Top > Calle eLPop > ◆3/10 eLPop Party 岡本郁生のかけた曲

◆3/10 eLPop Party 岡本郁生のかけた曲

2015.03.16

1. ラ・シントゥラ・ミアLa Cintura Mia /フェフィタ・ラ・グランデ・イ・ス・コンフント・ティピコFefita La Grande y su Conjunto Tipico(1990年ごろ?ドミニカ共和国)LP『La Cintura Mia』(Jose Luis JLR-86)

先日来日したピュリツァー賞作家ジュノ・ディアス(ドミニカ共和国生まれニュージャージー育ち)が好きだと言っていたアーティストのひとり、アコーディオンを弾いて歌うフェフィタ・ラ・グランデ姐さん。彼の口から、20年ぶりぐらいにその名を聞いて思わずビックリだった。アコーディオン、サックス、タンボラ、コンガ、グィラ、ベースという、昔ながらのメレンゲの編成で演奏する“メレンゲ・ティピコ(典型的メレンゲ)”と呼ばれるスタイル(別名“ペリコ・リピアオ”)。スピード感あふれるイナセなプレイがカッコいい!

2. ラ・メセドラLa Mecedora/トリオ・レイノソTrio Reynoso(1960年代初頭? ドミニカ共和国)LP『La Mecedora』(GEMINI 035)

50〜60年代に“メレンゲ・ティピコの王様”と呼ばれたのがトリオ・レイノソ。歌手/アコーディオンのペドロ・レイノソ、パーカッションのフランシスコ・エスケア、グィラのドミンゴ・レイノソ(またはミルシアデス・フェルナンデス)からなるグループで、キューバやプエルトリコなどドミニカ以外でも活躍した(66年、ペドロが亡くなった後釜として入ったのがのちの大スター=タティコ・エンリケスだった)。絞り出すように歌うペドロ・レイノソの味わい深い歌声、絡みつくような粘っこい演奏が最高だ。

3. ラ・ケ・セ・ケハバLa Que Se Quejaba/エル・シエギト・デ・ハカグアEl Cieguito De Jacagua(1990年ごろ?ドミニカ共和国)LP『Candela !』(Jose Luis JLR-80)

“ハカグアの盲目クン”ことドミンゴ・ソサ。これがもしかしたらデビュー・アルバムかも。かなりヤバヤバな雰囲気のジャケット写真も良い。まさに疾走するスポーツカーって感じで凄まじい勢いでスっ飛ばしてるのに、ところどころに小技をきかせた仕掛けがあったりして、それがまたタマラナイ! 現在も元気に活躍中のようだ。

★おまけ・・・

4. カダ・ティエラ・コン・ス・リトモCada Tierra Con Su Ritmo/ホセイト・マテオ&ルイス・カラフJoseito Mateo & Luis Kalaff(1979年、ドミニカ共和国)LP『Merengue』(Karen KLP47)

前半でかけたのはアコーディオンを中心としたメレンゲ・ティピコ(ペリコ・リピアオ)だが、それが60年代半ば以降、アコーディオンがホーン・セクションに取って代わり、ジョニー・ベントゥラに代表される大編成オルケスタによるメレンゲが登場した。とはいえ、メレンゲ・ティピコが廃れてしまったわけではないのは、フェフィタ・ラ・グランデやエル・シエギト・デ・ハカグアのような人たちが出ていることからもわかるとおりで、主に北部、サンティアゴを中心とするシバオ地方で盛んに演奏されている。1979年、メレンゲ・ティピコ時代から活躍する2大スターであるホセイト・マテイとルイス・カラフが共演したのがその名も『メレンゲ』というアルバム。ここではオルケスタ編成をバックにふたりのベテランが素晴らしい歌声を聞かせている。

5. エル・エリドEl Herido/ロス・イホス・デル・レイLos Hijos Del Rey(1978年、ドミニカ共和国)LP『Los Hijos Del Rey』(Karen KLP-35)

子供のころから活躍していた人気歌手フェルナンディト・ビジャロナを、トランペッター/バンド・リーダーのウィルフリド・バルガスがスカウト、70年代半ばに結成したのがスーパー・グループのロス・イホス・デル・レイだ。だがグループはすぐにウィルフリドのもとを離れ、独自の道を歩み始めた。78年の本作での音楽監督はメンバーであるキーボード/アレンジャーのボニー・セペダのほか、サルサ界で“激情のアレンジャー”と呼ばれたホルへ・ミジェ。かけた曲(A面1曲目)はフェルナンディトが歌うノリノリのメレンゲだが、ほかにサルサやワワンコ、ボレロも収録され、ヴァラエティ豊かなアルバムとなっている。
posted by eLPop at 23:51 | Calle eLPop