Top > News > LIFE IS A CARNIVAL vol.04「ブラジル、キューバ、カボベルデ、アフリカ、奴隷貿易が生んだリズムと爆発するカーニバル」

LIFE IS A CARNIVAL vol.04「ブラジル、キューバ、カボベルデ、アフリカ、奴隷貿易が生んだリズムと爆発するカーニバル」

2020.01.10

カーニバル04-表.JPG

MAKOTO KUBOTA presents
* * LIFE IS A CARNIVAL * * vol.04
ゲスト:ナオト・インティライミ
『ブラジル、キューバ、カボベルデ、アフリカ、
奴隷貿易が生んだリズムと爆発するカーニバル』

[出演]
Host : 白根 全
Guest : ナオト・インティライミ
Produce : 久保田 麻琴

 4回目のカーニバル・トークは1月19日(日)、ナオト・インティライミ
登場です。大西洋の両岸からアフリカとラテンの祝祭を俯瞰し、奴隷貿易
が生んだ奇跡を語る夜。

ミドル・パッセージ(中間航海)とは、ヨーロッパ列強諸国がアフリカと南北アメリ
カ大陸を結ぶ三角貿易で、アフリカから拉致誘拐した黒人奴隷を運んだ大西洋航路の
ことを指す。大西洋の両岸を結ぶ奴隷貿易の負の歴史から生み出されたのが、アフリ
カ起源のリズムが生んださまざまなジャンルの音楽であり、その結晶となったのが
カーニバルだろう。それはまさに人類史上最大の救済であり、ミドル・パッセージが
育んだ奇跡ともいえる。

2004年2月末、世界一周音楽旅の途中ブラジルの旧都サルバドールのカーニバルに参
加したナオトと、ブラジル北東部レシーフェのディープなカーニバルを訪れた久保田
麻琴が、優勝パレードに沸く祝祭都市リオで待ち合わせていたのがカーニバル評論家
の白根 全。そこには音楽と祝祭が化学反応を起こした、奇跡のような出会いがあっ
た。キューバや西アフリカのカーニバル空間を共有した後、時を経て再び3人が集う
日曜日の夜を目撃せよ!

 





2020/01/19 (SUN)
開場 18:00 / 開演 19:00

料金
前売 3,500円 / 当日 4,000円
(共に1ドリンク代600円別途)

予約
晴れ豆HPからのメール予約のみ。 
http://haremame.com/schedule/68272/
各自で要申し込み早い者勝ち、当日IDチェックあり、転売不可とのこと。

プロフィール
白根 全/Zen Shirane
日本で唯一、世界中でも2人しかいないカーニバル評論家、ラテン系写真家。高校時代から世界の辺境一人旅を始め、フォトジャーナリストとして現在までに訪れた国は6大陸、140カ国超。仕事(取材調査撮影録音渉外観察記録編集企画など)その他(探検冒険踏破潜入縦断横断登攀潜伏沈没釣魚暇潰しなど)、さまざまな理由で現地に入り浸っている。東京生まれ、青山学院大卒。地平線会議同人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
『カーニバルの誘惑 ラテンアメリカ祝祭紀行』より

ナオト・インティライミ/Naoto Inti Raymi
三重県生まれ、千葉県育ち。
世界66カ国を一人で渡り歩き、各地でLIVEを実施。
『インティ ライミ』とは南米インカの言葉で『太陽の祭り』を意味する。
2010年にメジャーデビュー。
2012年、NHK紅白歌合戦に初出場。
2017年、俳優活動として「コウノドリ」に出演を果たした。
2018年末、約3年ぶりのドーム公演をナゴヤドームにて開催。
2019年9月からは全国31公演のホールツアーを大成功のうちに収める。
同年9月には世界三大レーベルの「ユニバーサルミュージック ラテン」より世界リリースを果たした。
2010年、「10周年アニバーサリーおまっとぅりYEAR」始動!!
http://www.nananaoto.com/

久保田 麻琴 / MAKOTO KUBOTA
裸のラリ-ズ他数々のバンドで演奏、海外での演奏や録音経験も豊富。浜田真理子の新作など多くのアーティストのプロデュースをてがけ、阿波踊りや岐阜県郡上の盆踊りなど日本の音楽の録音/CD制作も行う。 細野晴臣や、ライ・クーダー、レボン・ヘルムとも作品で共演。宮古島の古謡を題材とした映画 「Sketches of Myahk」 の原案整音出演を担当、スイス ロカルノ国際映画祭で準グランプリ受賞。約3万人の観客動員。大友克弘の最新短編アニメ「火要鎮」の音楽担当。www.makotokubota.org

posted by eLPop at 22:57 | News