Top > News > 写真展■写真家たちのクスコ ―マルティン・チャンビと20世紀前半のアンデス写真―第2弾!

写真展■写真家たちのクスコ ―マルティン・チャンビと20世紀前半のアンデス写真―第2弾!

2019.01.28

add9a65146db66b07c82f47a20b1d4ba.jpg
写真家たちのクスコ ―マルティン・チャンビと20世紀前半のアンデス写真―


 前回のセルバンテス文化センターでの開催された貴重な写真展が、さらに関連イベント及び展示方法をパワーアップして帰ってまいりました(イベント情報は下記)。
 絶対見て損はない、20世紀初頭にペルーのクスコ地方で活躍したマルティン・チャンビおよび「クスコ派」の写真家たちの渾身の作品群を御覧くださいませ。


 地球の反対側に位置するラテンアメリカには、日本ではほとんど知られていない豊かな写真世界が存在しています。
 本展ではペルーの古都クスコを拠点に、20世紀前半に活躍した先住民出身の写真家マルティン・チャンビと「フォトテカ・アンディーナ」(アンデス写真アーカイブ)収蔵の作家たちによる作品を紹介します。
 カーニバル評論家/ラテン系写真家、白根 全のプライベート・コレクションの一部から、マルティン・チャンビや日本では初公開となる日系2世の写真家エウロヒオ・ニシヤマほか、同時代の写真家たちが記録したクスコとそこに暮らす人々の生活が息づく作品を3部構成で展示。
 マチュピチュ遺跡とインカ帝国だけしか語られてこなかったペルーにもアートが存在していたことが、ガラス乾板に刻まれた1900年代前半の記録から浮かび上がってきます。
 「魔術的リアリズム」の渦巻く、時空を越えたラテンアメリカ写真の豊穣な世界への旅にいざなう展示となります。

<Exhibition>
2019年1月24日(木)〜2月12日 (火)
入場無料 会期中無休 
Opening Hours:11:30〜22:00
・ 1/24(木)=15:00〜22:00
・ 毎火曜日=13:00〜22:00
・ 毎水曜日=11:30〜17:30

※2/9(土) 12:00〜18:00及び、2/10(日)12:00〜20:00の時間帯は会場内にて生け花ワークショップが開催されますが、写真展の観覧は可能です。

​SUNDAY
東京都世田谷区池尻2-7-12 B1F
Tel: 03-6413-8055


◆会期中イベント情報◆
@1/27(日) 18:00〜19:30
オープニング・トークイベント
  平間 至氏(写真家) ×白根 全(本展企画) × 佐藤 正子(コンタクト)
  ※事前申し込み制​
  1,500円(ワンドリンク付き)
A2/3(日) 18:00〜19:30
トーク+スペシャル・ライブ
  イルマ・オスノ(Vo) & 笹久保 伸(ギター)
  事前申込:¥3500、当日:¥4000(ワンドリンク付き)
B2/11(月・祝) 18:00〜19:30/19:30〜21:30
トークイベント&クロージング・レセプション
  関野 吉晴氏(探検家・医師) × 白根 全 (カーニバル評論家・ラテン系写真家)
  ※事前申し込み制
  トークのみ1,500円(ワンドリンク付き) 
  トークとレセプション参加4,500円(ドリンク・お食事付き)


◆アクセス◆
SUNDAY

  東京都世田谷区池尻2-7-12 B1F
  Tel: 03-6413-8055
【アクセス】
〈電車をご利用の場合〉
東急田園都市線「池尻大橋」駅または「三軒茶屋」駅から徒歩約12分
〈バスをご利用の場合〉
東急バス(渋05、渋11、渋12、渋21、渋23、渋24、渋31、渋32、渋33、渋34、渋82)「三宿」停留所下車徒歩1分
 ◆渋谷駅からバスをご利用の方へ◆
 西口バスターミナルより上記系統いずれも「三宿」停留所まで約10分です。
 ご利用いただけるバスのり場が複数あります。経由地に「三軒茶屋」が含まれるバス、または行き先が「野沢龍雲寺」か「下馬一丁目」のバスにお乗りください。
〈お車でご来店の場合〉
駐車場のご用意はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。
・三宿通パーキング・チケット(利用可能時間:月〜土曜日の 9:00〜19:00 ※祝日を除く)
・三井のリパーク(三宿1丁目第2)
・タイムズ(三宿1丁目第2)

◆コンタクト◆
mchambiex@gmail.com
予約ページ

【主催】 マルティン・チャンビ写真展実行委員会
【協力】 Archivo Fotografico Martin Chambi, FOTOTECA ANDINA,
Carlos Nishiyama
【お問合せ先】広報担当:小川
posted by eLPop at 01:15 | News