Top > News > パブロ・シーグレル2017年6月公演情報

パブロ・シーグレル2017年6月公演情報

2017.05.05

パブロ・シーグレル NUEVO TANGO ENSAMBLE〜アストル・ピアソラ没後25年メモリアルコンサート〜 6/24(土)@COTTON CLUB

 2017年は、アストル・ピアソラ(1921/3/11−1992/7/4)没後25年にあたる。没後5年を機ににわかに高まったピアソラ・ブームから、20年の時が経ったことになる。

 82年ついに初来日した巨星ピアソラは、最強キンテート(78年結成の新五重奏団)で日本公演に臨んだ。ピアニストは、それまでタンゴ経験がほぼ皆無に近かったパブロ・シーグレル! 最初のリハの20日前、分厚い楽譜をピアソラから手渡され、「うん、キミに決めた。私が探しているのはタンゴ・ピアニストでなく、ジャズでもなんでもできるピアニストだから」と言われたそうだ。その後、84年キンテートの再演、86年ゲイリー・バートンとの共演、88年ミルバとのステージでも来日したシーグレル。
 ピアソラ・キンテート解散時、すでに彼は未来を見据え、自作を携えて次の一歩を踏み出していた。キケ・シネシ(g)との活動、シネシを含む四重奏+ゲスト・バンドネオン編成等で新たな境地を切り拓き続けた。エマニュエル・アックスとのピアノ・デュオ・プロジェクトの国際的成功を受け、95年よりニューヨークを拠点に活動を開始。近年は、2011年6月開催シーグレル・ミーツ“トーキョー・ジャズ・タンゴ・アンサンブル”が好評を博して以降、毎年のように来日を重ね、ジャズや邦楽との巧妙なコラボレーションを披露している。

0624_Pablo_Ziegler.jpg

 今回の“NUEVO TANGO ENSAMBLE”メンバーには、シーグレルが信をおく鬼怒無月(g)、西嶋徹(b)とともに、昨年初共演したヤヒロトモヒロ(perc)が参加。バンドネオンにはワルテル・カストロ! 95年以来、シーグレルと数々のステージ経験を重ねてきた中堅ソリストの一人で、90年末“クアルテート・ブエノスアイレス”という若手集団で初来日(好青年だったな〜)。97年オスバルド・ピーロ楽団の全国ツアーに加わったほか、2010年、2014年にも来日していたという、間違いなく現在のタンゴ・シーンを担う人気バンドネオン奏者だ。
 巨星亡き後、ピアソラ音楽直系の続編を、精緻にスリリングに描き続ける才人パブロ・シーグレルは、今回どんな果敢なアプローチで攻めてくるのか。自ら「インクレディブル・ジャパニーズ!」と称賛してやまなかった日本人ミュージシャンと、いかなるステージを展開してくれるのか……期待大だ。

★6/24(土)@丸の内COTTON CLUB
[1st.show]open 4:00pm/start 5:00pm [2nd.show]open 6:30pm/start 8:00pm
http://www.cottonclubjapan.co.jp/jp/sp/artists/pablo-ziegler/

★この他、同メンバーで、6/20(火)@札幌市教育文化会館大ホール、6/22(木)@幕別百年記念ホール公演が決まっている。さらに、以下2公演ではワルテル・カストロに代わって、北村聡がバンドネオンをつとめる。6/16(金)@兵庫・いたみホール、6/17(土)@奈良・桜井市民会館
http://tomohiro.yahiro-blog.main.jp/?eid=1432559
posted by eLPop at 15:42 | News