Top > Calle eLPop > 「<エル・ポップ>トークライブ〜キューバ、プエルトリコ、ニューヨーク 黄金の三角関係〜 Vol.5」

「<エル・ポップ>トークライブ〜キューバ、プエルトリコ、ニューヨーク 黄金の三角関係〜 Vol.5」

2017.11.20

2017年10月28日(土)、新宿のバー「Con Ton Ton」で開催した「<エル・ポップ>トークライブ〜キューバ、プエルトリコ、ニューヨーク 黄金の三角関係〜 Vol.5」。
今回は、岡本郁生/伊藤嘉章/高橋政資、それぞれが各地の注目の新曲を選んでみました。
以下、できる限り動画をアップしましたので、どうぞお楽しみください。

※次回の「三角関係〜Vol.6」は、2018年1月27日(土)@「Con Ton Ton」の予定です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
@Sabiduria / Eddie Palmieri(選曲:岡本&伊藤) 
アルバム『Sabiduria』(2017)

80歳を迎えたエディ・パルミエリが発表した渾身のラテン・ジャズ・アルバム。ご本人曰く「これ以上のラテン・ジャズはもう作れない!」。このタイトル曲には、1971年のアルバム『ハーレム・リヴァー・ドライヴ』にも参加したバーナード・パーディ(ドラムス)、ロニー・クーバー(バリトン・サックス)らのほかにデヴィッド・スピノザ(ギター)、マーカス・ミラー(ベース)も加わり、“2017年版ハーレム・リヴァー・ドライヴ”ともいうべきサウンドを展開している。(岡本)

AAlmost Like Praying / Lin-Manuel Miranda(選曲:伊藤) 
アルバム『Almost Like Praying』(2017)



BCaravana / Bobby Carcassés(選曲:高橋) 
アルバム『Blues Con Montuno』(2017)高橋

CAfro Blue / The Curtis Brothers(選曲:岡本) 
アルバム『SYZYGY』(2016)

いまやエディ・パルミエリ楽団になくてはならない存在となったベース奏者ルケス・カーティスと、その兄ザッカイ・カーティス(ピアノ)、さらにリッチー・バーシェイ(ドラムス)、レイナルド・デ・ヘスス(パ−カッション)によるカーティス・ブラザーズ・クァルテットの最新作。この「アフロ・ブルー」から始まって、さまざまなジャズやソウルのスタンダードを取り上げている。エレピを多用しているのも特徴で、ジャズだけでなく、ソウル/R&B、ラテン、ポップスに渡る彼らの多様な音楽性を感じさせる内容だ。(岡本)

DLa Guajira / Nicholas Payton(選曲:伊藤) 
アルバム『Afro-Caribbean Mixtape』(2017)


ETumbao De La Unidad / Roberto Fonseca(選曲:高橋) 
アルバム『Abuc』(2017)

FCon Mi Tambor / Arturo Ortiz & 7 Con Calle(選曲:岡本) 
アルバム『Cuentos De La Calle』(2017)

80年代初頭から活動を始めたプエルトリコ出身のキーボード奏者/アレンジャー/プロデューサーのアルトゥーロ・オルティス。特に80年代半ば以降、ルベン・ブラデスの楽団でシンセサイザーを積極的に取り入れたことでも知られる。主に裏方として活動してきた彼が満を持して結成した自身の楽団が「Arturo Ortiz & 7 Con Calle」。メンバーは8人なのは、アルトゥーロ・オルティス「と」7 Con Calleという意味か?(「内山田洋とクールファイブ」的な?w)(岡本)

GTu Sabe Como E / Pirulo y la Tribu(選曲:伊藤) 
アルバム『Calle Linda 2』(2017)



HMi Ventana (Ft. Alexander Abreu, Osain Del Monte) / Giraldo Piloto y Klimax(選曲:高橋)
アルバム『Mis 21 Años』(2017)

IDe Repente / Doug Beavers(選曲:岡本) 
アルバム『Art Of The Arrangement (El Arte del Arreglo)』(2017)
doug_beavers.jpg
こちらもパルミエリ楽団ほかで大活躍中のトロンボーン奏者/アレンジャーのダグ・ビーヴァーズ、最新アルバムはまさに“アレンジ”にスポットをあてた『Art Of The Arrangement (El Arte del Arreglo)』。大ベテランのレイ・サントスやマーティー・シェラー、オスカル・エルナンデス、アンヘル・フェルナンデスら、さまざまな名アレンジャーたちと名プレイヤーたちがゴキゲンな演奏を繰り広げています。
このときかけた「De Repente」はベネズエラで“オンダ・ヌエバ”(ベネズエラ流ボサノバ)を創始したアルデマロ・ロメロの作品。YouTubeに動画がないので、代わりにティト・ロドリゲスなどでおなじみの「Estoy Como Nunca」を! 歌はエルマン・オリベーラです。(岡本)


JArayue / Ruben Blades(選曲:伊藤) 
アルバム『Salsa Big Band』(2017)


K Muévete Pa Aquí (Feat. Gilberto Santa Rosa) / Elito Reve y Su Charangón(選曲:高橋)
アルバム『La Salsa Tiene Mi Son』(2015)

LMi Viejo / Edwin Perez(選曲:岡本)
アルバム『La Voz del Pueblo』(2016)

ニューヨークを拠点に活動していたサルサ・バンド、パルミエリ楽団でもおなじみのジョナサン・パウエル(トランペット)も参加していたラ・コンシエンシアで歌っていたエドウィン・ペレス。解散後、ソロとなって初めてのアルバムで、ルイシート・キンテーロ(パーカッション)はじめニューヨークの腕利きたちが集結した充実の内容だ。この曲には、エクトル・ラボー楽団のピアニストだったヒルベルト“プルポ”コロンが参加しているのも注目!(岡本)

MQuiere Repetir /Ozuna ft.J. Balvin(選曲:伊藤) 
アルバム『Odisea』(2017)



NMujeres Ft. Yomil Y El Dany / Qva Libre(選曲:高橋)  
アルバム『Rockduromami』(2016)

O Ni Tú Ni Yo ft. Gente de Zona / Jennifer Lopez(選曲:岡本)

マーク・アンソニーと組んだ「La Gozadera」でブレークしたキューバ出身のふたり組ヘンテ・デ・ソナとコラボしたジェニファー・ロペスの大ヒット中の最新曲。メレンゲのセルヒオ・バルガスのヒットとは同名異曲。このオフィシャル・ヴィデオにはマーク・アンソニーも登場してます……やっぱりよりは戻ってるのか?(岡本)

PSomos Anormales / Residente(選曲:伊藤) 
アルバム『Residente』(2017)


QPa'l Monte / Adonis & Osain Del Monte(選曲:高橋)
アルバム『Pa'l Monte』(2015)

RMi Corazón Baila Mambo / Brenda Navarrete(選曲:高橋) 
アルバム『Cool Cool Filin 2』(2018年リリース予定)

S Dejame Sonar / Isidro Infante ft. Yumuri, Mayito Rivera y El Indio(選曲:伊藤)
アルバム『Cuba y Puerto Rico Un Abrazo Musical Salsero』(2017)
posted by eLPop at 23:53 | Calle eLPop