Top > 高橋政資のハッピー通信

キックオフ・パーティ選曲リスト

2014.03.01

 2月21日の「eLPop」キックオフ・パーティーにご来場いただいた方々、ありがとうございました。
 また、当日ご来場できなかった方、是非次回はお待ちしています。

 当日ご紹介した4曲は下記でした。

「私がキューバにはまった1曲」
@ コンフント・ルンババーナ「ラグリマス・ネグラス(黒い涙)」
rumbavana.jpg

 ラテンにはまったきっかけは、ファニア・オール・スターズ『ライヴ・アット・トーター』収録「アナカオーナ」のラリー・ハーロウのピアノ・ソロだったのだが、キューバにはまったのは、この曲だった。1985年にビクター音楽産業から発売された“モダン・キューバン・ミュージック・コレクション”の中の1枚に収録された曲。監修は、中村とうようさんと竹村淳さん。キューバを初訪問されたばかりの竹村さんが、当時のキューバ音楽に衝撃を受けて企画されたシリーズ。ルンババーナ以外のラインナップは、シエラ・マエストラ、ロス・バン・バン、アダルベルト・アルバレス&ソン・カトルセ、イラケレ。
 そんなラインナップからルンババーナに最も惹かれたのは、その男臭いグルーヴ感が際立っていたからのような気がする。メンバー達が一丸となって迫ってくるグルーヴ感は、それまで聞いていたニューヨークやプエルトリコのサルサとは、ひと味違って感じられたのだった。このアルバムをきっかけに、1987年には、キューバを中心としたカリブ旅行を決行。キューバで見た音楽の続きを読む
タグ:キューバ
posted by eLPop at 10:39 | 高橋政資のハッピー通信