Top > 岡本郁生のラテン横丁

<いーぐる連続公演・第560回「日本のラテン」>でかけた曲

2015.06.22

★2015年6月20日(土)<いーぐる連続公演・第560回「日本のラテン」>でかけた曲リスト

El Manisero/Don Azpiazu’s Orchestra 1930年5月録音
南京豆売り/鉄仮面     1930年(昭和5年)10月録音:1931年1月発売
ラ・クカラチャ/小林千代子   1934年(昭和9年)
おやおやルンバ/三益愛子    1939年(昭和14年)
夜来香/山口淑子    1949年(昭和24年)録音:1950年発売
ベサメ・ムーチョ/淡谷のり子 1952年(昭和27年)録音・発売
Besame Mucho/Los Tres Diamantes
Sin Ti/Trio Los Panchos
パパはマンボがお好き/高島忠夫、金色仮面  1955年(昭和30年)発売
チャチャチャは素晴らしい/江利チエミ
   (Milagros del Cha Cha Cha/Enrique Jorrin)1954〜5年?
ルンバ・ハポネサ/アイ・ジョージ     1955年?
Cerezo Rosa/Perez Prado
セレソ・ローサ/見砂直照と東京キューバン・ボーイズ  1955年
(マンボNo.8/有馬徹とノーチェ・クバーナ  『情熱のラテンビート』1967年)
お祭りマンボ/美空ひばり     1952年
お祭りマンボ/浜口庫之助とアフロクバーノ  1955年
さいざんすマンボ/トニー谷&宮城まり子   1950年代初頭?
東京ドドンパ娘/渡辺マリ     1961年
みどりちゃんのドドンパ/田代みどり+スカイライナー・アンサンブル 1961年
Magica Luna/Celia Cruz
月影のキューバ/クリスタルシスターズ 1960年? 
(コーヒールンバ/西田佐知子    1961年?)
(恋はクンビア/弘田三枝子   1965年)
南京豆売り/鶴岡雅義とトリオ・ロス・カバジェロス 1965年
小樽のひとよ/鶴岡雅義と東京ロマンチカ   1967年
コモエスタ赤坂/ロス・インディオス   1968年
夜の銀狐/斉条史朗    1969年?
(星のフラメンコ/西郷輝彦    1966年)
(恋のメキシカンロック/橋幸夫  1967年)  
(レッツゴーブガルー/バニーズ  1968年?)
レインボー・ラヴ/オルケスタ・デル・ソル 1981年
Touch The New York Pink/松岡直也   1982年
赤い鳥逃げた/中森明菜   1985年
ダブルブッキング/郷ひろみ(La Chica de Cuba/Philippe Lavil) 1989年
私はピアノ/オルケスタ・デ・ラ・ルス  1991年
カプセル/CHICA BOOM   1992年
ガンバッテヤンド/ディアマンテス   1993年
私の彼は雪だるま/アラスカバンド   1994年
ヨコスカ・マンボ/クレイジーケンバンド&野坂昭如 2001年(※オリジナル1974年)
(ロドリゲス兄弟/クレイジーケンバンド  2005年)
夜の銀狐/南加遊太郎

*()内は予定していたがかけなかった曲。

続きを読む
posted by eLPop at 01:36 | 岡本郁生のラテン横丁

アントニオ・サンチェス・インタビュー<後篇>

2015.04.25

さて、後篇は、記者会見のあと私が行ったインタビューの模様をご紹介します。ここでは主に彼自身のことについて訊いています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

――メキシコ育ちとのことですが、ジャズとの出会いは?

アントニオ・サンチェス(以下AS) メキシコで最初にやったのはロックだ。ロック・バンドをいくつかやって、そのあとフュージョン。そしてラテン・ジャズ。でも、1993年にボストンに行ってバークリー音大に入るまでは、そんなにジャズに入り込んでたわけじゃない。そこへ行って、トニー・ウィリアムズ、マックス・ローチ、ロイ・ヘインズ、マイルス・デイヴィス…と、とても重要な人々を知ったんだ。
続きを読む
posted by eLPop at 19:39 | 岡本郁生のラテン横丁

アントニオ・サンチェス・インタビュー<前篇>

2015.04.24

 今年のアカデミー賞で4部門を受賞した話題の映画「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」で音楽を担当したドラマーのアントニオ・サンチェスが、先日、自己のグループを率いて来日公演を行った。
 これに先立ち、4月13日に丸の内のコットンクラブにて、映画のプロモーションを兼ねた記者会見が開催された。当日はミュージシャンの菊地成孔氏による講演のあとサンチェスが登場。会場に映し出される映画の1シーンにあわせてドラム・ソロを演奏するというパフォーマンスがあり、その後、菊地氏が中心となってのインタビューとなった。
 ここで、このときの記者会見およびそのあと私が行ったインタビューの模様をご紹介したい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
菊地成孔(以下K)ある作品を称賛するために他の作品をいやしめることは非常に品位に欠けることであると承知のうえで申しあげますが、私は日本のすべてのジャズ・ドラマーに、今年のオスカー・ノミニーのうち「セッション」と「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」(以下「バードマン」)は必ず見るように呼びかけています。前者ではジャズドラムへの合衆国ひいては世界的な無理解を嘆いていただき、後者で、ジャズ・ドラマーという自分の職業の自信と誇りを取り戻し、大いなるイマジネーションを受けるように呼びかけています



続きを読む
posted by eLPop at 19:11 | 岡本郁生のラテン横丁

ラリー・ハーロウ・インタビューB(最終回)

2015.01.08

――オーケストラ・ハーロウと並行してアンバーグリスというロック・バンドをやっていましたよね。ロッド・スチュワートと一緒にツアーしてたんですか?

ロッド・スチュワート&ザ・フェイシズ、テン・イヤーズ・アフター、グレイトフル・デッド、ジミ・ヘンドリックス…。アンバーグリスは楽しかったね。ルイス・カーンもいたんだ。楽しかった(笑)



続きを読む
posted by eLPop at 19:58 | 岡本郁生のラテン横丁

ラリー・ハーロウ・インタビューA

2015.01.07

――60年代になってどう変わったんでしょうか?

60年代というのは革命のときだ。ビートルズ、ベトナム、ウッドストック、セックス、ドラッグ・・・そして音楽も変わった。

50年代後半は、♪1,2,3,…together,1,2,3… bailando cha cha cha…みたいなシンプルな歌詞、シンプルなコード、シンプルなアレンジの曲ばかりだったが、このころから、ヒューマニティ、戦争、プロテストなどを書くようになった。

歌詞もアレンジももっと良くなったし、演奏者ももっと良くなった。プエルトリコから、そしてキューバからの亡命者も来た。ファンも多くなった。われわれが演奏するところにはいつも200人の女の子が来ていた。そうすると、300人の男が来る。なので常に500人の客がいた。

週に10回のステージをやってたよ。クラブからクラブへまわって。私だけじゃない。ウィリー・コロン、パチェーコ、オルケスタ・ブロードウェイ、リッチー・レイ…みんなそうだ。衣装も変わった。サイケデリックな感じになったりして。楽しかったね。



続きを読む
posted by eLPop at 21:51 | 岡本郁生のラテン横丁