Top > 岡本郁生のラテン横丁 > ラロ・ロドリゲス!

ラロ・ロドリゲス!

2014.03.14

先日のキック・オフ・パーティでもご紹介した曲なんですが、ラロ・ロドリゲスLalo Rodríguez、1982年のアルバム『ヌエバメンテ・ラロ / Nuevamente Lalo』からの「セ・エンペニャン / Se Empeñan」。
レイ・サントスとルイス・ガルシア、プエルトリコの名アレンジャー/プロデューサーふたりが手掛けたこのアルバム、豪胆にして繊細、まさにサボールとセンティミエントがとめどなく溢れ出る大傑作。ファンの必須アイテムです。
特に薄暮のころ、次第に深くなってゆく暗闇の中、ひとりで聞いていると、狂気と正気の境目が徐々に薄れていくのを感ずることになる・・・かもしれません。
しかし残念ながら、現在ではなかなか入手困難なアルバムのようです。
そんなわけでせめてYoutubeで・・・
posted by eLPop at 16:18 | 岡本郁生のラテン横丁