Top > 高橋めぐみのSOY PECADORA > アルモドバルの映画と音楽(4)

アルモドバルの映画と音楽(4)

2014.03.13

第4日目の3/13の曲と映画です。
1.「Resistiré」Dúo Dinámico
映画「!Átame!  (邦題:アタメ/私を縛って!)」(1990)から
アルモドバルの映画の重要なミューズのひとり、ビクトリア・アブリルと今ではすっかりハリウッド・スターのアントニオ・バンデラスが限りなく変態な状況で展開する純愛物語。ポルノ女優を誘拐監禁する孤独な青年と次第に心が動かされていく女優。誘拐も監禁も立派な犯罪ですが、見終わった後には幸福感に包まれるのです。
曲は1960年代に大人気だったボーカル・デュオの、ドゥオ・ディナミコの「レシステレ」。ドゥオ・ディナミコは1958年にマヌエルとラモンの二人がバルセロナで結成しました。スペインのポップ・ロックの先駆者である彼等は曲作りも巧みで、録音されたのは300曲あまりですが、800曲は作ったと言われています。この映画で取り上げられたことによって、再び大注目されました。2011年には活動50周年を祝うアルバムが、フリオ・イグレシアス、ジョアン・マヌエル・セラートら豪華ゲストを招き制作されプラチナ・ディスクに輝きました。

2.「Puro teatro」La Lupe
映画「Mujeres al borde de un ataque de nervios(邦題:神経衰弱ぎりぎりの女たち)」(1988)から
ひとりの男を巡って入り乱れる人間関係。疑心暗鬼になってキレる寸前の女たちのブラック・コメディ。前作の「欲望の法則」から出演している、ロシー・デ・パルマの存在感が際立っています。一度見たら絶対に忘れない容貌の彼女はアルモドバル・ガールズの中でも特異な存在で、ジャン・ポール・ゴルチェのモデルを務めたこともあります。
曲は「ラテン・ソウルの女王」ことラ・ルーペのボレロ「プーロ・テアトロ」です。ラ・ルーペはキューバの古都サンティアゴ・デ・クーバの出身で革命前後にハバナのナイトクラブで人気者となり、その後米国に亡命。ニューヨークでモンゴ・サンタマリアに見いだされ歌手活動を再開し、ティト・プエンテとの共演等で成功を収め、マディソン・スクエア・ガーデンでコンサートをした最初のラテン・シンガーになりました。

3.「Soy infeliz」Lola Beltran
映画「Mujeres al borde de un ataque de nervios(邦題:神経衰弱ぎりぎりの女たち)」(1988)から
「ソイ・インフェリス(私は不幸)」を歌うのはLola la Grande(偉大なローラ)、メキシコのランチェーラ歌手で女優のローラ・ベルトランです。多くの映画に出演し歌う女優として大活躍し、テレビの音楽番組の司会も務めました。「もう愛されていないから不幸だわ」と歌っていますが、ランチェーラののんびりした雰囲気で、あまり深刻な状況ではないように聞こえます。

4.「Encadenados」Lucho Gatica
映画「Entre tinieblas(邦題:バチ当たり修道院の最後)」(1983)から
およそ敬虔なカトリック教徒とは思えない尼さんたちが出てくるはちゃめちゃな映画。尼さん達の名前が「堕落」や「毒蛇」などというところもふざけているが、単に変なブラック・コメディという感想では片付けられないものがあります。やはりアルモドバルはLa Movidaから出た人ですから、皮肉な比喩がふんだんに盛り込まれていエーエムス。
多くの歌手に歌われているボレロの名曲「エンカデナドス」を歌うのは、チリ出身でメキシコ、米国で活躍しているルーチョ・ガティカ。トリオ・ロス・ドゥエンデスなどのバージョンに比べてねっちりとこってりと歌います。
posted by eLPop at 18:40 | 高橋めぐみのSOY PECADORA