Top > 高橋政資のハッピー通信

2019年インテラクティボ来日、その3:インテラクティボはジャンルではない?

2019.10.13

 この夏は、キューバン・ミュージシャンの来日公演が多かった。インテラクティボの後にも、8月の中旬には、ゴンサロ・ルバルカーバ&アイメー・ヌビオラ、8月下旬には、エリート・レベ・イ・ス・チャランゴンが来日し、それぞれ充実したパフォーマンスを見せつけてくれた。それぞれのリーダーは、偉大すぎる父親を持つミュージシャンばかりだ。キューバでは、さほど珍しいことではないが、重圧はいかばかりかと思う。

20190730INTERACTIVO_image01.jpg
続きを読む
posted by eLPop at 20:04 | 高橋政資のハッピー通信

2019年インテラクティボ来日、その2:ライヴ・レポート

インテラクティボ、ライヴ・レポート(2019年7月30日、ブルーノート東京)

 インタビューのあと、東京で1回限りのライヴを見た。
 去年のフジロックでは、現在の主要メンバーである、テルマリー、ブレンダ・ナバレテとフリオ・パドロン、マリア・デ・ラ・パスが、他の仕事のため来日出来ず、逆に今年は、ウィリアム・ビバンコ、そして「Me Voy」が大ヒットしたシマフンク(CIMAFUNK)がソロ活動多忙により、不参加。メンバーそれぞれの個性を全面に出すインテラクテイボだけに、全体のサウンドの印象も昨年とは多少異なるものになっていた。特に、女性が13人中6名ということもあり、個々のインプロヴィゼーションより、アンサンブルのしなやかさが強調されたパフォーマンスだったように思う。そんな女性陣の中、リセッテ・オチョアの刻むグイロ(ギロ)が全体の演奏を引き締めていたのが、特に印象的だった。

190730interactivo_1_s.jpg
撮影 : 古賀 恒雄


こちらは、昨年(2018年)のフジロックでのパフォーマンス
続きを読む
posted by eLPop at 16:49 | 高橋政資のハッピー通信

2019年インテラクティボ来日、その1:ロベルト・カルカセースへのインタビュー

2019.10.12

昨年(2018年)に引き続き、異例の2年連続でフジロックに出演した、キューバのインテラクティボ。今年は、フジロックを主宰し、彼らの招聘元でもあるスマッシュの意向で、東京公演も実現。会場となったブルーノート東京で、リーダーのロベルト・カルカセースに、本番前の30分間という短い時間だったが、インタビューすることが出来た。

RCarcasses.jpg
続きを読む
posted by eLPop at 21:01 | 高橋政資のハッピー通信

「日本にもまだ何回も来るわよ」オマーラ・ポルトゥオンド、インタビュー 2018年3月19日

2018.06.30

 今年(2018年)3月18日、20日、東京公演の為に来日、公演の合間の19日、ホテル・オークラ別館の一室でインタビューをする機会を得た。以前彼女には、2度ほどインタビューしたことがあったが、いずれも20年以上前。オマーラが60歳前後という歌手として円熟期を迎えていた頃だった。その後、皆さんご存じの映画“ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ”のブレイク(2000年日本公開)があり、キューバ、ラテン音楽ファンだけでなく、広く音楽ファンに知られる存在となった。
久しぶりのインタビューは、30分という短い時間だったが、今のオマーラに触れられたような気がした。
R0013695.JPG
続きを読む
posted by eLPop at 20:25 | 高橋政資のハッピー通信

『キューバ音楽を歩く旅(さかぐちとおる 著)』書評

2017.01.14

『キューバ音楽を歩く旅』
さかぐち とおる 著 彩流社 刊
キューバ音楽を歩く旅

 1997年以来9回の訪キューバで、ハバナやサンティアーゴ・デ・クーバ、トリニダーといった有名観光地だけでなく、キューバ全土を隅々まで回ってきた、さかぐち とおる氏が、昨年(2016年)12月『キューバ音楽を歩く旅』を上梓した。彼は、1999年から2000年にかけての4度のキューバ訪問で20都市以上を訪れた際に集めた音楽情報を2000年に『キューバ音楽紀行』として発表しているので、そちらを読まれた方は、そのアップデート版として読むこともできる。
 本書は、大きく4つのテーマに分けて書かれている。まず、キューバ音楽〜ダンスの多様なジャンルを、それぞれの音楽が盛んな地域で、どのように育み楽しまれているかを紹介する第1章から第5章まで。次に、キューバ音楽の代表的なミュージシャンを紹介する第6章。観光ガイド的な第7章と第8章。そして最後に、今後のキューバがどのように変わっていくかを論じた第9章。

続きを読む
posted by eLPop at 14:19 | 高橋政資のハッピー通信