Top > News > 【中止となりました】4月4日(土)「SP 盤で聴くキューバ音楽、ポータブルの名蓄音機HMV102にて」@渋谷 Li-Po

【中止となりました】4月4日(土)「SP 盤で聴くキューバ音楽、ポータブルの名蓄音機HMV102にて」@渋谷 Li-Po

2020.03.26

【中止】となりました。落ち着きましたら、また改めて企画したいと考えています。

音楽マニアの皆さんは、復刻LPやCDなどでSP音源には日頃から親しまれていると思います。しかし、実際のSP盤(78回転盤)を蓄音機で聴くことはなかなか無いのではないでしょうか。そこで、ポータブルの名器といわれる蓄音機HMV102で、SPの音を楽しもうという企画です。

SPで聴くキューバ小.jpg

音源は、高橋政資がキューバでこつこつと集めたSP盤を中心に、他のカリブ、中南米のSPも少し掛けようかと思っています。
アルセニオ・ロドリーゲス、カシーノ・デ・ラ・プラジャ、セステート・アバネーロといったよく知られたものから、
1910年〜30年代のダンソーンやトローバ系、ソンやルンバの最初期録音などなど、有名音源から未復刻音源までご用意いたします。

目玉(勝手にそう思っているだけですが)は、トローバのミュージシャンとの交流も深かった、「Teatro Musical Cubano」や「Los Cantantes Líricos」にジャンル分けされる、ミュージシャンの録音です。
特に、「Teatro Musical Cubano」に属する人たちは、キューバの録音黎明期に、ダンソンと並び多く録音されたジャンルで、クラベのリズムを早くから使用していました。いままで、なかなか語られることのなかった歴史です。
私自身、この辺は勉強中なので、いろいろご意見もお聞きできればと思っています。

とはいえ、美味しいお酒をお供にSPの音を楽しもうというのが主な趣旨ですので、皆さん気楽にお集まり下さい。

『SP盤で聴くキューバ音楽、ポータブルの名蓄音機HMV102にて』
 ナビゲーター:高橋政資(アオラ・コーポレーション代表)

◆ open 18:00/start 18:30
◆ チャージ ¥1000+1drink
◆会場 渋谷Li-Po(営業時間: 18:00〜5:00)
 東京都 渋谷区渋谷3-22-11-4F 電話1(プッシュホン) 03-6661-2200
 li-po.jp

◆ご予約:Li-Po 予約専用フォーム http://li-po.jp/?page_id=5385
予め人数を把握するため、参加予定の方はこちらよりご予約いただけますと助かります。

▼ こちらでも詳細を確認いただけます。
https://www.facebook.com/events/222653232260547/

なお、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策は、お店側と協力して行います。

高橋政資
タグ:SP 蓄音機
posted by eLPop at 18:14 | News