Top > Calle eLPop > 「eLPopがガイドするラテン音楽最新地図Vol.2」(その2)

「eLPopがガイドするラテン音楽最新地図Vol.2」(その2)

2020.05.13

去る2月6日に代官山「晴れたら空に豆まいて」で開催した「eLPopがガイドするラテン音楽最新地図Vol.2」の採録です。
<その2>は、MUSIC CAMP.Inc.宮田信による最新チカーノ事情!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・“Tropicalia(トロピカリア)”・・・
毎年秋にロサンゼルス周辺で行われている巨大音楽フェス。新世代ラティーノたちをメイン・ターゲットにした斬新なセレクションが面白い。
https://tropicaliafestival.com/

・Cuco
トロピカリアでも大熱演をみせた若手人気No.1のシンガーソングライター。


・Ruben Molina
チカーノ音楽愛好家・研究家。ローライダー乗りとしての経験とチカーノとしての誇りから、誰も知らなかったチカーノたちによるソウルの鉱脈を掘り下げて著書『CHICANO SOUL RECORDINGS & HISTORY OF AN AMERICAN CULURE』を発表。今年夏に日本語版も出版。
https://greenfunding.jp/thousandsofbooks/projects/3080

・Bobby Oroza
今チカーノたちのソウル愛好家たちを最も魅了するフィランド発のラテン・ソウル・シンガー。哀切溢れる歌唱は見事。母親は南米からの政治難民。


・Durand Jones & The Indications - Cruisin' to the Park
新世代ヴィンテージ・ソウル系の人気アクト。彼らも古いソウル音楽を愛するチカーノたちの世界観に接近して見事な演出を実現。ローライーダたちのレイドバック感が素晴らしい。


・The Altons
オールディーズ、ロックステディ、ガレージ・ロック・・・バリオで密かに愛されてきたアンダーグラウンドな音楽を内包する新世代オルタナ・ロック・バンド。美しいメロディと骨太の演奏が見事に合わさって聴き手を魅了する。


・Brainstory
ロサンゼルスの郊外から登場したオルタナ・ロック・バンド。彼らもアンダーグラウンド・ロックからクンビアまでをボーダレスに音楽の源泉としてもつ実力派。


・Jessica Ballesteros
ロングビーチ育ちのこのジェシカ・バリェステーロス。マチスモの世界観で描かれることの多いバンダの音楽ビジネスのなかで、故ジェニ・リベーラの魂を継承するかのように挑戦する大注目の女性歌手。トゥーマッチな演出が多いバンダとは異なる、ロサンゼルスらしい洗練されたバンダをバックに艶やかな声で歌い上げている。


ーーー
cuco
elpop chicano.jpg
posted by eLPop at 19:07 | Calle eLPop