Top > 高橋めぐみのSOY PECADORA > リレー実録:ケ・パソー?¿Qué pasó? 〈2〉後光がさす男

リレー実録:ケ・パソー?¿Qué pasó? 〈2〉後光がさす男

2015.03.16

 さて、このところ何かと話題のキューバであるが、インターネットで何でもわかっちゃう現代でも、彼の地には行ってみないとわからないことが今でもけっこうある。そのひとつが建物。世界遺産になっているハバナ旧市街でなくても、クラシカルなホテルやなんだか由緒正しそうな立派な建物や、「高級住宅地」にはおとぎ話に出てきそうなかわいいお屋敷がごろごろしている。最近では「今後」の値上がりを期待して不動産市場は活況を呈しているというような話も聞くが、かつては「がんばれば買えるかも」というお値段の物件もあり、夢も希望ももはやどうでもよくなったわたしのようなオバハンでも「ミラ・マルのサーモンピンクのお屋敷ほしい」と思ってしまったぐらいだ。
 今回のお話はそんなハバナの立派すぎる建物のひとつ「Teatro Amadeo Roldán(以下、アマデオ・ロルダン劇場)」の楽屋口あたりでのエピソード。
 
 本題に入る前に、物語を秘めているアマデオ・ロルダン劇場について少々。この劇場は1929年に建てられ現在も使われている中規模(約900席)の劇場で、国立キューバ交響楽団の拠点となっている。1977年に放火によって相当なダメージを受けたが1999年に修理を終えて再開した。
 この劇場の名前になっているアマデオ・ロルダン(1900-1939)はパリに生まれマドリードで学んだキューバ人ヴァイオリニスト/作曲家だ。ハバナに移り住んだ1920年代に異例の若さでハバナ交響楽団のコンサート・マスターになり、32年には指揮者になっている。ロルダンはまだこれからという38歳で病死してしまうのだが、彼の業績で特筆すべきは「アフロ・キューバン」の文化をクラシック音楽に積極的に取り入れたことだ。特に、アフロ系の祭のリズムを取り入れたバレエ組曲『ラ・レバンバランバ』は有名だ。世代的には作家のアレホ・カルペンティエル(1904-1980)とほぼ同世代なので、まさに「アフロクバニスモ(キューバ文化におけるアフリカ的側面)」の研究が盛んになった時代ではあった。
 ロルダン亡き後、彼が成し遂げようとした音楽はアレハンドロ・ガルシア・カトゥルラに託された。ガルシア・カトゥルラは16歳でハバナ交響楽団の第2ヴァイオリンに抜擢される才能の持ち主で、その後フランスに留学し、弁護士業(後には裁判官)の傍ら音楽の仕事を続けた。前述のカルペンティエルが彼のオペラ作品にリブレット書いている。しかし、なんと彼はロルダンの後を追うかのように1940年にたった34歳で死んでしまう。しかも、その日に収監が決まっていたチンピラに殺されるという悲劇的な最後だったのだ。

 さて、長〜い前置きになったが、ある日のハバナ、わたしは用事があってアマデオ・ロルダン劇場に行った。その日はちょうど音楽フェスティバルが行われていたので、大勢の人が劇場周辺にいた。美しい建物に見とれつつ楽屋口を探していたところ、ごちゃごちゃした人混みの中に一ヶ所なんだか光が差しているように輝いて見える場所があった。ウソでも誇張でもなくそこだけがカリブの陽光の中、さらにスポットライトが当たっているように見えたのだ。
 「なにごと?(まさに¿Qué pasó?)」と思って近づいてみると、光の中には、常夏の島なのにちょっと大袈裟なコートを着たおばちゃんパーマの様なヘアスタイルにメガネの太り気味のおっさんがいた。こういっては何だがわたしは仕事に関わるミュージシャンはどんなに世界的に有名な人でも声をかけることにまったく緊張しないのであるが、このときは完全に固まってしまい、そのおっさんにさらに近づくことも声をかけることができなかった。白昼の金縛りである。
 
 もう、おわかりですね。その光り輝くおっさんはシルビオ・ロドリゲスとともにヌエバ・トローバを代表するシンガー・ソングライター、キューバだけでなく、カリブ・中南米諸国で絶大な人気を誇る素晴らしいメロディ・メーカー、パブロ・ミラネスだったのである。『Yolanda』『Para vivir』『Buenos dias America』『El amor de mi vida』『Amame como soy』など大ヒット曲は枚挙に暇がない大巨匠。
 後に一緒に仕事をした彼の娘、アイデーによれば「けっこう普通の人」だそうだが、あんなにすごいオーラを放っている人を見たのは後にも先にもあのときだけ。
 暑さにやられたわけではなく(多分)、本当にパブロ・ミラネスは光って見えたのだ。

 〈完〉
posted by eLPop at 19:59 | 高橋めぐみのSOY PECADORA