Top > 伊藤嘉章のカリブ熱中症 > 映画『カリプソ・ローズ/Calypso Rose』

映画『カリプソ・ローズ/Calypso Rose』

2021.04.26

先週末からスタートした映画バラカリプソ・ローズ」。カリブ海のトリニダード・トバゴで生まれた音楽「カリプソ」の第一人者である彼女のドキュメンタリー映画だが、とても面白い。楽しんで、感じて、考えさせられることが満載だ。。

176069182_184573433485137_177756658472733217_n.jpg

一つは、彼女がマチズモ(男性優位、男尊女卑)の社会やそれを反映した当時のカリプソの世界で、「自分であること」を貫き道を開いてきた軌跡に打たれる点だ。決して平坦なでない人生。里子、故郷や家族との別れ、男性社会での困難、性的暴行、病気と言った苦難の連続。しかし“何も私を止めることはできない”、“生きているうちにやりたいことはやる”と強いエネルギーを歌に託し女性カリプソニアンとしてのフロントを走って来た。その生きざまは、閉塞感のある今こそ大きく響く。

映画を楽しむもう一つの軸は彼女の人生を通して、歴史や社会、文化や宗教、差別や搾取の現実、移民やディアスポラ、女性蔑視や性的暴行と一生続く影響…と言ったものがリアルに浮かび上がる点だ。

彼女の曽祖母の故郷であるアフリカを訪ねるシーンは、奴隷に売られるという事とは、その歴史があって自分がいるという事とは、と自分だったら一体どうだろうかと心が動く。NYに住む甥っ子とのシーンも移民・ディアスポラや文化混淆とアイデンティティの事を自分に引き付けで具体的に考えさせられる。

カリブの話ではなく、自身が過去や未来へつながっていて、、彼女と同じくこの「世界」にいる事を改めてビビッドに感じさせる。

そしてもちろん音楽の素晴らしさやカリプソの魅力は映画の一番の見どころだ。
その素晴らしさは劇場で購入できるパンフレットのバイオやWada Mamboさんの解説にも詳しいが、ちょっとハイライトをさらってみよう。

ローズは1953年に第一回のカリプソ・モナークとなったマイティ・スポイラーにヤング・ブリゲード・テントのオーディションで見いだされ、ロード・キチナーとマイティ・スパロウのテントで相次いで活躍し、どんどん人気を上げてきた。つまり第二次大戦後のシーンの2大巨頭直系バリバリのカリプソニアンとしてのピカイチの実力の経歴を持っている。

R-6922847-1429584624-4643.jpeg.jpg

1967年には「FIRE IN MEH WIRE」の大ヒットで68年のロード・マーチ(カーニバル・シーズンの最人気曲)を受賞するが、なんと女性を理由に賞を取り上げられてしまう。しかしその10年後の1977年に「TEMPO」で、翌1978年には「SOCA JAM」でロード・マーチを2年連続獲得で見事に男どもをぶっ飛ばす。

20130829_5343b9.jpg

このロード・マーチ、1962年にロード・キチナーがイギリスから帰国して以来、(1974年のマイティ・シャドウの受賞以外)ずっとマイティ・スパロウかロード・キチナーが15年間ほぼ独占していたタイトル。それを2年連続ぶっ飛ばしたのがローズだった。その1978年にはその年のカリプソのトップに送られる「カリプソ・モナーク」も獲得するという快挙。そんな彼女の音の魅力とその人生を同時に楽しめる映画だ。

ステージのシーンも多く挟み込まれて楽しい。またアフリカ/ベナンでの、オルケストル・ポリ=リトゥモ・ド・コトヌーとの共演シーンとそのリズムも見逃せない。などなど音の見どころ聴き所が一杯だ。

色々書ききれないがカリプソ・ファンや英語圏カリブのファン以外にも、スペイン語圏カリブ、フレンチカリブ・ファンやブラック・ミュージック・ファンにはぜひ見て頂きたい映画だ。

緊急事態宣言でアップリンク吉祥寺はクローズというアクシデント…。しかし東京は渋谷のユーロスペース
で見られます。

4月25日(日)〜5月7日(金) 18:25-20:00 (18:35から上映)
※5月8日(土)以降も続映、上映時間未定。
との事!
急いでぜひ!


(追伸)
トバゴの青い海、トリニダードの首都ポート・オブ・スペインの中央銀行の双子ビル、高台からの(Laventille?)の景色とかトリニダードに数十回訪問してる自分には個人的泣けるシーンも続出。ローズが初めての楽器としてクアトロを弾いたというのもツボ。

クアトロはパラン(Parang/トリニダードのスペイン系クリスマス音楽)には必須の弦楽器ベネズエラン・クアトロだろう。パランを通してスペイン語系のメロディやシンコペーションもどこか幼い彼女に影響したかもしれない。

R-8609607-1465062976-7071.jpeg.jpg

上述の67年のヒット「FIRE IN MEH WIRE (FIRE IN YOUR WIRE)」の歌詞にはスペイン語が含まれている。

"Fire Fire Ven aca papito. Da me mucho agua Heat for So"

パランを持ち出すまでもなくトリニダードの南はスペイン語圏のベネズエラ。そしてカリブはスペイン語圏の島も多い。

ローズのインタビューによればこの曲はカリブの3か所で分けて作曲したのだと。
最初のパートは米領ヴァージン諸島のセント・クロイ(St. Croix)、二番目はバルバドス、そして最後のパートはトリニダード。ローズは60年代初頭からガイアナのプロモーターの招きでヴァージン諸島やその他のカリブ海ツアーも行っている。

この時代60年代は同じようにプエルトリコからの、例えばエル・グラン・コンボやトミー・オリベンシアも英語圏やオランダ語圏カリブへのツアーを行いっていた。カリブの中でも色々な音楽が行き来していたのだ。そもそもトリニダードやトバゴもスペイン、フランス、イギリスの領土として色々なものが混じって来たところだ。ローズの音楽にはそんな汎カリブ性や汎アフロ性が宿っているのは当たり前なのだろう。




posted by eLPop at 23:19 | 伊藤嘉章のカリブ熱中症