Top > 高橋政資のハッピー通信

ハイチ革命の世界史〜奴隷たちがきりひらいた近代〜

2024.02.27

ハイチ革命の世界史〜奴隷たちがきりひらいた近代〜
浜 忠雄 著 岩波新書 2023/8/18 刊

ハイチ革命の世界史.jpg

 最近、音楽好きの間でハイチへの関心が高まっているようだ。古くからカリブ音楽やワールド・ミュージックを聞いてきた日本のリスナーには、コンパやララー、トゥオバドゥなどのハイチ音楽は、定番の一つだった。しかし独特なグルーヴを出すのが難しく、ハイチ音楽を演奏するグループは、これまではほぼいなかった。それが最近、それらを演奏するアマチュア・グループも複数出現し、より幅広くハイチ音楽が親しまれるようになって来た。また、キューバ音楽やジャズなどの成立に、ハイチが深く関わりがあることは、この辺りの音楽ファンにはもう周知されているので、そこからハイチに興味を持つ方も増えているように思われる。

 そんな折、ハイチの辿ってきた歴史と現状に多角的にスポットを当てた書籍が、昨年発売された。歴史学者である筆者の浜 忠雄氏は、フランス革命を研究する過程でハイチ革命(1791〜1804)との関連や、その後のフランス史に及ぼす影響をなどを調べ、徐々にフランス史からハイチ(革命)史に研究対象をシフトしていったという。それが、1970年代半ばだそうだ。当時、世界史の研究において「忘れられた革命」とされ、ほとんど触れられることがなかったハイチ革命の重要性が取り上げられるようになったのは、ここ20年ほど前からだという。そんな筆者のハイチ革命への眼差しから、世界史を見直してみようというのが、本書だ。学者の書いた研究書という面はあるが、我々のような一般人でもとても読みやすいので、是非皆さん手に取っていただきたい。

 フランス革命の英雄、ナポレオンがハイチへ出兵し、奴隷解放を取下げたりしたことはご存知の方も多いと思うが、世界初の黒人共和国を承認するためにとったフランスの非道な政策が今でも両国で争われていること、フランスの後に行われた“いつもながら”のU.S.A.の侵略が、オバマ政権時にハイチ地震の支援という形をかりて近年まで続いていること、さらにハイチ革命と同時代に英雄と言われた人たち、(U.S.A.で奴隷制を廃止した)リンカーンや(南米の独立を推進した)シモン・ボリバルなどが、ハイチ革命に対して示した態度など、私にとっては「そうだったのか」という初めて知る真実も多く、とても勉強になった。そこから、さらにヨーロッパやU.S.A.の哲学史や歴史まで考察して、まさに副題の「奴隷たちがきりひらいた近代」を提示してくれる。


⇒目次に戻る
posted by eLPop at 22:37 | 高橋政資のハッピー通信

eLPop今年のお気に入り!Pablo MIlanés「Cuanto Gané, Cuanto Perdí

2023.12.30

◆高橋政資(ハッピー通信)『Pablo MIlanés「Cuanto Gané, Cuanto Perdí』


https://youtu.be/1Al6k7qWun0?si=m4hCPITRGT2i0AbY

2022年11月に没したパブロ・ミラネースの死後、2023年春に発表されたラスト・アルバム『Amor Y Salsa』から。ほとんどの曲で豪華ゲストが参加しているが、アルバム・ラストに据えられたこの曲は、ソロで聴かせてくれる。彼の多彩な音楽性を感じることができる歌唱だと思う。

⇒特集「eLPop今年のお気に入り!2023年」メインに戻る


posted by eLPop at 19:35 | 高橋政資のハッピー通信

1916 選挙応援歌になったコンガ

2023.10.25

キューバ音楽好き、特にアフロ・キューバ系の音が好きな方なら、「アエ・アエ・アエ・ラ・チャンベローナ」というコロ(コーラス)に聞き覚えがあるのではないだろうか。そう、カーニヴァルの音楽“コンガ”を代表する曲で、ショーの終わりなどで観客も交えコンガで会場を練り歩く時などにも、必ずと言っていいほど使われる。サルサが好きな方なら、カチャーオやセリア・クルースの録音をご存知なのではないだろうか。

● CACHAO / Chambolena (Pot Pourri De Congas)

https://youtu.be/_KHAW8ro0H0?si=6G2NevLA5Xpy2FCU

● CELIA CRUZ / La Chambelona

https://youtu.be/Fdekio74Mng?si=WSTP5IIFmaWts6yR

YouTubeを見ていたら、ドミニカ共和国のダミロンの録音も発見。

● DAMORÓN / La Chambelona

https://youtu.be/UhuJm3J5Qko?si=KNJkQo_vFsOPbS4I

こんなにも有名なコンガの曲だが、これほどまでに有名になったのはなぜか?
実はこの曲、キューバにおける最初の選挙応援ソングだったのだ。時は1916年、保守派であるキューバの第3代大統領マリオ・ガルシア・メノカルとリベラル派のアルフレド・サヤス氏が戦った。その時、国中からアルフレド・サヤスの支持者がハバナに集合し、列車から降りるとこのLa Chambelonaを歌いながら、サヤス氏の家まで練り歩いて支持を表明したという。このアイデアは、音楽家リゴベルト・レイバが思いついたのだそうだ。以降、コンガを選挙キャンペーンに使うのが流行ったらしい。

● La Chambelonaを演奏しながらアルフレド・サヤス支持のため練り歩く民衆
Los liberales arrollaban al ritmo de “La Chambelona”

Los liberales arrollaban al ritmo de 窶廰a Chambelona窶.jpg

キューバ音楽史研究のエリオ・オロビオ氏によると、「古いスペインの小唄トナディージャにコンゴ起源のリズムの要素を混ぜたもの 」であるという。アフロ・キューバ文化の成り立ちを示す興味深い指摘だと思う。またオロビオ氏は、このLa Chambelonaは、1908年には政治的な歌として登場していたとも述べている。
選挙は、この曲の成果もあったのかはわからないが、アルフレド・サヤスが勝利した。が、U.S.A.が、キューバへの内政干渉を規定したプラット修正条項に基づいて介入し、マリオ・ガルシア・メノカルが政権が維持することとなってしまった。というのも、アルフレド・サヤスは、アメリカからの独立運動に参加したり、プラット修正条項に反対したり、U.S.A.へのグアンタナモ海軍基地の貸与にも反対してきた人物だったからだ。
その後、アルフレド・サヤスは、1921年に再選し大統領に就任。4年の任期中に女性の参政権や報道の自由などを成し遂げたものの、汚職事件を引き起こしてしまい、中南米が現在まで抱える深い社会問題も体現してしまった。

アルフレド・サヤスは、選挙戦当時民衆に人気があったようで、人気役者や歌手たち何人かが、La Chambelonaの録音を残している。しかし、最近ネットでこの曲のことを調べていたら、なんと選挙戦の真っ只中の1916年に、Coro ChambelonaというグループがLa Chambelonaを歌った録音が存在することを知った。しかも、驚くことにU.S.A.のアーカイブで、その録音が公開されていたのだ。

● Coro Chambelona / La Chambelona
スクリーンショット 2023-10-15 141355.png
https://adp.library.ucsb.edu/index.php/take/embed/191570

CORO CHAMBELONA
CORO CHAMBELONA.jpg

太鼓やコーラス、ギターの他、金属っぽい音も聞かれるが、レコーディング・データによると、鍬(くわ)やスキという農作業の道具が使われているようだ。多分、カーニヴァル形式のコンガのもっとも古い録音だと思う。

こんな音源が聞けるのは、まさにネット時代ならでは。日本のお寒い状況とは反対に、欧米を中心に大学や図書館、研究機関などでは、録音物の遺産をデータ化して一部一般に公開している。これは利用しない手はない。
と思っていたら、なんと最近発売されたSP音源復刻コンピに、この録音が収録されていた。

● V.A. / !Con Piano, Sublime! : Early Recordings from the Caribbean 1907-1921

スクリーンショット 2023-10-15 140730.png
https://magnificentsoundsrecords.bandcamp.com/album/con-piano-sublime-early-recordings-from-the-caribbean-1907-1921




posted by eLPop at 17:09 | 高橋政資のハッピー通信

最近の新譜から テルマリー、オマーラ・ポルトゥオンド

2023.08.03

 CDの発売点数が世界的に減少し、CDやアナログで音楽シーンを追いかけてきた私のような古いタイプのファンは、新譜の情報に取り残されがちだ。

 先日、久しぶりにSpotifyにアクセスしたら、キューバの女性ラッパー、テルマリーの新譜『Maradentro』を勧められ、あわててチェックしてみた。発売は、2021年で1年以上前。遅ればせながら紹介してみたい。

eLPop7譛医♀縺吶☆繧\鬮俶ゥ・Maradentro.jpg

 なお、配信サーヴィスの中には、『Fuerza Arará』を2023年の新譜と表記しているところがあるが、そのアルバムは、2018年にキューバのレーベル“コリブリ”から発売されたもので、配信の順番が前後したということだろう。

 まずは、オープリング曲から。

「Maradentro」Telmary feat. Pedrito Martínez

https://youtu.be/5DSCn_W0jpo

 N.Y.を拠点に活躍するキューバ人パーカッショニスト、ペドロ・マルティーネスをフィーチャリング。テルマリーと盟友クマール作曲のアフロ・ビートなサウンドに驚いた。ペドロ・マルティーネスは、バタ・ドラムの他、ヴォーカルでテルマリーと絡んでいる。

 実は、テルマリーも今は、U.S.A.を拠点にしてる。以前、カナダ〜U.S.A.を拠点に活動していた時期もあったが、キューバに戻って活動、国内でも人気を博していた。ところが、コロナ禍とU.S.A.バイデン大統領による対キューバ強行政策継続による、キューバ経済の混乱のため、数年前から再度拠点をU.S.A.に移している。バイデンは、2国の国交再開など、融和的政策をとっていたオバマ大統領時代の副大統領だったにもかかわらず、トランプ大統領によるキューバ締め付け策をほとんど解除していない。これは、バイデン大統領の選挙対策だろう。

 続く曲は、ブラジルのベース奏者、ムニール・ホスンをフィーチャー。
「Repartera」Telmary feat. Munir Hossn

https://youtu.be/q_nhuFYFhNI

 ここでムニール・ホスンは、ギターを演奏している。

「Enamorao」Telmary feta. Ana Torroja

https://youtu.be/-hRcVPlbhBU

 スペインのポップ・グループ、メカーノ出身のアナ・トローハのヴォーカルをフィーチャーした曲。

 他にも、ジューサ、アレクサンデル・アブレウ、オサイン・デル・モンテなどが参加しているが、なんと言っても話題なのが、オマーラ・ポルトゥオンドをフィーチャリングした曲だろう。

「Puras palabras」Telmary feat. Omara Portuondo

https://youtu.be/X8HvOwHGzaM

 オマーラの十八番であるマルタ・バルデースの「パラブラス」をサンプリング的に配し、オマーラのこれまでの録音の中でも、ある意味一番メローで異質なサウンドに仕上げている。

 カヴァー曲以外、ほとんどの曲の作詞作曲をテルマリーと盟友クマールが手がけ、全ての曲でプログラミング&アレンジをクマールが行なっている。
 クマールは、テルマリーとともに、若き日に“フリーホール・ネグロ”という、ヒップ・ホップ〜ラップのグループを組み活動していた。いわば、キューバのヒップ・ホップの黎明期から活躍するミュージシャンだ。


 そのオマーラ・ポルトゥオンドも、最近新譜『Vida』を出したので、こちらも紹介しておこう。
eLPop7譛医♀縺吶☆繧\鬮俶ゥ・Vida.jpg

 このアルバムは、ここ2〜3年の間にシングルとして配信のみで発表していた、各方面のスターたちとのデュエットに、新録音を加え製作されたもの。なので、熱心なファンの方は、既にお聞きになった音源もあると思うが、こうやってまとめて聞けるのは、嬉しい限りだ。こちらは、CDリリースあり。また、アナログでもリリース予定らしい。

「Bolero a la vida」Omara Portuondo feat. Gaby Moreno

https://youtu.be/Gui4CYiptSM

 アルバム・オープニングは、グアテマラの女性シンガー・ソングライターのガビー・モレーノとのデュエット。
 なお、多くの曲で、彼女がプロデュースしている。

「SILENCIO」Omara Portuondo feat. Andy Montañez

https://youtu.be/jFHdTD9s2u4

 映画『ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ』でイブライム・フェレールとエグレム・スタジオでデュエットした印象的なシーンのプエルトリコのラファエル・エルナンデスのナンバーを、プエルトリコのスター、アンディー・モンターニェスとデュエット。

「DUELE 」Omara Portuondo feat. Gonzalo Rubalcaba

https://youtu.be/RHFQCFRK8Nc
 ピロート・イ・ベラによるフィーリンの名曲でオマーラの十八番を、ゴンサロ・ルバルカーバのピアノ伴奏で。

「ME TOCA」Omara Portuondo feat. Carlos Rivera

https://youtu.be/zbtGOAmL_Oc

 メキシコの歌手で舞台俳優でもあるカルロス・リベーラとのデュオ。

「SE FELIZ 」Omara Portuondo feat. Keb' Mo'

https://youtu.be/YVrcc1Y42jA

 U.S.A.のブルース・マン、ケブ・モとの共演。

「HONRAR LA VIDA 」Omara Portuondo feat. Ruben Blades

https://youtu.be/GtA9WRvMjEs

 サルサのスター、ルベン・ブラデスとデュエット。

「GRACIAS A LA VIDA」Omara Portuondo feat. Natalia Lafourcade

https://youtu.be/ScLN4K8TkFE

 チリのビオレータ・パラの名曲を、メキシコのトラディショナルな音楽を現代的に再構築し、各方面で大きな評価を得ている、ナタリア・ラフォールカデとのデュエット。

「CON 2 QUE SE QUIERAN 」Omara Portuondo feat. Alexander Abreu ・ Amaury Pérez

https://youtu.be/WGYkzSv1sPc

 アルバム最後は、キューバを代表する歌手二人とコンテンポラリー・ソン(=キューバン・サルサ)で締めくくられている。

 なお、オマーラは現在、このアルバムの発売に合わせ『FAREWELL WORLDO TOUR VIDA 2023』と称した最後の世界ツアーを行なっている。ネットでは、その様子も少しアップされているが、92歳とは思えないその声量には、驚かされる。

 残念ながら、現時点で日本公演は予定されていない。
posted by eLPop at 13:56 | 高橋政資のハッピー通信

4/28:PURAHÉI SOUL (from PARAGUAY)@ブルーノート東京

2023.05.26

 新型コロナの5類感染症への移行が検討され始めたころから、来日公演がどんどん増え始めてきた。やっとコロナ禍前の状態にエンターテイメント業界も戻りつつあるのを実感する。だが、この急激な変化はコロナ禍前以上に情報をチェックしていないと、こんなミュージシャンが来ていたのかと、後になって地団駄を踏みかねないので注意したい。4月に中南米諸国からも何組か来日していたが、見逃した方も多いのではないだろうか。プロモーション目的で、政府機関がバックアップしていることも多く、あまりアナウンスがされていなかったり、日本ではほとんど無名のミュージシャンが選ばれることが多いので、こまめにチェックしていないと見逃してしまう。

 ヴォーカルのジェニファー・ヒックス(Jennifer Hicks)とヴォーカルとギターのミゲル・ナルバエス(Miguel Narváez)による男女デュオ、プラヘイ・ソウル(PURAHÉI SOUL)も本国パラグアイ政府のバックアップで来日したそんなグループの一つだった。4月26日と27日に、東京・恵比寿 BLUE NOTE PLACEで、28日にはブルーノート東京でコンサートを行った。また、京都などでも演奏を披露したようだ。今回は、彼らの他、ベーシストのパウラ・ロドリーゲス(Paula Rodríguez)がサポート・メンバーとして一緒に来日、さらにブルーノート東京のステージには、曽根麻央(トランペット、ピアノ、キーボード)と河村亮(ドラムス) がサポート・メンバーとして参加した。

 パラグアイ音楽というと、アルパ(ハープ)の音楽や、ポルカ(ヨーロッパの2拍子のリズムが、パラグアイでは何故か3拍子と2拍子のポリリズムに変化して根付いた)やガローパ(こちらもポルカ同様、ヨーロッパのリズムが3拍子系の複雑なポリリズムに変化)、バルス(ワルツ)という伝統的な音楽のイメージぐらいしか湧かない中、彼らに関してなんの前知識もなく、28日のファースト・ステージを見に行った。

BlueNoteYokyo.jpg

 事前にSpotifyで2曲ほど聞いてみたが、欧米のポップスに影響を受けたサウンドぐらいにしか印象は持てず、実はあまり期待はしていなかった。確かに序盤の日本人のバックアップ・メンバーが参加したパートでは、そんな印象だったが、中盤のジェニファー・ヒックスとミゲル・ナルバエス2人だけのパート以降は、アンコールまでどんどんギアを上げていき独自な世界を聞かせてくれた。

 歌う言葉は、スペイン語に英語、そしてラプラタ川地域に住む先住民グアラニー族の言葉であるグアラニー語。途中、パラグアイ音楽の有名なジャンル(リズム)である「ポルカを歌います」とアナウンスした曲なども演奏。もちろん、ただ伝統的なスタイルで演奏するわけではなく、現代らしい男女ハーモニーをとりいれ、多くの世界中の同世代のヴォーカリストたちに共通したアーバンな雰囲気も取り入れていて、開かれた音楽性を感じさせてくれた。また、お隣の国アルゼンチンなどと同様、ヌエバ・カンシオーンなどとも連携したパラグアイに根ざしたロックの躍動も、しっかり受け継いでいるようだ。ショウとして十分楽しめるものであるのと同時に、聞き進むにつれどこか南米の深さも感じさせてくれるのがとても良かった。

● Purahéi Soul - Luna (Acoustic Version) Canadá 2022

https://youtu.be/uWAeIAUPjzc
 多分、「ポルカです」といって歌った曲

● Purahéi Soul - Desapego (Videoclip Oficial)

https://youtu.be/bgdEhcfbUec
 この曲も、ポップだがパラグアイ的なリズムがしっかり聞いてとれる。

● Purahéi Soul - Aju Nderendape - Serenata (Videoclip Oficial)

https://youtu.be/fRKZUPMDSs4
 バルス(ワルツ)のセレナータ

● Purahéi Soul - Swing Guaraní (Live Session)

https://youtu.be/WFa-PbEaQ_s


 帰宅後、プラヘイ・ソウルのことを調べて見たら、パラグアイ本国ではかなり人気のある実力派グループのようだが、ビジュアルはまだ若そうで、そのギャップも魅力と感じた。

cd.jpg
会場で販売されていたCD。
2018年発売のアルバム『Swing Guaraní』全曲に、それ以降に発表された楽曲3曲をプラスしたもの。
2022年のツアー用に特別に作られたアルバムのようだ。


 以下に、ブルーノートのホームページで紹介されているプロフィールを貼り付けておく。これは、彼らの公式HPのプロフィールを要約+アルファした内容だ。

「2013年、ジェニファー・ヒックスとミゲル・ナルバエスによって結成。プラヘイはグアラニー語で歌を意味し、ソウルはアフロサウンドと魂を指す。“音楽と芸術の本来の意味を取り戻す必要性”を標榜し、アート、ファッション、演劇、映画、ダンスなどさまざまな分野と交流。地元のミュージシャン・コミュニティで頭角を現し、2018年12月にはグアラニー語、スペイン語、英語でうたった1stアルバム『Swing Guaraní』を発表。ジャズやソウル、ラテン音楽など多種多様な要素を取り入れたスタイルが評判となり、現在では国内外でツアーを展開する人気ユニットに」

4/28 ブルーノート東京のラインナップ
Jennifer Hicks(vo)
ジェニファー・ヒックス(ヴォーカル)
Miguel Narváez(g,vo)
ミゲル・ナルバエス(ギター、ヴォーカル)
Paula Rodríguez(b)
パウラ・ロドリゲス(ベース)
Mao Soné(tp,p,key)
曽根麻央(トランペット、ピアノ、キーボード)
Akira Kawamura(ds)
河村亮(ドラムス)

Aguyje.jpg

→目次に戻る
posted by eLPop at 19:00 | 高橋政資のハッピー通信