ・コーラが200円。肉料理もその頃は安かった。日本のスタンダードが浸食していない店のムードに感動し、アルコイリス(今でも健在)などで一人はるかペルーへ想い馳せていたものだ。さらに、群馬の大泉にはディスコまで出来たという噂を聞きつけて、皆で押しかけたのも憶えている。とにかく、日本のなかに出来上がった南米の空間を味わいたかった。異国の地で「デカセギ」として働く彼らの労苦も知らないで、随分とお気楽な闖入者だったと、今では赤面する思いでもある。


あれから20数年。「デカセギ」という言葉もあまり聞かなくなった。状況は多々変わったのだろう。南米関連の食堂やお店も、随分と入れ替わりが激しい。また今では日本人相手に地元に根付いたところも出てきている。しかし、全体で見れば随分と数は減ってしまったように思える。ということで、もう一度、関東平野に広がる南米の拠点をゆっくりと訪ねてみようかと思う。しかも、なるべく自転車で。早速、東京は福生にあるブラジル料理店を訪ねてみた。名前は「南米食堂」!


DSC04315.JPG

自宅のある調布からは多摩川サイクリング・ロードで一時間と少々。快適な道が続きます。とはいえ歩行者優先なので、ゆっくりと。


DSC04319.JPG

福生が近づくと奥多摩の稜線が迫ってきます。この日は雨の後で水量も多く、水と緑と空のコントラストが何とも美しい。


DSC04350.JPG

 到着!青梅線牛浜駅の西側を出てすぐ右の路地。目印はブラジルの国旗。調布から25km。店内はカウンターだけですが、2階席もあるらしい。まだ開店間もないのに、俺たちが入ったら既に満員。


 DSC04337.JPG

まさに駆けつけ一杯。一杯だけで我慢。カイピリーニャなどももちろんあります。


DSC04341.JPG

基本はシュラスコです。店主お手製の窯で焼いてくれます。この日はランプ肉がなく、イチボを中心に鶏肉、ソーセージなど。フェジョアーダももちろんつけました。どれも美味い!


DSC04345.JPG
ポン・ジ・ケージョにユカ芋のフライ。写真撮り忘れましたが、鶏肉のコシーニャも美味しかったッス。


DSC04353.JPG

以前は国道16号線沿いで食材屋さんも兼ねたお店でした。ブラジル人の店主曰く、昔沢山いたブラジル人も随分と減ってしまい最近ではペルー人の方が多いそうです。でも地元の方に愛されているようで、この日も日本人で満員が続いていました。福生の片隅に咲いたリトル・ブラジル。都心に比べると破格の安さだし、カウンター越しに店主とのコミュニケーションも楽しい。お近くの方はぜひ行ってみてください。そういえば、牛浜駅の次、福生駅にはペルー系の食堂が数店あったけど、今はどうなったんだろう。近日中に、またチャリで探しに行ってみよう。ではでは。


南米食堂

福生市牛浜99-12
電話:080-9425-0141

LOWRIDAZ最新号に新しいシリーズ記事を始めました!

2014.06.12

『LOWRIDAZ 』NEW ISSUE featuring photos by Rafael Cardenas & Shireen Alihaji!

最新号でイーストLAを拠点にする女性自転車集団などの写真ページをまとめました。ロサンゼルスのラテンサイドをレポートする記事7Pです。大好評のアートページは現地でも紹介されたNiGHTさんの作品登場です!さらに、ロサンゼルスの生活応援歌、バンダ、そして若者の間で流行するクンビアの話を私がエッセイとしてまとめました。ぜひご購読ください。ブログには超かっこいい(!)未公開カットも紹介しています。

20140609_1175387.jpg

詳細はこちらをクリック ↓
BARRIO GOLD RECORDS


 

南米チリの重要アーティスト、アナ・ティジュ リリースリスニング・パーティ開催!

2014.03.05

南米を代表する最重要女性ヒップホップ・アーティスト、アナ・ティジュ。
アンデス・フォルクローレの生演奏までちりばめた最新作『VENGO』は話題必至です。
日本では世界に先駆けて今週末にCDが発売されます。明後日には、下北沢でリリース・パーティもあります。

興味深いのは、ロサンゼルスのチカーノたちもこの新作に大騒ぎなこと。イーストLAのコレクティヴ・スペース、ESPACIOでは、日本と同じように今週リスニング・パーティが開かれます。

南米の誇り、ヒップホップの魂、先鋭的な高い音楽性・・・最新作は世界中で大きな話題になりそうです。
音試聴⇒ http://www.m-camp.net/#vengo

ANA TIJOUX "VENGO" RELEASE PARTY!
3月7日(金)17:00〜23;00@下北沢nifunifa
party3.jpg
ぜひ皆さん、遊びに来てください。

2.21選曲リスト

2014.02.24

@オアハカ「サンチョ・イズ・マイ・ネーム」
この曲は80年代に現地のラジオでかかっているのを知ってからずっと探していました。アーティスト名も曲名も不明だったのですが、数年前にそのラジオ番組のスタッフと偶然知り合い、新品のシングル盤を弊社がリリースしたマロのCD4枚と交換してゲット。入手までに27年。誰にも教えたくないけど、つい自慢してしまう一枚。レイドバックしたスローなラテン・ビートにのせて「俺の名前はサンチョ」と英語で歌うフレーズに痺れまくり。不良のふりしているけど、実にポリティカル且ポエティック。

Aラテン・ブリード「シ・ジョ・プディエラ」
DJやるときにいつもかけています。テキサスのサンアントニオで60年代後半から70年代まで大きな人気を獲得したテハーノ・グループ。これは、ソロ・シングルは何千ドルという値段がつくジミー・エドワードが歌ったノルテーニョとテキサス・ファンクの折衷ダンス・ナンバー。この世で最も好きな演奏のひとつ。89年にサンアントニオのレコード問屋でゲット。普段使いと保存用の2枚キープ!

Bアナ・ティジュ「ベンゴ」
チリを代表する女性MC。今回初めてアンデス・フォルクローレの演奏も混ぜた力作。久々にハートに突き刺さったヒップホップ。その衝撃はキッド・フロストの「ラ・ラサ」を聴いて以来かも。
アナ・ティジュ『ベンゴ』(3月9日発売)
越境しようとする音の強靭な波動にこそ、レベル・ミュージックとしての価値を問いたいです。言葉やイメージに騙されたら負け!

Chicano Batman on Bass Magazine Feb. 2014 issue

2014.02.13

miyata_140213_Bassmagazine.jpg

This morning we just received a new issue of "Bass Magazine".
This is great interview article about bass playing by Eduardo Arenas 
and music of Chicano Batman. Thanks to Daisuke Ito!
ボイルハイツで生まれ育ったギャングスタ・ヒップホップ好きだったエドゥアルドが、いかにしてベーシストとしてチカーノ・バットマンの音楽を奏でるようになったのか・・・素晴らしい記事です。ベース・マガジン、ぜひお買い求めください!
お待たせしました!エドゥアルドのインタビューがベース・マガジン2月号に掲載されました!カラー見開き2pです!

http://www.rittor-music.co.jp/magazine/bm/

Eduardo Arenas interview on Bass Magazine Japan!!!