Top > 山口元一のiAy Hombe! > バジェナートとユネスコの無形文化遺産登録

バジェナートとユネスコの無形文化遺産登録

2015.12.03

バジェナートがユネスコの無形文化遺産に登録されました。

https://twitter.com/UNESCO_es/status/671681508319604736

vallenato.jpg

でもすごいことですよね バジェナートなんて世界的に無名どころか(今でも無名だと思いますが)、コロンビアでもちょっと前まで”cosas de peones descalzos, ”(裸足で歩いてる土方風情の代物)“muy buenas para entretener borrachos, pero no para entrar con la pata en el suelo en las casas decentes”(酔っぱらいを楽しませるには良いかもしれないがまともな家の敷居をまたげるものではない)などといって、徹底的に侮蔑の対象だったんだから。

http://elpais.com/diario/1983/06/22/opinion/425080810_850215.html

ほとんどのバジェナートの音楽家は辺境の地の文字も読めない最下層の出身で、その多くはさすらいの旅芸人として人知れずのたれ死のような最後を迎えた。それがユネスコのお墨付きの「アーティスト様」だなんて・・・他国のことながら誇らしい。

http://d.hatena.ne.jp/Genichi_Yamaguchi/20091114/1258178285

[Valle Dupar]



ユネスコに登録されたのはフグラーレス(旅芸人たち)のバジェナート。彼らは遅くとも19世紀末頃からコロンビア東北部、現在の行政区分でいうとラ・グアヒーラ県、セサル県、マグダレナ県東部を、アコーディオンをかついで、ニュースやゴシップから恋愛沙汰まであらゆる題材を歌にしながら放浪してめぐっていた。商業音楽としてのバジェナートは、歌謡曲化、ダンス音楽化しながら今も盛況だが、メディアが発達した今どきは旅芸人も何もないのは当然で、伝統的にもっとも重要だったバジェナートの社会的機能は、今も歌われる古い歌の歌詞や節回しにその痕跡を残すだけでとうに絶滅している。その世代でおそらく今唯一の生き残り、ナフェル・ドゥラン。彼が死ねばこの時代を音楽家として生きた人はいなくなる。



バジェナートに限らずコロンビアは伝統音楽が虐げられている他のラテンアメリカ諸国と違って、1960年代頃から「おらが地の音楽」を守ることに関しては、聴衆、音楽家、メディア、行政が一致団結して熱心なんです。(コロンビア音楽が定期的に「いなたい」とか言われて流行に敏感な人に「変な音楽」として取りあげられるのはそのせい) ちょっと素晴らしいですね。
posted by eLPop at 12:28 | 山口元一のiAy Hombe!