Top > 水口良樹のペルー四方山がたり > 水口良樹の「eL Pop Party in 静岡」でかけた曲

水口良樹の「eL Pop Party in 静岡」でかけた曲

2015.07.05

水口良樹のeL Pop Party in 静岡 でかけた曲


おそくなりましたが、6月13日のeL Pop Party in 静岡でかけた曲をご紹介します。

#01 Maritza Rodríguez "Donde tú vaya" vals
"Lo Mejor de... Maritza Rodríguez" Lauro Records 1999
北部の歌姫と呼ばれたマリッツァ・ロドリゲスの代表曲の中からその初期の歴史的録音をご紹介。彼女の歌うムシカ・クリオーヤは、クラリネットやサックスなどが入った編成で録音されたものが多いのが特徴。若いころの彼女の可憐な歌声は広く国境を超えて愛された。この日はボリビア盤からご紹介させていただきました。

#02 Iraida Valdivia "La gripe llegó a Chepén" tondero
"A Gozar con... Pepe Torres y sus amigos" IEMPSA 1994
ムシカ・クリオーヤを代表するギタリスト、ペペ・トーレスのハラナなパーティ向けアルバムから。ペルー北部で愛されるトンデーロの名曲。北部の町チェペン(リベルター県)を熱病が襲い貧しい人はみな死んでしまったと歌う歌詞は衝撃的。遠くスペインでもカルメン・アマヤがフラメンコのレパートリーの一つとしてトンデーロというタイトルで歌っている録音がある。トンデーロのベースの高音の掛け合いから始まる魔術的なメロディが愛された名曲だ。歌のイライダ・バルディビアも素晴らしい。

#03 Lusila Campos "Qué tiene Miguel" zamacueca
"Coplas, Marineras y Festejos(Historia de la Música Peruana CD4)" El Comercio 2000
ペルー・ネグロでデビューし、その後ソロ歌手としてアフロペルー音楽を牽引したルシーラ・カンポスのレパートリーから。サマクエカと呼ばれるアフロ系マリネラ(70年代にビクトリア・サンタ・クルスによって作り出された)の名曲。牧歌的なメロディに乗せて奴隷の辛い日々が歌われる。

#04 Arminda Alba "Mi viejo Santa Cruz" taquirari
"De Colección" Lyra Discolandia
ボリビアのアマゾン地域に広がる大都市サンタ・クルスを代表するトロピカルな音楽ジャンル、タキラリの名曲。近年のフォルクローレブームですっかりチャランゴでの演奏が一般化したタキラリだが、このアルミンダ・アルバが歌う80年代のタキラリはトランペットやフルート、ピアノなどが入ったまさに「トロピカル」なタキラリ。可憐な彼女の声と相まって非常に聴きやすい癒やし系のボリビア音楽となっている。



前菜
イベント開始前にかけさせていただいた曲もご紹介

#05 César Oliva "Silente" vals
"Guardia Vieja Guardia Nueva" 2004
「ラ・グラン・レウニオン」でもその美声を聴かせてくれたバリオの歌い手セサル・オリーバの十八番の一曲。切々と歌われるノスタルジックなフェリペ・ピングロのバルスの名曲。アドルフォ・セラーダのギターがまた素晴らしい。
2004年に出たこのコンピレーション・アルバムは失われつつある古いバリオのスタイルのムシカ・クリオーヤを救済しようという運動の流れを組んで制作された一連の成果の初期の一枚にあたる。バリオの音楽家からプロの一流音楽家までが並列され往年の名曲を収録している名盤。続編も出ている。

#06 Irma y Oswaldo "Sueño de Opio" vals
"Grandes Exitos" disvensa 1997
リマ出身のイルマ・セスペデスとロス・アセス・デル・ペルーやロス・トロバドーレス・デル・ペルーなどで活躍したチクラヨ出身のオスワルド・カンポスのデュオ。絶妙な男女の和声は、ペルー最高の混声デュオと言われ愛された。紹介した曲はアヘンを吸ってハーレムを作る妄想に浸る男の夢を歌ったというなんともいえないものだが、バルスの定番曲として様々な人に愛され録音されている。歌詞はともかく実際名曲である。

#07 Juaneco y su combo "Ya se a muerto mi abuelo" cumbia
"Juaneco y su combo:Masters of Chicha 1" Barbes records 2008
ペルーのクンビアといえばチチャと呼ばれるアンデス系、そして沿岸部、北部スタイル、そしてアマゾンスタイルがある。アマゾンスタイルには初期の石油ブームに後押しされた先住民色が強いものと後期のテクノクンビアと呼ばれるスタイルがある。このフアネコは初期のアマゾン・クンビアを代表するバンドで、中でもこの紹介曲は彼らのもっとも有名なヒット曲の一つだ。

#08 Carmina Cannavino y Lucho González "Encuentros y despedidas"
"Encuentros y Despedidas" ESPA MUSIC 1999
メキシコで活躍するペルー人歌手カルミナ・カンナビーノがアルゼンチン・ギタリスト、ルーチョ・ゴンサレスと作った名盤からアルバムタイトル曲を紹介。ペルー、メキシコ、アルゼンチンの名曲をペルー風の絶妙な味付けを施したこのアルバムは非常に素晴らしい作品が多いが、ミルトン・ナシメントのこの曲もマリネラ風のアレンジによって非常に素晴らしい作品に仕上がっている。
posted by eLPop at 16:41 | 水口良樹のペルー四方山がたり