Top > Calle eLPop

◆3/10 eLPop Party 高橋政資のかけた曲

2015.03.18

1. パチート・エチェ Pachito E'Che - mambo/ベニー・モレー&ペレス・プラード Beny Moré con Pérez Prado y su Orq.(1948〜49年、キューバ。メキシコ録音)10inch "Bonito y Sabroso"(RCA VICTOR MKL-3028)

キューバの永遠のアイドル歌手ベニー・モレーは、トリオ・マタモロスに誘われメキシコに渡り彼らと仕事をしたが、彼らがキューバに帰国するとき、1人メキシコに残った。そこで、やはりキューバから渡ってきていたマンボ王ペレス・プラードと知り合い、20曲以上一緒に録音した。その録音のなかの一つ。モレーの若々しくも色気のある声、プラード楽団の切れ味鋭くハイ・トーンが素晴らしいブラス、そしてプラードのトリッキーで唯一無二なピアノ・ソロ。彼らのアンサンブルの最良のものが聞ける録音だと思う。この曲は、コロンビアのアレクス・トバール作のポロだが、モレーとプラードがマンボに編曲。レコードの形式明記もマンボとなっている。


2. エス・ウナ・ボンバ Es una Bomba - rock/ラ・ルーペ La Lupe con la Orq. F. Dulzaides(1960年前後、キューバ)EP RCA VICTOR 45-116

サルサ・ファンには、ティト・プエンテとの共演盤で有名な、キューバ出身の女性歌手ラ・ルーペ。“Queen of Latin Soul(ラテン・ソウルの女王)”なんていうニックネームで呼ばれていたように、ダイナマイト系のシャウトするヴォーカル・スタイルが特徴。当時のロックンロール、ロックやソウルのスタイルを取り入れたサウンドで本格的な人気が出のはプエルトリコやニューヨークに渡ってからだったが、本録音は数少ないハズのキューバ録音。バックは、キューバでジャズをいち早く演奏した1人フェリペ・ドゥルサイーデ編曲のオーケストラ。曲形式は“ロック”。1960年に、他のキューバ録音12曲と共に『Con El Diablo En El Cuerpo』というアルバムにまとめられ、発売されている。ロック、ソウル歌手として天性のものを持っていたことがよくわかる名演だと思う。


3. ソン・デ・トーニョ Son de Toño - cumbia/ロス・ガイテイロス・デ・サン・ハシント Los Gaiteros de San Jacinto(コロンビア)LP "Hacha, Machete y Garabato"(CBS DCA-841)より

コロンビアの北部、カリブ海に面したボリバール県の少し内陸部にあるサン・ハシントを名に冠したグループ、ロス・ガイテイロス・デ・サン・ハシント。1940年代半ばに結成されたグループで、ガイタと呼ばれる長さ1メートルぐらいの縦笛と太鼓類にコール・アンド・リスポンスのヴォーカルにより構成されるアフロ色濃厚なクンビアの古いスタイルやポロ、プーヤなどを奏でる。2007年にU.S.A.のスミソニアン・フォークウェイズからアルバムを発表し、同年のラテン・グラミーのフォークロリック部門を受賞し注目をされた。最近ではクラブ系からのオファーに答え、ダブなどと合わせた録音も発売されたりしているらしい。本録音収録のアルバムは、たぶん1970~80年代に録音されたものだと思われ、オリジナル特有なヴァイタリティに溢れた演奏が素晴らしい。


4. イ・ジョ・ノ・キエロ Y Yo no Quiero - guaguancó/ファクンド・リベーロ・イ・ス・クアルテート、カンタ:セレステ・メンドーサ Facundo Rivero y su Cuarteto Canta: Celeste Mendoza(1957年?、キューバ)EP RCA VICTOR 51-7284

当日、この曲の前に佐藤編集長が掛けたブラジルの揺れのリズムに対し、キューバのリズムは「タイトさが命」ということで、ルンバ・グアグアンコーのナンバーをご紹介。とはいっても、ムニェキートスなどお馴染みのグループでは能がないので、プレ・フィーリンの隠れた名手ファクンド・リベーロのグループによるものを選曲。ファクンド・リベーロは、ベリサリオ・ロペス(Belisario López)のチャランガ・バンドなどでの活躍後、ロス・リベーロというモダーンなキューバン・コーラス・グループもプロデュースし、フィーリンの先駆けとなるような録音も残しているピアニスト。この録音はたぶんロス・リベーロと名乗る前のもので、後年のロカ・バラードに寄った音楽性ではなく、グアグアンコーにジャズ的なコーラスを掛け合わせた、ファクンド・リベーロ特有のモダーンさが面白い。ヴォーカルは、“ラ・レイナ・デル・グアグアンコー(グアグアンコーの女王)”の異名を持つセレステ・メンドーサ。


5. マリア・カラコーレス Maíra Caracoles/ページョ・エル・アフロカン Pello el Afrokán(196?年、キューバ)LP "Mozambique a Bordo"(EGREM LD-3187)より

キューバのカーニヴァル音楽コンガ〜コンパルサをもとに1963年にページョ・エル・アフロカンが創った新リズム、モサンビーケ。革命後のキューバのお祭り気分、民衆の高揚とマッチし大ヒット。さらにキューバ以外にも伝播し、1965年にはエディ・パルミエリが、このリズムをアルバム『Mambo Con Conga is Mozambique』で取り上げた(音楽的には少し変えて取り入れたらしい)。さらに、大ヒット曲の本「マリア・カラコーレス」は、カルロス・サンタナが1976年のアルバム『Festival』で取り上げている。

無題2.jpg
posted by eLPop at 00:16 | Calle eLPop

◆3/10 eLPop Party 宮田信のかけた曲

2015.03.17

1. エリナー・リグビーEleanor Rigby/エル・チカーノ El Chicano (1970年 ロサンゼルス(USA) LP『VIVA TIRADO』(Kapp 3632)

ロサンゼルスのクレンショー通りと言えば、アフリカン・アメリカンたちによる洒落た商店街が続くちょっとヒップな目抜き通り。地理的には、ダウンタウンから見れば西側の南。そのまま「セイナン」と呼んで多くの日系人たちも戦後この周辺に移り住んできた。若い日系人たちの逸話も沢山残された。そんな若者たちが集まって来たスポットの一つがこのアルバムが録音されたカブキ・スキヤキ・レストラン。当時、The V.I.P.’sと名乗っていたイーストサイド出身のバンドは、ここのオーナーだった日系人の兄弟にいたく気に入られ、頻繁に演奏を行っていたという。そしてこの録音を機会に、名前をエル・チカーノと改名。チカーノ随一の人気バンドとしてその人気を一気に爆発させていった。

2. フレンズ Friends/アルフレッド・リナレス Alfred Linares (1984年、ベネズエラ)(GALLO RECORDS)

ラテン・ジャズの定義って何だろう?そのルーツはNYのキューバップ?それともカル・ジェイダーとモンゴやアルマンドとの邂逅の頃のこと?人によっては、アルゼンチンのガト・バルビエリ辺りにその本流を見るのかもしれない。まだまだその辺りの体系は纏められていないけど、USAで40年代以降に起きていたジャズの熱は当然のようにラテン・アメリカ全体に伝染していった。特にペルーには、ジャズの要素を巧みに摂り入れた極めてクオリティの高い大衆音楽が沢山残されていた。なかでもこのアルフレッドは若い頃から異彩を放ち、数々の名演を残してきた。このアルバムはベネズエラ発の秀英サルサ&ジャズ集団、マンゴーに参加したのち、メンバーの名ヴィブラフォン奏者、フレディ・ロルダンらと一緒に制作したジャズとサルサが混じり合う傑作中の傑作。

3. ラウンド・ミッドナイト Round Midnight/アレックス・コンデ Alex Conde(2015年、USA)

モダン・ジャズの最重要アーティストの一人であるセロニアス・モンクの作品はそれこそジャズのマスターピースだが、それをフラメンコの素養を使って奏でてみようという大胆な企画アルバムから。スペインで生まれ、現在はサンフランシスコで活躍するこのピアニストは、アメリカ西海岸にもあるハイブリッドなフラメンコのシーンで大注目の存在で、本作にも、ジョン・サントスなどが参加するが、伝統のフラメンコのフォーマットから自由に放たれているのか、過度にエモーショナルな表現を優先させるのではなく、クールにセロニアスのユニークな音楽に対峙しているところが感動的だ。特にこの曲の後半の展開は、凡庸なジャズ・ピアニストの表現を遥かに超えている。もう一度大音量で聴いてみて欲しい。
posted by eLPop at 00:04 | Calle eLPop

◆3/10 eLPop Party 岡本郁生のかけた曲

2015.03.16

1. ラ・シントゥラ・ミアLa Cintura Mia /フェフィタ・ラ・グランデ・イ・ス・コンフント・ティピコFefita La Grande y su Conjunto Tipico(1990年ごろ?ドミニカ共和国)LP『La Cintura Mia』(Jose Luis JLR-86)

先日来日したピュリツァー賞作家ジュノ・ディアス(ドミニカ共和国生まれニュージャージー育ち)が好きだと言っていたアーティストのひとり、アコーディオンを弾いて歌うフェフィタ・ラ・グランデ姐さん。彼の口から、20年ぶりぐらいにその名を聞いて思わずビックリだった。アコーディオン、サックス、タンボラ、コンガ、グィラ、ベースという、昔ながらのメレンゲの編成で演奏する“メレンゲ・ティピコ(典型的メレンゲ)”と呼ばれるスタイル(別名“ペリコ・リピアオ”)。スピード感あふれるイナセなプレイがカッコいい!

2. ラ・メセドラLa Mecedora/トリオ・レイノソTrio Reynoso(1960年代初頭? ドミニカ共和国)LP『La Mecedora』(GEMINI 035)

50〜60年代に“メレンゲ・ティピコの王様”と呼ばれたのがトリオ・レイノソ。歌手/アコーディオンのペドロ・レイノソ、パーカッションのフランシスコ・エスケア、グィラのドミンゴ・レイノソ(またはミルシアデス・フェルナンデス)からなるグループで、キューバやプエルトリコなどドミニカ以外でも活躍した(66年、ペドロが亡くなった後釜として入ったのがのちの大スター=タティコ・エンリケスだった)。絞り出すように歌うペドロ・レイノソの味わい深い歌声、絡みつくような粘っこい演奏が最高だ。

3. ラ・ケ・セ・ケハバLa Que Se Quejaba/エル・シエギト・デ・ハカグアEl Cieguito De Jacagua(1990年ごろ?ドミニカ共和国)LP『Candela !』(Jose Luis JLR-80)

“ハカグアの盲目クン”ことドミンゴ・ソサ。これがもしかしたらデビュー・アルバムかも。かなりヤバヤバな雰囲気のジャケット写真も良い。まさに疾走するスポーツカーって感じで凄まじい勢いでスっ飛ばしてるのに、ところどころに小技をきかせた仕掛けがあったりして、それがまたタマラナイ! 現在も元気に活躍中のようだ。

★おまけ・・・

4. カダ・ティエラ・コン・ス・リトモCada Tierra Con Su Ritmo/ホセイト・マテオ&ルイス・カラフJoseito Mateo & Luis Kalaff(1979年、ドミニカ共和国)LP『Merengue』(Karen KLP47)

前半でかけたのはアコーディオンを中心としたメレンゲ・ティピコ(ペリコ・リピアオ)だが、それが60年代半ば以降、アコーディオンがホーン・セクションに取って代わり、ジョニー・ベントゥラに代表される大編成オルケスタによるメレンゲが登場した。とはいえ、メレンゲ・ティピコが廃れてしまったわけではないのは、フェフィタ・ラ・グランデやエル・シエギト・デ・ハカグアのような人たちが出ていることからもわかるとおりで、主に北部、サンティアゴを中心とするシバオ地方で盛んに演奏されている。1979年、メレンゲ・ティピコ時代から活躍する2大スターであるホセイト・マテイとルイス・カラフが共演したのがその名も『メレンゲ』というアルバム。ここではオルケスタ編成をバックにふたりのベテランが素晴らしい歌声を聞かせている。

5. エル・エリドEl Herido/ロス・イホス・デル・レイLos Hijos Del Rey(1978年、ドミニカ共和国)LP『Los Hijos Del Rey』(Karen KLP-35)

子供のころから活躍していた人気歌手フェルナンディト・ビジャロナを、トランペッター/バンド・リーダーのウィルフリド・バルガスがスカウト、70年代半ばに結成したのがスーパー・グループのロス・イホス・デル・レイだ。だがグループはすぐにウィルフリドのもとを離れ、独自の道を歩み始めた。78年の本作での音楽監督はメンバーであるキーボード/アレンジャーのボニー・セペダのほか、サルサ界で“激情のアレンジャー”と呼ばれたホルへ・ミジェ。かけた曲(A面1曲目)はフェルナンディトが歌うノリノリのメレンゲだが、ほかにサルサやワワンコ、ボレロも収録され、ヴァラエティ豊かなアルバムとなっている。
posted by eLPop at 23:51 | Calle eLPop

◆3/10 eLPop Party 水口良樹のかけた曲

2015.03.14

1. ヨ・ペルディ・エル・コラソンYo Perdí el corazón/マヌエル・ドナイレManuel Donayre (年代不明、ペルー) LP"Noche tras Noche..."(SONO RADIO)より


 カニェテ出身で70年代後半より活躍したアフロ系のムシカ・クリオーヤ歌手マヌエル・ドナイレを代表するバルスの名曲を彼の3作目のアルバム「ノーチェ・トラス・ノーチェ…」から。ハスキーな高音が魅力のドナイレの情感たっぷりの歌いっぷりが素晴らしい名演。多くの人に歌われたバルスの名曲も彼が歌うとこんなにも違って聴こえるのかとその歌唱力と魂を揺さぶる歌声に撃ちぬかれます。


2. ロス・ネグリートス・デル・セニョールLos Negritos del Señor/ロス・バスケスLos Vásquez (1974年、ペルー) LP "Los Vásquez:Vicente, Oswaldo, Abelardo y Daniel "Pipo""(SONO RADIO)より


 アフロペルーを代表する舞曲であるフェステホ再興を果たしたポルフィリオ・バスケスの息子たちによるフェステホ。リマ最大の祭りとなったセニョール・デ・ロス・ミラグロスに捧げられたフェステホで、このフェステホを聴くと、ああ、この祭りはもともとアフロの人たちが奇蹟の顕現を祝ったことから始められて、当初リマの教会から激しく弾圧されたのだった、と思い出します。ポリリズムで打ち出される打楽器とノリの良いベースにのせて軽やかに歌われるフェステホが素晴らしい一曲です。


3. リマック川の水Aguas del Río Rimac/ピカフロール・デ・ロス・アンデスPicaflor de los Andes con los Engreidos de Jauja y La Orquesta Añoranzas del Centro (年代不明、ペルー) LP "Aguas del Río Rimac"(VIRREY)より


 ペルーの中部アンデス地域、ワンカーヨを中心とするマンタロ盆地を代表する歌手、ピカフロール・デ・ロス・アンデス(アンデスのハチドリ)のレパートリーから。中部特有の楽器編成オルケスタの伴奏で、力強く、それでいて伸びやかに歌われるワイノが素晴らしい。伴奏のサックスとバイオリンの掛け合いと、ズンズン響くアルパ(アンデス・ハープ)の低音がこれまた心地良い。


◆おかわり◆


4. ダンサンテ・パサカジェ・コン・アルバDanzante pasacalle con alva/チアラ兄弟Hermanos Chiara (1978年、ペルー) Mini Play "Danzante de Tijeras de Parinacochas"(SONO RADIO)より


 今やペルーを代表する芸能となったアンデスのトランス舞踊「ハサミ踊り」。その本場であるアヤクーチョ県南部のパリナコチャス地方の楽団による録音。教会から悪魔の踊りと弾圧されながらも豊作を祈願して踊られつづけたバイオリンとアルパによる怪しくも魅惑的なメロディに、キンキンと鳴り響くハサミ(二枚の鉄片)を打ち鳴らす音が一種独特な世界を作り出す。この楽団は1943年に結成され、50年代にはホセ・マリア・アルゲーダスの紹介でリマでの公演を実現し、その後南米各国や北米、ヨーロッパなどへもツアーに出るなどハサミ踊りを広く紹介するのに大きな役割を果たした。


5. 路傍のヒナゲシAmapola del Camino/コンフント・バリイェ・デ・チュンビビルカスConj. Valille de Chumbivilcas (ペルー) LP "Los Preferidos"(IEMPSA)より


 インカ帝国の首都が置かれたクスコ近郊の町チュンビビルカスを代表する楽団の演奏より。カーボーイ文化で有名なチュンビビルカスの楽団の男たちは、乗馬服に身を固めて写真に写っていることが多いが、この楽団の男性陣もしっかりと伝統の乗馬服で写真に写っている。カーボーイといえば勇ましい音楽などを想像しそうなものだが、チュンビビルカス地方のワイノはクスコ地方によく見られる牧歌的な雰囲気のものが多い。ギターとマンドリンの編成に女性ボーカルというのがバリイェ・デ・チュンビビルカスのスタイル。今回男性ボーカルが多かったので、最後に女声のワイノを流させていただきました。


mizuguchi.jpg
posted by eLPop at 11:20 | Calle eLPop

◆3/10 eLPop Party 高橋めぐみのかけた曲

2015.03.13

1. 吾妻光良&ザ・スウィンギン・バッパーズ Mitsuyoshi Azuma & The Swinging Boppers/おいこら お嬢ちゃんQué pasa chica(1983年、日本 EP)

デビュー作『スウィング・バック・ウィズ・ザ・スウィンギン・バッパーズ』の発売の際に「記念シングル盤」として、LP収録の同曲を日本語ヴァージョンでリリースしたもの。最近の作品では日本語ジャンプ・ブルースが定番となっているバッパーズだが、このときからそのセンスは最高にかっこいい。オリジナルのキャブ・キャロウェイに勝るとも劣らない華やかなノリとラテンのリズムに吾妻さんの歌声がぴったり。

2. アンドレス・カラマロAndrés Calamaro/エル・カンタオールEl Cantaor(2005年、スペイン)
CD『Casa Limón presenta : Limón』より

褐色のフラメンコ歌手ブイカをスターダムに押し上げ、ベボ・バルデスとシガーラの『ラグリマス・ネグラス』を始め物凄い数の作品をプロデュースし、ラテン・グラミーの常連であるハビエル・リモン。彼の作品をパコ・デ・ルシア他のキラ星のごときスター達が演奏&歌ったアルバムから。アンドレス・カラマロはアルゼンチン・ロックの大スターだが、リモンによってフラメンコやタンゴを歌うという方向を得た。

3. 淡谷のり子Noriko Awaya/花宵闇Hanayoiyami(1978年、日本)
LP『淡谷のり子 歌手生活50周年記念盤 オリジナル楽曲集』より

1999年に92歳で亡くなった日本歌謡界の星、淡谷のり子が歌手生活50周年を記念して発売したアルバムから、宇崎竜童・阿木燿子コンビのタンゴ。阿久悠、なかにし礼、筒美京平、平尾昌晃ら当時の最高の作詞家/作曲家がオリジナル曲を提供している。辛口ご意見番の大御所という晩年のイメージとはかけ離れた素晴らしい歌声。「ブルースの女王」もいいが、デビュー当時にシャンソンやカンツォーネ、ラテンを歌っていた歌手としての再評価を望む。

無題.jpg
posted by eLPop at 01:57 | Calle eLPop