Top > 佐藤由美のGO!アデントロ > リレー実録:ケ・パソー?¿Qué pasó? 〈1〉新幹線に乗りたかった男

リレー実録:ケ・パソー?¿Qué pasó? 〈1〉新幹線に乗りたかった男

2015.03.14

 編集屋稼業に携わっていた頃、締め切り間際の深夜にかぎって、よく怪しげな国際電話がかかってきたものだった。ええ、昔はこういういきなりなコンタクト攻撃が、ままあったんす……。
 とある夏の真夜中にかかってきた電話のぬしは、物腰柔らかそうな男声。
「そちら、L社かぃ?」
 どうやら、雑誌奥付の番号を見ながらかけたらしかった。
「今度、キミらが、オレを日本に呼んでくれるんだって?」
 ……へっ!? あいや旦那、勘違いもいいとこですぜ。呼び屋さんは、別のM社ですぜと、説明するも、相手はまだ日本に行ける喜びを、今この瞬間、どうしても語りたいらしく思われた。
「ねぇ、日本に行ったら、新幹線に乗れるかな〜ぁ」
 ……って、あーた! ま、大阪公演の噂もあることだし、「たぶんね」と、笑いを噛み殺しながら返す。しかしやはりひと言、ここらで釘をさしておいたほうがよかろう。
「国際的アーティストのあなたが、なんでこんな時刻に日本へ電話してくるわけ? 時差って、知ってる? 今、こっちは午前3時半ですよ!」
 男はそんな現実を突きつけても、めげなかった。ニヤニヤ声で、なにやらもっと喋りたそう。やむなく、徹夜作業といいながら痛飲した挙句、デスク下でぐっすり惰眠をむさぼる上司を、叩き起こしてやることにした。「ほーれ、とっとと起きんかぃ! 国際的なスターから電話だよ」と。当のスターと寝ぼけまなこの上司は、その後もくだらん国際通話に興じ、ゲラゲラ笑いしながらしばし歓談を続けていた。

 その大物アーティストが、契約書をきちんと熟読していなかったのは、日を見るより明らかである。もしくは、その時点でまだ、正規の契約書を交わしていなかった可能性も考えられる。また、契約交渉に同行した人物が相手側の信用を得るべく、アーティスト本人の紹介記事が載った雑誌を手渡したことも、おそらく誤解(確信犯?)の原因だったと推察されよう。まぁつまり、憶測の域を出ないわけだが……。
 実はこのアーティスト、L誌の前身であるCh誌時代より、長らく通信員をつとめていた日本人バンドネオン奏者(!)I氏とは、昵懇の仲だった。I氏は、名門タンゴ楽団の中南米ツアー途中で立ち寄った大都市ニューヨークに腰を落ち着け、長年にわたり演奏活動を続けていたのである。仕事の合間、折しも熱い火花を散らしていたサルサへのシンパシーを抱き、ミュージシャンたちとの交流も密だったという。クラブ仕事を終えて、しばしばI氏出演中の店で、食事したり和んだりする有名アーティストらの姿があったと聞く。深夜の国際電話のぬしも、その一人だったのだ。

 この男こそ誰あろう、1987年12月、かのファニア・オール・スターズ公演以来、11年ぶりに来日したウィリー・コロン!
 国際電話から数ヵ月後、めでたく再来日を果たした彼と、初めて対面した。インタビューのため用意された部屋は、高級ホテルのスウィートルーム。取材約束から3時間もロビーで待機させられた後、黒塗りのハイヤーでホテル正面玄関に降り立ったウィリー・コロンは、あの垂れ目で、あろうことか「ごめんよ、1時間半も道に迷って、ホテルを探しちまってさ〜」と、のたまった。またしても出た、時間差攻撃!
あいや旦那……残りの1時間半は? ひょっとして電器屋街訪問だったんではねーですかぃ?     (完)


★北陸新幹線開業にちなみ(?)『リレー実録:ケ・パソー?』を、おっぱじめるとする。当新企画は複数の書き手がリレーの形をとり、実体験に基づく逸話をご紹介していく。表題『¿Qué pasó?』には、なんだ? なんですと〜?といったニュアンスがある。果たしてどんな裏話が飛び出しますやら……。
次回は、高橋めぐみが相つとめまする。
posted by eLPop at 02:52 | 佐藤由美のGO!アデントロ