Top > 高橋めぐみのSOY PECADORA > ペドロ・アルモドバルの映画と音楽

ペドロ・アルモドバルの映画と音楽

2014.03.10

今週(3/10〜3/14)は、radiko.jpで全国どこからでも聞ける「RN2」の15:20〜(再放送は22:20〜)の20分間に出演します。
ご紹介するのはスペインの映画監督、ペドロ・アルモドバルの映画と音楽についてです。
ア ルモドバルは、フランコ総統の死によってスペインが長い独裁政権から大きな転換期を迎えた1975年以降に起きた"La Movida Madrileña"(直訳:マドリード運動)というカウンターカルチャー・ムーブメントを代表する人です。このムーブメントは他の欧米諸国や日本でも 60年代後半には起きていた若者文化の大爆発が、遅れてきたとも言えます。その遅れを取り戻すかのように、音楽、映画、文学などの様々な分野でまさにぎら ぎらしたドラッギーなどんちゃん騒ぎが起こったのです。
音楽では、私も好きなファンゴリアのAlaskaもこの頃にキャリアをスタートしています。

さて、第1日目の3/10にかかった曲とその映画について簡単な解説をします。ひとりしゃべりでの出演が初めてだったので、放送では緊張してカミカミで、よくわからなかったと思いますので内容が重複するのはご容赦ください。

1.「Gran Ganga」Almodóvar & McNamara
映画「laberinto de pasiones (邦題:セクシリア)」(1982)から
これは歌詞が過激すぎて訳せないのですが、アルモドバル自身がファビオ・マクナマラと組んで、映画の中野ステージにも登場します。アラブっぽいクネクネしたメロディが面白い曲です。マクナマラは現在も活躍中のミュージシャンです。
映画はニンフォマニアの女性がゲイの王子様に惚れるという不条理な物語から一転、大ハッピーエンドに。

2.「La bien pagá 」Muguel de Molina
映画「¿Qué he hecho yo para merecer esto? 」(1984)から
ミゲル・デ・モリーナは1930年代から50年代に活躍したコプラ歌手です。コプラは当時大流行した歌謡で、インペリオ・アルヘンティーナやローラ・フローレスなどの多くのスター歌手を輩出しました。
今やスペインを代表する女優のカルメン・マウラが、過激に個性的な家族の中でおきる出来事に振り回される映画です。

3.「Ne me quitte pas 」Maysa Matarazzo
映画「La ley del deseo(邦題:欲望の法則) 」(1987)から
けだるい、ひたすらけだるい曲。ご存じジャック・ブレルの名曲「行かないで」です。歌っているのはブラジルのマイーザ嬢。
映画はアルモドバルがはっきりと全面的に「ゲイの物語」描いた最初の作品と言われています。世にも複雑な三角関係。

4.「Esperame en el cielo 」Mina
映画「Matador(邦題:マタドール) 」(1986)から
イタリアの人気歌手ミーナがスペイン語で歌う美しくも哀しい曲。キューバのボレロ王、アントニオ・マチン(1903-1977)の大名曲です。
この映画あたりで日本でもアルモドバルの知名度はあがったのではないでしょうか。マタドール(闘牛士)と殺人事件を巡るサスペンス。「珍しく暗い」と思うと最後にびっくりどんでん返し。
posted by eLPop at 20:02 | 高橋めぐみのSOY PECADORA