Top > 岡本郁生のラテン横丁 > エディ・パルミエリとニューヨーク・ラテン@

エディ・パルミエリとニューヨーク・ラテン@

2014.09.16

ニューヨーク・ラテン界のレジェンド、孤高のピアニスト、エディ・パルミエリがブルーノート東京にやってくる。2012年9月以来ほぼ2年ぶりとなる来日で、前回同様<サルサ・オーケストラ>を率いての公演だ。どんな強烈な音を聞かせてくれるのか? いまからもう、わくわくドキドキの毎日である。

そこで、公演が待ちきれない紳士淑女の皆さまのために、筆者が07年に行ったインタビューを引っ張り出して、それをネタにしながら、彼の音楽の世界、さらにニューヨーク・ラテンの歴史をいま一度おさらいしてみたいと思う。

※ちなみにこのインタビューは、08年に出版した『米国ラテン音楽ディスク・ガイド50’s-80’s LATIN DANCE MANIA』(リットー・ミュージック)の中に一部を使用したものの、ほとんどの部分は今回初めて陽の目を見るものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

エディ・パルミエリは1936年、ニューヨークのエル・バリオ(スパニッシュ・ハーレム)でプエルト・リコ人の両親のもとに生まれた。9歳年上の兄・チャーリーの影響でピアノを弾くようになり、15歳でプロになると、50年代にはさまざまな名門楽団に参加する。50年代のニューヨークといえば何といってもマンボの全盛時代。キューバ音楽が世界を席巻していた時代だ。

――1950年代のニューヨークではマンボが大きな人気を博していました。プエルトリコ音楽はどうでしたか? コルティーホとか…。

コルティーホは50年代後半にニューヨークに出てきて、とても人気が出た。彼らが来たのは確か58年か、そのあたりだ。とても人気でヘマというレコード会社で録音していた。コルティーホとイスマエル・リベラのコンビだ。
もうひとつ、セサル・コンセプシオン楽団というのがプエルトリコにあって、これはビッグバンドだが…。でも一番売れてたのはコルティーホだね。イスマエル・リベラが歌って。

――ニューヨークでも人気だったんですね。

そのとおり。





――プエルトリコ人の間で、ということですか? それとも他の人たちにも?

たいていはプエルトリコ人だ。みんな、ボンバやプレーナを踊りたがったから。見ているとものすごくエキサイティングなんだ。みんな踊っていた。でも62年に解散してエル・グラン・コンボになった。ラファエル・イティエールがグラン・コンボを作ったんだ。
50年代はマチート、ティト・プエンテ、ティト・ロドリゲスが人気で、私の兄のチャーリーもチャランガ・ドゥボネイを結成してチャランガ楽団(ヴァイオリンとフルートをフィーチャーした編成の楽団)を始めた。私は57〜58年はビセンティーコ・バルデスの楽団にいた。ティト・プエンテのところでも歌っていた歌手だ。そのあと58〜60年にはティト・ロドリゲス楽団。そして61年に自分のバンドを結成した。



――ラ・ペルフェクタですね。キューバ革命(59年)以降、ニューヨークのラテン音楽は変わりましたか?

キューバ革命以降、キューバからの音楽を受け取ることができなくなった。61年ごろにはすべてが封鎖され、以前とは状況がまったく違ってしまった。フィデル・カストロはすべてのキューバの政治構造を変えていった。そしてわれわれは以前のように情報を得ることができなくなってしまった。レコードも入って来なくなった。それまではキューバからたくさんの情報やレコード、楽団が入って来ていたのに、すべてが変わった。

――そのあとあなたはどうやって情報を得ていたんですか?

それまでに持っていたレコードからだ。そして、キューバ音楽の構造を真似しながら自分でオリジナル曲を書くようになった。みんな、同じようなことを始めた。

――パチャンガが人気だったのでは?

パチャンガは59年の終わりか60年ごろにやって来た、また別のダンスだ。マンボのあとはチャチャチャがキューバからやって来て、そしてパチャンガが大人気になった。兄はジョニー・パチェーコとチャランガ楽団を作っていた。そのあと64年にファニアができた。

<註>
パチャンガは、59年、キューバでエドゥアルド・ダビッドソンがヒットさせた曲から派生した形式。コロンビアやドミニカ共和国の2拍子系のリズムを基調にした跳ねるようなリズムが特徴で、主にチャランガ編成で演奏される。60年代初頭にニューヨークで大ブームを巻き起こしたが、パチャンガ(形式)とチャランガ(編成)は当時現地でもよく混同されていたようで、ジョー・キハーノのヒット曲「ラ・パチャンガ・セ・バイラ・アシ」でも「パチャンガとチャランガが混同されている」と歌われている。


――あなたは自分の楽団でパチャンガをやってましたね。

パチャンガのリズムをね。でもチャランガ楽団で、じゃない。チャランガ楽団にはヴァイオリンがいるんだ。兄とパチェーコの楽団にはいた。オルケスタ・ブロードウェイもチャランガをやっていた。エディ・セルビゴンがまだ率いている楽団だよ。

(続く)
posted by eLPop at 18:18 | 岡本郁生のラテン横丁